室内にも紫外線!?室内・オフィス日焼けの実態と対策を紹介

室内にも紫外線の影響がある?

日差しが強くなってくると気になる紫外線。
皆さんは室内やオフィス内で日焼け止めは塗っていますか?
室内やオフィスなら直接日が当たらず紫外線も当たらないと思い、紫外線対策をしていない方も多いですよね。
しかし、実は紫外線は室内でも入ってきます。
今回は室内やオフィスでの日焼け対策について紹介します。

室内でも日焼け対策は必要なの?

室内でも日焼け対策が必要なのかご存知ですか?
紫外線は肌や目に悪影響を与えます。
なぜ室内やオフィスで日焼け対策が必要なのか詳しく紹介します。

室内でも紫外線が入ってくる

室内にいても紫外線は入ってきます。
屋外での紫外線量を100としたとき、室内の日に当たる窓辺は約80%にもなります。
日が直接当たらなくても、紫外線は反射や散乱することで約10%は入り込みます。
紫外線は肌にとって最も悪影響を及ぼします。

人は紫外線を浴びると皮膚の中で、活性酸素が発生します。
活性酸素は本来細胞やウイルスなどの異物を攻撃するが、正常な細胞にダメージを与えて活動を弱めます。
また肌に大切なコラーゲン繊維やエラスチン繊維などを分解する酸素の産生を促進し、結果シワやたるみ・シミなど老化の原因となります。
紫外線はA派(UV-A)・B派(UV-B)・C派(UV-C)に分けることができ、皮膚へのダメージはC→B→Aの順に大きいが、C派は波長が短く地表には届きません。
肌への影響が大きいのはUV-A派とUV-B派になります。

UV-A派
生活紫外線とも呼ばれ波長が長く、紫外線の9割を占め、肌の真皮にまで到達します。
窓ガラスをすり抜けるので室内やオフィスにいても日焼けします。
肌の中でシミをつくる場所であるメラノサイトを活発にし、皮膚が黒くなるサンタンという現象を起こし、紫外線から肌を守ろうとします。
結果日焼けとなり、シミやそばかすができる原因となります。
また肌の弾力を保つエラスチン繊維やコラーゲン繊維を変性させ、シワやたるみを起こします。

UV-B派
レジャー紫外線とも言われ、エネルギーが強く散乱性が高いため、あらゆる方向から肌に届きます。
主に表皮にダメージを与え、細胞の遺伝子を傷つけます。
日焼けをして肌が赤くなることをサンバーンといい、肌が赤くなるのはUV-B派の影響です。
肌が赤くなるのは炎症を起こしているからで、ひどい場合は水疱ができ火傷と同じような状態となります。
サンバーンの炎症は数日間続き、サンバーンを繰り返すと皮膚癌の要因ともなります。

UV-Bは7〜9月・UV-Aは4〜9月が強いですが、年間を通して気をつけなければいけません。
天気が曇りや雨でも紫外線の影響はあり、晴れていないから紫外線がないとは限りません。

紫外線は目からも入ってくる

意外に思う方も多いですが、紫外線は目からも入ってきます。
目に紫外線が入ると皮膚同様、活性酸素が発生し目の角膜内にダメージを与えます。
ダメージが起こると目に痛みや痒み・充血などの症状に繋がります。

目に紫外線が入ると、脳が紫外線を認知し、皮膚を守ろうとメラニン色素を出すように命令します。
結果肌の日焼けにも繋がり、シミやそばかすが出来る原因にもなります。
光は角膜を通り、レンズの役割をする水晶体と呼ばれている部分が光を受けます。
水晶体は60〜70%が水分、残りはほぼタンパク質で構成され、光を浴び続けることで白く濁り、白内障を発症させる危険性もあります。

目の紫外線対策としてサングラスがおすすめです。
「室内でサングラスはかけにくい・恥ずかしい」と思う方も多いですよね。
サングラスの色が濃いと良いわけではなく、紫外線カットが高いものであればレンズの色が薄いものでも効果はあるので、室内でかけていても自然ですよ。
紫外線カットの他、高エネルギー可視光線HEVもカットできるサングラスだとより良いです。
HEVは加齢黄斑性という病気を引き起こす原因ともなり、最悪失明してしまう恐れがあります。
目の替えはきかないので、室内やオフィスでも目の紫外線対策は必要です。
サングラスを活用したり、目の紫外線ダメージを回復する目薬もドラッグストアで手に入るので、ぜひ取り入れましょう。

室内でできる日焼け対策

室内でできる日焼け対策を紹介します。
日焼け対策は日々の積み重ねも重要となります。
意識して日常生活に取り入れ、室内やオフィスでも毎日しっかり日焼け対策をしましょう。

日焼け止めを塗る

UVケアをする上でも最も簡単にできる対策は、日焼け止めを塗ることです。
紫外線は室内にも入ってくるので、外出しなくてもしっかり日焼け止めを塗りましょう。
日焼け止めには、紫外線のエネルギーを吸収したり、熱など別のエネルギーに変換する紫外線吸収剤と、紫外線が肌に浸透しないよう酸化チタンや酸化亜鉛等の微粒子粉体が反射させる紫外線散乱剤があります。
紫外線吸収剤は、白浮せずきしみ感も少ないが、稀にアレルギー反応を起こす人もいます。
一方紫外線散乱剤は、皮膚がかぶれる等の症状は起こりにくいですが、日焼け止めが肌に白く残りやすいです。
日焼け止めは一般的に紫外線吸収剤と散乱剤の両方を組み合わせ、効率良く効果を高めていますが、散乱剤のみを使用したノンケミカル処方もあります。
肌が敏感な方はノンケミカル処方の日焼け止めだと安心ですよ。
また日焼け止めには紫外線を防ぐ効果を分かりやすく示した、UV-Bの防止効果を表す数値をSPF、UV-Aの防止効果を示す数値をPAと書かれています。
数値を参考に日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めにはいくつか種類があります。

・乳化タイプ
水の中に油が分散しているタイプ(O/W型)と、油の中に水が分散している(W/O型)タイプがあり、
O/W型はデイリーケア向けでみずみずしく白浮もあまりしないため、使いやすいものが多いです。
W/O型は汗や水に強く耐水性が高くアウトドア向けですが、落としにくいのでクレンジング剤で落としましょう。

・ローションやジェルタイプ
さっぱりとしているが、紫外線カット剤を多く配合できないためSPFが低いものが多いです。

・スプレータイプ
背中など手の届かない箇所に塗りやすく使いやすいですが、
炎天下や気温が上昇している密閉した空間などに置いておく際には注意しましょう。

・スティックタイプ
耐水性に優れており、鼻や頬、首など細かく塗りたい箇所に部分的に使うのに適しています。

・シートタイプ
不織布からできシートに乳化タイプを浸したタイプで
持ち運びしやすく、塗り直しがしやすいです。

室内やオフィスで使う日焼け止めは、そこまでSPFやPAが高いタイプでなくても良いですが、どんなタイプの日焼け止めでも、紫外線カット効果を発揮するために2、3時間おきに塗り直すことが重要です。

サプリや食品で抗酸化

サプリや食品で活性効果の働きを抑えるインナーケアも大切となります。

・ビタミンA
脂溶性ビタミン(摂りすぎると体内にとどまるので過剰摂取はしない)
緑黄色野菜やレバーに多く含まれています。
皮膚や粘膜の健康維持や、肌のハリやうるおいにも効果的です。

・ビタミンC
水溶性ビタミン(体内で必要とされる量以外は、尿や汗として排出されるのでこまめに摂る)
ビタミンの中でも強い抗酸化作用を持ち、メラニン色素の生成を抑え、
コラーゲンの生成に関与し、肌の弾力を保ちます。
熱に弱く加熱するとビタミンCが壊れてしまうので、生で食べられるものが良いでしょう。

・ビタミンE
脂溶性ビタミン
体内の脂質の酸化を防ぐ効果を持ちます。
血行促進効果もあり、ターンオーバーを高めメラニン排出を促し
細胞の抗酸化に関与することから若返りビタミンとも呼ばれています。

・アスタキサンチン
鮭やイクラ、エビなどの赤い色素に含まれ、活性化酸素を強力に減らす働きがあります。
過酸化脂質の酸化を防ぐ力は、ビタミンEの約1000倍にも及びます。

・リコピン
トマトやスイカなどの赤色の天然色素に含まれます。
トマトに1番多く含まれ、熱に強く加工食品でも効果はあります。

・βカロテン
緑黄色野菜に含まれており、
活性酸素の発生を抑え、取り除く働きがあります。

日焼けの原因でもある活性酸素を抑えるために、活性酸素を抑える効果のあるものを毎日の食事に取り入れましょう。
食品だとなかなか毎日摂ることは難しいので、手軽に摂れるサプリがおすすめです。

まとめ

室内やオフィスにいても紫外線は入ってきます。
直接日に当たらないからといって、室内やオフィスで日焼け対策をしていないとうっかり日焼けしてしまいます。
室内やオフィスだからといって油断せず、日焼け止めを使い食品やサプリを活用し、体の外と内からしっかり紫外線対策をしましょう。

⇨オフィスの乾燥についてはこちら♪