「ゆるキャリ」と「バリキャリ」って何?自分らしい働き方を選択!

「ゆるキャリ」と「バリキャリ」

女性が仕事をしていく中で何を大切にするのかと言うのは生き方を決める重要な指針です。男性と同様に会社の中で出世を目指してバリバリ働くのも1つの選択として大切ですし、結婚や出産など仕事と並立してワークライフバランスを大切にしていくのも1つの選択です。

そんな中で最近「ゆるキャリ」と「バリキャリ」と言う言葉が注目を集めてきています。今回はその違いを説明しますので、読んでみて自分に合った働き方を見つけてみましょう。

ゆるキャリとバリキャリの違い

「ゆるキャリ」と「バリキャリ」の違いはほとんど言葉の印象通りです。

「ゆるキャリ」は仕事一筋ではなく、趣味など自分のプライベートな時間も大切にバランスよく働くスタイルを指します。ゆるキャリのゆるは「ゆるい」と言う言葉が語源ですがだからと言って仕事の手を抜いたりさぼったりする事ではありません。仕事一筋だとやはり勤務後のプライベートな時間でもその仕事のキャリアアップをはかる為に時間を使わなければならないので、どうしても自分の趣味などに使える時間が減ってしまいます。それを避け自分の時間とのバランスをよくマイペースに自分らしく生きるのが「ゆるキャリ」です。

「バリキャリ」は「ゆるキャリ」の反対で男性と同様に会社内でバリバリ仕事をこなして出世や自分の収入をあげるための努力をしていくスタイルを指します。今の時代は女性だからと言う理由で出世できない会社は少なくなってきています。能力や人柄重視で性別の隔たりがないと言う事は自分の努力で男性顔負けの収入を得る事ができます。

ゆるキャリが選ばれる理由

「ゆるキャリ」のスタイルは、最近多くの働く女性に選ばれはじめています。女性だけでなく若い男性の「ゆるキャリ」も増えています。

今までは「バリキャリ」の様に会社で出世して多くの収入を得る事が価値観の美徳とされていました。女性の社会進出が多くなってきている事で男性と女性が対等に競うチャンスが広まった事も一因として挙げられます。
しかし「バリキャリ」のスタイルは仕事が生きがいと言う人以外だとなかなかに辛いのが現実です。「ブラック企業」や「過労死」の様な労働問題が浮き彫りになってくると、今まで通りの働き方に疑問を持つ方はより多くなりました。

女性の場合は特に結婚や出産を機に会社を辞めたりする場合が男性よりも多いですし、現代だと色んな趣味や娯楽があふれているので楽しんで自分らしく生きたいという選択も決して間違いではありません。こうした風潮から「ゆるキャリ」と言うスタイルで自分らしくワークライフバランスを大切にしたいと考える方が多くなっています。

ゆるキャリになるためには

「ゆるキャリ」になるためにこれをしなきゃという事はありません。
あえて挙げるなら何を価値観の基準にするかをきちんと選択して、ワークライフバランスを大切に自分の時間も、仕事の時間も大切にしていく事が「ゆるキャリ」になるための近道です。色んな選択が出来る現代だからこそ自分らしくキラキラ生きていけるスタイルを選ぶことが大切です。

⇨OLさんの仕事後の過ごし方についてはこちら♪

まとめ

ここまでで「ゆるキャリ」と「バリキャリ」の違いを説明しました。「ゆるキャリ」と「バリキャリ」どちらが正しくてどちらが間違っているなど明確な答えはありません。
自分に合った仕事のスタイルを選ぶ事が大切です。たった1度しかない人生なので自分らしく輝ける道を選べたら良いですね。

⇒フルキャリについて詳しく知りたい方はこちら