立ち仕事のカロリー消費はどのくらい?立ち仕事で効率よくダイエット♪

立ち仕事とデスクワークで綺麗に痩せるダイエットのススメ

「ダイエットを成功させるなら、運動や食事制限を頑張らなきゃ・・・」なんて事もなく、日々の通勤や仕事中などの意識の積み重ねも、ダイエットの成功のためにはとても大切です。
特に立ち仕事の方は、仕事をしているだけでも意外とカロリーを消費しています。
しかし、立ち仕事で消費できるカロリーを認識できていないと、消費カロリー以上に食べすぎてしまったり、せっかく消費するカロリーを無駄にしてしまうことも。

今回は、立ち仕事で消費できるカロリーについて紹介します!
ただ普通に仕事をしているだけでも、立ち仕事は意外なカロリーを使っています。
立ち仕事の方は是非参考にして、ダイエットの励みにしてくださいね。

立ち仕事って痩せるの?

立ち仕事って痩せるの?

立ち仕事は、勤務中に椅子に座る事が出来ないので大変です。
しかし、座り仕事よりも立ち仕事の方がカロリーを消費しているので、ダイエットは成功しやすくなります。
ここからは、立ち仕事とデスクワークでそれぞれどのくらいのカロリーを消費しているか紹介します。

立ち仕事の消費カロリーはどのくらい?

立ち仕事の消費カロリーは以下の計算式で求められます。

METs(メッツ)×運動時間×体重=消費カロリー 

METsとは、運動の強度を表す単位です。
安静時を【1】とした時と比較して、何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を表したものと定義されています。

立ち仕事のMETsを厚生労働省の発表から見てみると【2.3】となります。
つまり、「2.3×勤務時間×体重」で、立ち仕事の消費カロリーを計算することができます。

【例】体重50キロの方の場合
2.3(メッツ)×8(勤務時間)×50(キロ)=消費カロリー920となります。
参考までに、ごはん1杯のカロリーは約240キロカロリーです。

METS量は厚生労働省レポートより引用「3メッツ」未満の身体活動(身体活動量の目標の計算に含めないもの)

つまり、普段通り立ち仕事をしているだけでも、ごはん約3杯分のカロリーを消費していることになります。
立ち仕事をしているだけでこれだけのカロリーが消費できるとなると、かなり嬉しいことですよね♪

▶︎立ち仕事のむくみについて詳しく知りたい方はこちら

立ち仕事で 消費カロリーを増やすポイント

立ち仕事で 消費カロリーを増やすポイント

ここからは、立ち仕事で消費できるカロリーを増やすポイントを紹介します。
立ち仕事は消費カロリーが多く、ダイエットを成功させやすいとは言え、立ち仕事は大変な仕事。
立ち仕事を頑張っている身体を、きちんとケアする必要もあります。

立ち仕事の消費カロリーを増やしてダイエットを成功させたい方は、是非参考にしてくださいね。

立ち仕事で消費カロリーを増やすポイント①仕事に支障が出ない範囲で

立ち仕事をしながら消費カロリーを増やしたい気持ちはわかりますが、仕事に支障が出ない範囲で無理せず行うことが大切。
立ち仕事だけでも疲れますが、追加でダイエットを取り入れると、さらに身体的な負荷がかかってしまいます。

立ち仕事をしながらの消費カロリーを増やしたせいで仕事の効率が悪くなったり、ミスをしてしまうと元も子もありません。
「立ち仕事をしながら」消費カロリーを増やすのが目的なので、仕事を優先してあげてくださいね。

立ち仕事で消費カロリーを増やすポイント②マッサージやアフターケアも大切に

立ち仕事で消費カロリーを増やすなら、仕事終わりのマッサージやアフターケアも大切にしましょう。

立ち仕事はカロリーの消費もデスクワークより大きく、ダイエットに向いているのは間違いありませんが、身体や脚への負担はとても大きいです。
そのため、色々な身体の悩みや疲れを抱えている立ち仕事の方も多いです。

「立ち仕事で脚に負荷がかかりすぎているな」と思ったら、仕事終わりに自分の脚をマッサージをする事も必要。
自分のマッサージだけではよくならない場合は、プロにおまかせしてみるのもひとつの手です。
週に1回や月に1回、お給料日後など、自分へのご褒美にエステでマッサージを受けるのも、仕事のモチベーションにつながりオススメです♪

そのほかにも自宅で出来る方法として、お風呂でゆっくりお湯につかる方法もおすすめ。
熱すぎないお湯での半身浴もダイエットに繋がりますし、お湯につかる事は疲れの解消にも繋がります。
お湯の中で脚のマッサージをしてみるのも、むくみの解消などに繋がりますよ。

立ち仕事で上手にカロリーを消費しよう!

立ち仕事で上手にカロリーを消費しよう!

今回は、立ち仕事の消費カロリーについて紹介しました。
立ち仕事をしているだけでも、かなりのカロリーを消費していることがわかりました。
立ち仕事は当然身体への負担も大きく、疲れも溜まりやすいです。
しかし、立ち仕事の消費カロリーを知ると、立ち仕事をしながらダイエットも出来ることが魅力的でもありますよね。

しかし、立ち仕事はとても大変なので、きちんと自分の身体をいたわりながら、上手に立ち仕事をしてカロリーを消費してくださいね。

▶︎デスクワークのダイエットについてはこちら