【7つ解説!!】簡単に取り入れられるデスクワークダイエットはコレ!!

簡単に取り入れられるデスクワークダイエットを紹介!

デスクワークの方は、立ち仕事の方に比べ運動量が少なく太りやすい傾向にあります。

コロナ禍になり在宅ワークでデスクワークをしている方も多いですよね。
「ダイエットをしたい」と思っても、時間がなく続けることが難しかったり、なかなかすぐに痩せることができずに諦めてしまったことはありませんか?

実はデスクワークしながらできるダイエットがあります。
今回は簡単にできるデスクワークダイエットについて紹介します。

デスクワークで太る理由

デスクワーク ダイエット

デスクワークの方は、立ち仕事の方に比べ消費カロリーが少なく、同じ体制で長時間座りっぱなしなので、筋肉が凝り固まり血流が滞り、むくみを引き起こします。

むくみをそのままにしているとさらに悪化し、どんどん太っていってしまいます。
ほぼ動かないので運動不足にもなり筋肉量が低下し、基礎代謝も低下していくのも太る要因の1つです。

また、仕事中甘いものが欲しくなりついつい間食していませんか?
消費カロリーが少ないのに、逆にカロリーを摂取してしまっては、太るのも無理がありません。

⇨デスクワークの消費カロリーについてはこちら

デスクワークでもできるダイエット

デスクワーク ダイエット

デスクワークダイエットに最適な方法をご紹介します。

デスクワークダイエット①綺麗な姿勢で座る

椅子の背もたれに寄りかかり楽な姿勢で座るより、背筋を伸ばして座ると消費カロリーが全然違います。

綺麗な姿勢を保つと、今まで使われていない筋肉が使われ、自然と代謝アップに繋がります。
姿勢が悪いと血流が滞り、酸素もうまく全身に回らず疲労を感じやすくなったり、脳に酸素が回らないと集中力も低下してしまいます。

綺麗な姿勢を保って座ることは、座り仕事ダイエットに最適です。
ぜひ綺麗な姿勢で座ることを意識し、効率良く仕事をしましょう。

デスクワークダイエット②痩せやすい体をつくる呼吸を意識

普段何気なくしている呼吸を意識することも、デスクワークダイエットに欠かせません。

人は酸素を体内に取り入れ、脂肪燃焼させています。
浅い呼吸を「肺呼吸」と言いますが、肺呼吸ばかりしていると十分に酸素を体内に取り込むことができません。

そこで深い呼吸ができる「腹式呼吸」がおすすめです。
やり方はとても簡単!
1 .約7秒間かけて鼻から息をゆっくり吸いながら、お腹を膨らませる
2.口から約8秒間かけて息をゆっくり吐きながら、お腹を凹ませる


周りの目を気にせず座りながらでき、痩せやすい体をつくることが期待できます。

デスクワークダイエット③1時間に1回は席を立つ

椅子に座り続けていると血流が低下し、代謝が悪くなると言われています。
血流が悪くなると、むくみやすく体も冷えを感じやすくなり、痩せにくい体になってしまいます。

糖尿病や心臓病のリスクにもつながる恐れもあります。
用事がなくても立ち、少し歩くだけでも違ってきます。

また、人の集中力の限界は90分だと言われています。
集中して仕事に取り組むためにも、席を立ちリフレッシュすることは大事ですよ。

⇨テレワークの運動不足についてはこちら

デスクワークダイエット④休憩時間にストレッチする

デスクワークでは同じ姿勢でいることが多く、肩こりや背中を痛めてしまう方も多いですよね。

日々同じ姿勢を繰り返したままにしていると、筋肉が凝り固まり血行不良になり代謝も落ちてしまいます。
簡単なストレッチを行うだけでも、凝りが解消され血行も良くなり、代謝が上がりダイエットに繋がります。

・肩のストレッチ
1.両腕を肩の位置まで上げ大きく回す。
2.肩甲骨を寄せ一気に力を抜く。
肩甲骨を寄せる・緩める動きをすることで、血流が改善し肩が軽くなりますよ。

・背中のストレッチ
1.椅子に浅く腰掛け、両腕を頭に乗せ上半身を右側にねじる。
2.ねじったら3秒キープ。左側も同じようにねじりキープする。
背中をほぐすことができ、猫背の改善も期待できます。

・脚のストレッチ
1.椅子に浅く腰掛け、脚を伸ばし踵を地面につける。
2.両足のつま先を伸ばし、ふくらはぎの筋肉が動くよう上げ下げする。
むくみや冷え解消効果が期待できます。

休憩時間にストレッチをすることで、気分転換になるだけでなく簡単にデスクワーク痩せることが叶いますよ。

デスクワークダイエット⑤温かいコーヒーを飲む

コーヒーには血行促進や脂肪燃焼効果等の健康効果があります。
利尿作用も高く、体の中に溜まった老廃物や水分が溜まった状態のむくみ解消が期待できます。

また、覚醒効果もあり眠気を抑制するのでに仕事に集中でき、コーヒーの香りにはリラックス効果もあります。
ブラックコーヒーはカロリーがほぼなく、まさにデスクワークダイエットに最適な飲み物と言えます。

体の冷えはダイエットの敵です。
コーヒーを飲むとき温かいコーヒーの方が脂肪燃焼効果が高く、代謝が高まるので温かいコーヒーにしましょう。

ブラックコーヒーが望ましいですが、苦手な方は最初は少量の砂糖とミルクを入れ、徐々にブラックコーヒーに慣れていきましょう。

デスクワークダイエット⑥ゴルフボールでむくみをオフ

座り仕事をしながらできるエクササイズでおすすめなのが、ゴルフボールを使ったむくみ取りです。
椅子に座り、ゴルフボールを足の裏で転がすだけなので簡単です。
ゴルフボールの適度な硬さが、楽に圧をかけられます。

下半身の筋肉が衰えると、血流が悪くなりむくみやすくなります。
足裏は「第2の心臓」と呼ばれていて、血流を送り出すポンプのような働きをしています。
足裏には全身のツボがあり、ゴルフボールでほぐすことで血流が改善し、むくみ改善に繋がります。

デスクワークダイエット⑦ながら食べをしない

忙しいとデスクで食事をする方も多いですが、ながら食べは良くない習慣です。
食事に集中していないので、満腹度を得にくく、噛む回数も少なくなります。
早食いにもなり満腹中枢が働く前に食事が終わるので、満腹感が得られず食べ過ぎに繋がります。

忙しい毎日の中でも、食事はリフレッシュできる時間でもあります。
食事に集中し楽しみながら、噛む回数を意識しゆっくり食べるよう心がけましょう。

⇨仕事中や通勤中にできるダイエットについてはこちら

【まとめ】デスクワークでもダイエットはできる!

今回はデスクワークの方におすすめなデスクワークダイエットについて紹介しました。
普段している座り方や呼吸・行動を意識し変えるだけで、座り仕事ダイエットが可能です。
「ダイエットは無理」と諦めてしまう前に、少しずつで良いので、できることからデスクワークダイエットをしてみましょう。

⇨OLさんにおすすめのダイエットはこちら