やらなきゃ損!?通勤時間や仕事中に出来る「ながらダイエット」のススメ

通勤時間や仕事中に出来るこっそり「ながらダイエット」のススメ

ダイエットと聞くとスポーツジムに通って運動、毎朝のジョギングやウォーキングなどをイメージされますよね。「痩せて綺麗になりたい!」気持ちがあっても仕事をしていると朝や仕事終わりになかなか頑張ろうとならなかったりします。

そんな方にオススメなのが仕事中にできるダイエットです。デスクワークだとずっと同じ姿勢で仕事をしているので疲れが溜まりやすいですが、仕事中のながら運動をするとダイエットだけでなくリフレッシュもできます。
今回はそんな仕事中の「ながらダイエット」と補助的に仕事中にダイエットを成功させるポイントを説明しますのでぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

仕事中は「ながらダイエット」をしよう!

毎日忙しいOLさんはなかなかダイエットに時間を割けませんよね、そんな方にオススメなのが仕事中の「ながらダイエット」です。「ながらダイエット」の方法3つを紹介するので出来そうなものをやってみてくださいね。

通勤中のながらダイエット

毎日会社までの通勤時間はなかなかの時間になる方が多いです。そんな時間を何もせずにいるのは本当にもったいないです。
そこで毎日通勤中に出来るオススメな方法を挙げます。

電車の中で席に座らない

電車で通勤中は席に座ってゆっくり最寄駅まで過ごしたいですが立っている方がカロリーを消費できますのでダイエットのために立って乗るようにしましょう。
更にただ立っているだけでなくてつま先立ちを取り入れるのも効果をより高められます。慣れるまでは大変ですが小さな積み重ねがダイエット成功の鍵なのでぜひやってみてくださいね。
つま先立ちを取り入れる場合は電車は揺れているのでつり革を掴むようにしましょう。

会社の最寄り駅の1駅前で降りて歩く

会社の最寄り駅の1駅前で降りて歩いて会社まで行くのを毎日続けるのは少し大変ですが、積み重ねると大きな効果があります。
「晴れや曇りの日だけ1駅前で降りて歩く」「1番元気な月曜日だけ1駅前で降りて歩く」「1日おきに1駅前で降りて歩く」などマイルールを決めてやると長続きしやすいですよ。周囲の景色を見ながら歩くだけでも気分転換になったり新しい刺激があったり思いもよらない出会いがあったりする副産物もあります。

⇨デスクワークのながらダイエットについてはこちら

普段の歩き方からながらダイエット

歩きながらダイエットで意識するポイントは2つあります。

1つ目は簡単に出来る「早歩きで行動する」です。早歩きはウォーキングよりもメリットが多いと言われていて普通に歩くよりも多くのカロリーを消費できます。
また早歩きを続けることで筋肉に負荷がかかり筋力アップに繋がります、筋力が増えると基礎代謝があがるので痩せやすい身体になることができます。

2つ目は「歩くときに腕を大きくあげて振る」です。腕を振るポイントとしては腕を後ろに振る時に肩甲骨を閉めるようなイメージをして振る事と腕を振って身体のヒネりを生み出すことです。
これを実践するのは最初はかなり疲れますので徐々に慣らしていくようにしてください。

この2点のポイントを普段から意識して歩いてみると徐々にダイエットの効果が実感できるのでぜひやってみてくださいね。

デスクで仕事中のながらダイエット

会社でデスクワークをしている時もダイエットのチャンスはあります。オススメな方法を3つ挙げて紹介しますね。

背筋を伸ばして正しい姿勢で椅子に座る
デスクで出来るながらダイエットの1つ目は正しい姿勢で椅子に座ることです。
椅子に正しい姿勢で座り続けるのは実は大変です。正しい座り方で注意するポイントは「膝を90度立てて座る」「背筋を伸ばし背もたれに寄りかからない」「両腿をしっかりつけて座る」「足裏を床につける」の4点です。これを実践すると周りからの見た目も良いですしダイエット効果もあるので一石二鳥です。普通に仕事をしている様に見えて実はこっそりダイエットも出来ちゃうのでオススメです。

椅子に座って脚のエクササイズ
デスクで出来るながらダイエットの2つ目は椅子に座って脚のエクササイズです。
机の下で脚を上下にあげたり、こっそり脚をあげたりするとちょっとした運動になるのでダイエット効果が期待できます。クッションなども脚に挟んでキープするのも効果があります。
注意点としては隣の人から脚が見える場合は貧乏ゆすりをしている様に見えることもあるので、隣の席の人の脚が見えない場合はこれも実践してみてくださいね。

マスクをして口の中で小顔体操
デスクで出来るながらダイエットの3つ目はマスクをして口の中で小顔体操です。
小顔効果に期待できるダイエットで、今はマスクをして感染症予防をするのが当たり前の風潮になっているので実践しやすいです。
「口の中で舌を上下左右に回す」「頬を膨らませたりすぼめる」の2つの方法があります。
「口の中で舌を上下左右に回す」は二重顎やほうれい線の対策になります。「頬を膨らませたりすぼめる」はほうれい線や顔のたるみの対策になります。

仕事中のダイエットを成功させるポイント 

通勤中や仕事中に出来る「ながらダイエット」を紹介したので、そのダイエットの効果をあげるために意識するポイントを4つ紹介します。あわせて行うとながらダイエットをより効率的に出来るのでぜひこのポイントを意識してみてくださいね。

水分補給

水分補給は必ずこまめに行いましょう、ダイエットをしている人の中には目先の体重を下げるために水分の摂取を控えめにする方もいらっしゃいますがそれは大きな間違いです。
水分の補給を怠ると身体が水分をため込まなきゃと言う防衛本能が働きむくみやすい体質になってしまいます。水分補給はむくみ対策になります。もちろん一気に水分をとるのはそれもむくみに繋がってしまうのでこまめに水分補給してください。

飲み物はミネラルウォーターがおすすめです。ミネラルウォーターが苦手でお茶が良いという方はカフェインが入っていない麦茶ルイボスティーにするとカフェインの過剰摂取を防ぐことができます。せっかくダイエットしてるので間違っても糖質が多いジュースは避けてくださいね。

こまめに席を立つようにする

ずっと同じ態勢で座り続けるのも血行不良が起きたりして痩せにくくなってしまいます。お手洗いにいったり物を取りにいったり何でも良いので1時間に1度くらいは席を立つようにするといいでしょう。
席を立つときにちょっと背伸びしたりするのも軽いストレッチになり気分転換も出来ます。もちろん周りからサボってる様に見えないための注意は必要です。

できるだけ階段を使う

これをするのは会社の中だけでなく日常生活でもです。エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使えば運動量を大幅にあげる事が出来ます。昇降運動がダイエットに良いと聞いた事がある方も多いと思いますが階段を上り下りするのも同様の効果が得られます。
階段を上り下りする際はヒールに注意してくださいね。

タンパク質を中心とした食生活

ダイエットは運動だけでなく食事も大切になります。運動をたくさんしても好きなものを好きなだけ食べる生活をしているとリバウンドする事が多いです。
「ながらダイエット」でいろいろな運動を取り入れて筋肉量をあげると基礎代謝があがります。タンパク質の摂取で筋肉を増やすサポートをして痩せやすい身体作りをするとダイエットが成功した後も太りにくくなるのでオススメです。

まとめ

今回は通勤中や仕事中にこっそり出来る「ながらダイエット」の方法とプラスαで意識するポイントを説明しました。
ダイエットをして綺麗になりたいという気持ちは女性なら誰にでもあるものです。毎日の通勤中や仕事中のちょっとした時間を利用して運動を行うと体重計に乗るのが楽しくなりますよ。今回紹介した「ながらダイエット」の中で自分にもやれそうなものがあれば是非普段の生活に取り入れてくださいね。