化粧が崩れてうろこ状に・・・ムラになってしまった時の対処法!

ファンデーションを塗ったらうろこ状に・・・ムラになってしまった時の対処法!

メイクの仕上がりを綺麗に見せるファンデーション。そのはずが、時間が経つと浮いて見えたり、ムラが目立ったりファンデーションがうろこのような状態になってしまう人も多いと思います。
化粧をしないほうがマシなんて事になってしまうと本末転倒です。
なぜうろこ状になってしまうのか原因を知り、うろこを無くす方法と外出中にできるうろこ対策も紹介していきます。

ファンデーションがうろこになる原因

ファンデーションがうろこのように浮いてきてしまう原因は、素肌自体か化粧品の塗り方に改善の余地があります。
自分の素肌の現状と化粧品の使い方が適切か、原因はどちらにあるのか一度見直してみてください。

スキンケアが不足している

時間が経ってしまうとファンデーションがうろこのようにムラができる人、ポロポロと粉吹き状態の人など肌の状態でうろこの状態もそれぞれです。どんな状態のうろこであれ、原因は素肌の乾燥が考えられます。
油っぽい肌だとしても、肌の水分が足りていないために代わりに皮脂が過剰に分泌してしまっているために肌の表面が油っぽくなっているので結局は肌が乾燥しているのです。
乾燥により荒れてしまっている肌にファンデーションを塗ると、化粧の厚さに差ができ、ムラになり、うろこのような仕上がりになってしまうというわけです。
また、肌が荒れていなくても潤いが足りていない肌だとファンデーションが肌に密着せずに浮いてしまいます。これが粉を吹いているという状態です。
普段、化粧をする以前に、保湿は行えているか、紫外線ケアで肌を守れているか、ファンデーションのムラは日頃のスキンケアで肌に十分な潤いを与えているかが鍵となります。

ベースメイクの塗り方

肌を綺麗に見せるためにとベースメイクを量を考えず塗ってないでしょうか。上にファンデーションを塗るからといって、素肌を隠すためにベタベタと塗ってしまうとファンデーションと肌の上で混ざってしまいムラができてしまいます。ファンデーションを塗った跡がくっきりと出てしまってうろこの様な模様ができてしまいます。
ベースメイクは人それぞれ使用するアイテムが異なると思いますが、基本はどのベースメイクも少量ずつとり、薄く伸ばすとファンデーションも適度に肌に密着して化粧ヨレがしにくくなります。
顔の内側から外側へ伸ばしていき、仕上げにスポンジで余分な油分をとると、メイクが浮かずにムラを防げます。
ベースメイクを塗るとき以外でも、顔に塗る、タッピングするときは肌への刺激をなるべく少なくなるように優しくしてください。

ファンデーションでうろこをなくす方法

スキンケアで土台となる肌を整えることが、ファンデーションのうろこ予防の近道ですが、荒れてしまった肌を整えるには時間がかかります。そこで、ファンデーションを上手に使えば、うろこ状を無くして美肌に見せることができます。
ひとつは、ファンデーションをメイク用のブラシを使って塗るとうろこになりにくいですし、ファンデーションを厚塗りすることも防げるので化粧ヨレがしたとしても目立ちにくいです。
次に、メイク最中や外出中など化粧が崩れてしまった『今このファンデーションのヨレ(うろこ)を無くしたい!』というときのうろこ対処法は、少量の水を含ませたスポンジでポンポンとムラになっているとこを押し当てながらなじませるとうろこがなくなります。
汗や皮脂が目立つようなムラの場合は、ティッシュなど柔らかいもので軽く押し当ててからスポンジを当てると整えやすくなります。
うろこが目立たなく整えることができたら、薄くファンデーションをのせると綺麗に仕上がります。この時も、ブラシで優しく薄付きにファンデーションをのせると綺麗に仕上がります。

化粧下地でうろこをなくす方法

うろこをなくすためにはファンデーションの塗り方が大事ですが、化粧下地によってファンデーションのノリ具合も変わってきます。化粧下地はメイクの仕上がりを良くする土台なので素肌の状態云々は置いておいても、化粧品を上手に使ってファンデーションの仕上がりを良くすることができます。

化粧崩れを防ぐ

化粧崩れは、下地がしっかりできているとファンデーションのノリも良くなりうろこになりにくいです。
日焼け止め、下地クリームやコンシーラーで化粧の土台を作りファンデーションを塗ります。この時も、基本は全て薄くつけて全体に伸ばすのを意識してください。

毛穴カバー

毛穴の広がりや毛穴汚れもファンデーションがうろこになってしまう原因になります。
スキンケアで毛穴を引き締めるのが根本的なうろこをなくす方法ですが、コンシーラーなど化粧下地を部分的に使用して毛穴をカバーすることでファンデーションを綺麗に塗ることができ、うろこをなくすすことができます。

まとめ

ファンデーションや化粧をうまく塗れるためには素肌を整えることが1番影響することがわかります。
しかし、美肌に見せるために使うのも化粧。自分に合う化粧品で自分に合う使い方を見つけ、ファンデーションのうろこを回避してください。
1日中ヨレを見せないメイク上手になれると化粧も楽しくなります。