室内にも紫外線!?室内・オフィス日焼けの実態と対策を紹介

室内にも紫外線の影響がある?

日差しが強くなってくると気になる紫外線。
皆さんは、室内やオフィス内で日焼け止めは塗っていますか?
室内やオフィスなら直接日が当たらず紫外線も当たらないと思い、紫外線対策をしていない方も多いですよね。

しかし、実は紫外線は室内でも入ってきます。
今回は室内やオフィスでの日焼け対策について紹介します!
この記事を読んで、日焼け対策をしっかりして綺麗な肌を手に入れましょう♪

室内でも日焼け対策は必要なの?

室内でも日焼け対策は必要なの?

室内でも日焼け対策が必要なのかご存知ですか?
実は、室内にいても、さまざまな場所から紫外線は入ってきてしまうのです。

なぜ室内やオフィスで日焼け対策が必要なのか、詳しく紹介します。

室内でも日焼け対策が必要な理由①室内でも紫外線が入ってくる

実は、室内にいても紫外線は入ってきます。
屋外での紫外線量を100としたとき、室内の日に当たる窓辺は約80%にもなります。
日が直接当たらなくても、紫外線は反射や散乱することで約10%は入り込みます。

人は、紫外線を浴びると皮膚の中で活性酸素が発生します。
活性酸素は本来細胞やウイルスなどの異物を攻撃するが、正常な細胞にダメージを与えて活動を弱めます。
また肌に大切なコラーゲン繊維やエラスチン繊維などを分解する酸素の産生を促進し、結果シワやたるみ・シミなど肌老化の原因となってしまいます。
そのため、室内やオフィスにいても日焼け対策は必須なのです。

室内でも日焼け対策が必要な理由②紫外線は目からも入ってくる

意外に思う方も多いですが、紫外線は目からも入ってきます。
目に紫外線が入ると皮膚同様、活性酸素が発生し目の角膜内にダメージを与えます。
ダメージが起こると目に痛みや痒み・充血などの症状に繋がります。

目に紫外線が入ると脳が紫外線を認知し、皮膚を守ろうとメラニン色素を出すように命令します。
結果、肌の日焼けにも繋がり、シミやそばかすが出来てしまう原因にもなります。
光は角膜を通り、レンズの役割をする水晶体と呼ばれている部分が光を受けます。
水晶体は60〜70%が水分、残りはほぼタンパク質で構成され、光を浴び続けることで白く濁り、白内障を発症させる危険性もあります。

目の紫外線対策として、サングラスがおすすめです。
「室内でサングラスはかけにくい・恥ずかしい」と思う方も多いですよね。
サングラスの色が濃いと良いわけではなく、紫外線カットが高いものであればレンズの色が薄いものでも効果はあるので、室内でかけていても自然ですよ♪
サングラスを活用したり、目の紫外線ダメージを回復する目薬もドラッグストアで手に入るので、ぜひ室内での日焼け対策を取り入れましょう。

室内でできる日焼け対策を紹介

室内でできる日焼け対策

ここからは、室内でできる日焼け対策を紹介します。
日焼け対策は日々の積み重ねも重要です。
意識して日常生活に取り入れ、室内やオフィスでも毎日しっかり日焼け対策をしましょう。

室内での日焼け対策①日焼け止めを塗る

最も簡単にできる室内での日焼け対策は、日焼け止めを塗ることです。
紫外線は室内にも入ってくるので、外出しなくてもしっかり日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めは一般的に、紫外線吸収剤と散乱剤の両方を組み合わせて効率良く日焼け対策効果を高めていますが、散乱剤のみを使用したノンケミカル処方もあります。
肌が敏感な方はノンケミカル処方の日焼け止めだと安心ですよ♪

また、日焼け止めには紫外線を防ぐ効果を分かりやすく示した、UV-Bの防止効果を表す数値をSPF、UV-Aの防止効果を示す数値をPAと書かれています。
室内やオフィスで使う日焼け止めは、そこまでSPFやPAが高いタイプでなくても良いですが、どんなタイプの日焼け止めでも、室内での日焼け対策をしっかりするためには、2、3時間おきに塗り直すことが重要です。

室内での日焼け対策②サプリや食品で抗酸化

室内での日焼け対策には、サプリや食品で活性効果の働きを抑えるインナーケアも大切です♪
室内での日焼け対策のために、積極的にとってほしい成分を紹介します♪

室内の日焼け対策にとるべき栄養素①ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンです。緑黄色野菜やレバーに多く含まれています。
皮膚や粘膜の健康維持や、肌のハリやうるおいにも効果的です。

室内の日焼け対策にとるべき栄養素②ビタミンC

ビタミンCは、水溶性ビタミンです。体内で必要とされる量以外は、尿や汗として排出されるので、こまめに摂るようにしましょう。
ビタミンの中でも強い抗酸化作用を持ち、メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成に関与し、肌の弾力を保ちます。

室内の日焼け対策にとるべき栄養素③ビタミンE

ビタミンEは、体内の脂質の酸化を防ぐ効果を持ちます。
血行促進効果もあり、ターンオーバーを高めメラニン排出を促し、細胞の抗酸化に関与することから、若返りビタミンとも呼ばれています。

室内の日焼け対策にとるべき栄養素④アスタキサンチン

鮭やイクラ、エビなどの赤い色素に含まれ、活性化酸素を強力に減らす働きがあります。
過酸化脂質の酸化を防ぐ力は、ビタミンEの約1000倍にも及びます。

室内の日焼け対策にとるべき栄養素⑤リコピン

トマトやスイカなどの赤色の天然色素に含まれます。
トマトに1番多く含まれ、熱に強く加工食品でも効果はあります。

室内の日焼け対策にとるべき栄養素⑥βカロテン

緑黄色野菜に含まれており、
活性酸素の発生を抑え、取り除く働きがあります。

室内での日焼けの原因でもある活性酸素を抑えるために、活性酸素を抑える効果のあるものを毎日の食事に取り入れましょう。
食品だとなかなか毎日摂ることは難しいので、手軽に摂れるサプリがおすすめです♪

室内でも日焼け対策をきちんとしよう!

室内でも日焼け対策をきちんとしよう!

室内やオフィスにいても、紫外線は入ってきます。
直接日に当たらないからといって、室内やオフィスで日焼け対策をしていないとうっかり日焼けしてしまうことも。

室内やオフィスだからといって油断せず、日焼け止めを使い食品やサプリを活用し、体の外と内からしっかり日焼け対策をしましょう♪

▶︎オフィスの乾燥についてはこちら♪