生まれつきだけじゃない?食べても太らない体質になる方法はあります!

「食べても太らない人って、生まれつきでしょ?」
「生まれつき太りやすい体質だから・・・」
痩せたいと思ってはいるものの、食べても太らない体質は「生まれつきの体質だから」と諦めていませんか?

しかし、諦める必要はありません。
なぜかと言うと、食べても太らない体質の人の真似をすれば、体質は変えられるのです。

本記事では、生まれつき食べても太らない体質の要因、食べても太らない体質にする方法について徹底解説します。
「食べても太らない体質になりたい!」という方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

生まれつき食べても太らない体質の要因

生まれつき食べても太らない体質の要因

生まれつき食べても太らない体質の人と、太りやすい体質の人とは一体どのような違いがあるのでしょうか?

食べても太らない人の要因は、下記のようなものになります。

  • 基礎代謝が高い
  • 腸内環境が整っている

同じ食事をして摂取したカロリーは同じでも、生まれつき食べても太らない人は、運動していなくても多くのカロリーを消費してくれています。
そのため、食べても太りにくい体質が作り上げられるというわけですね。

また、腸内環境が整っていると多くの種類の腸内細菌が機能して消化吸収を促すため、体内の脂肪が蓄積しにくくなります。
つまり、脂肪がつきにくくなるため肥満予防され、食べても太りにくい体質となります。

食べても太りにくい体質は遺伝子によるものだけでなく、毎日の習慣によって体質を作りあげていくことができますよ。

食べても太りにくい体質にする方法

食べても太りにくい体質にする方法

では、実際に食べても太りにくい体質にするには、どのような方法があるのでしょうか?
「生まれつき太りにくい体質ではないから・・・」と、諦める必要はありません。
ちょっとした心がけや行動で、食べても太りにくい体質に変えていくことが可能です。

ここからは、食べても太りにくい体質になるための方法を5つご紹介します。

食べても太りにくい体質にする方法①ストレスを減らす

食べても太らない体質にする方法1つ目は、「ストレスを減らす」ことです。
ストレスが原因で太る、と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

なぜなら、ストレスが原因で食べすぎたり、自律神経が乱れて基礎代謝が落ちたりして太りやすい身体になってしまうからです。
また、ストレスは無理なダイエットによって引き起こす場合もあります。
「食べたら太るから」と過度に食事制限を気にしすぎると、それがストレスの原因となり悪循環に・・・。

そのため、体重の気にしすぎによる無理なダイエットは避けて、上手くストレス発散しながら、食べても太りにくい体質へと変えていきましょう。
生まれつき太りにくい体質でなくても、ストレスを発散して溜めないようにすると体質は変わっていくはずですよ。

食べても太りにくい体質にする方法②腸内環境の改善

食べても太らない体質にする方法2つ目は、「腸内環境の改善」です。
生まれつき食べても太りにくい体質の人は、腸内環境が整っている方が多い傾向にあります。
腸内環境を改善すると、多くの種類の腸内細菌が増えて消化を促してくれるため、脂肪が蓄積されにくくなります。

腸内環境を整えるには、バランスの取れた食事、適度な運動が大事なポイント!
できるだけ高カロリーなものは控えて、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。
特に、ヨーグルトや発酵食品、食物繊維を多く含むものを積極的に摂取するのがオススメです。

また、無理に過度な運動をする必要はなく、軽いストレッチやウォーキングを続けてみて下さい。
すると、体内の血流が良くなり腸内環境も良くなるでしょう。

食べても太りにくい体質にする方法③充分な睡眠時間

食べても太らない体質にする方法3つ目は、「充分な睡眠時間」をとることです。
これは、生まれつき食べても太りにくい体質以外の方に当てはまる方は多いのではないでしょうか。
睡眠時間は、食べても太りにくい体質と密接な関係があり、「睡眠不足はダイエットの敵!」と言われるほど・・・。

睡眠時間が短い場合、「レプチン」と「グレリン」というホルモンバランスが崩れるため、太りやすい体質になってしまうのだとか。
食欲を抑えるホルモンであるレプチンは、睡眠時間が短いと減少してしまいます。
一方で、食欲を増進させるホルモンであるグレリンは、睡眠時間が短いと増加します。

つまり、食べても太らない体質になるためには、これらのホルモンバランスが崩れないようにすることが大切です。
睡眠時間が短いと感じる方は、食べても太りにくい体質にするために充分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

食べても太りにくい体質にする方法④お風呂に入る

食べても太りにくい体質にする方法4つ目は、「お風呂に入る」ことです。
食べても太りにくい体質の方は、生まれつきお風呂に入る習慣があるという方が多いかもしれません。
お風呂に入ると、血流が促進されるため代謝がアップします。
つまり、代謝がアップすることで、たくさんのカロリーを消費してくれるようになるため、太りにくい体質へと変わっていきます。

中には、仕事や子育てが忙しく「シャワーだけでいいや!」と湯船に浸からない方もいるでしょう。
しかし、湯船にしっかり浸かると代謝がアップするだけでなく、ストレス解消や疲労回復など多くの効果をもたらしくれるので、湯船に入らないのはもったいないです!

忙しくても、お風呂に入る時間を確保し、湯船にしっかり浸かるようにしましょうね。

食べても太りにくい体質にする方法⑤基礎代謝アップ

食べても太りにくい体質にする方法5つ目は、「基礎代謝アップ」することです。
食べても太りにくい体質の方は、生まれつき基礎代謝が高いと言えます。

そもそも基礎代謝とは、人が生きていく上で最低限必要なエネルギーのことで、何もしていなくても無意識にカロリーを消費してくれています。
そのため、基礎代謝をアップするということは、多くのカロリーを消費してくれるため、食べても太りにくい体質になるというわけですね。

基礎代謝をアップするためには、運動をして「筋肉を増やす」ことが効果的です。
ウォーキングやジョギングなど自分が続けられそうな運動を見つけて続けてみましょう。
通勤を徒歩に変えてみたり、一つ手前の駅で降りて歩くのもいいかもしれません。

食べても太らない体質は、生まれつきだけではない!

本記事では、生まれつき食べても太らない体質の要因、食べても太りにくい体質にする方法について解説しました。
食べても太らない体質というのは、毎日の積み重ねで変えていくことができます。
「自分は生まれつき太りにくい体質じゃないし・・・」と、諦める必要はありません。

今回ご紹介した、「食べても太りにくい体質にする方法5つ」をぜひ試してみて下さい。
きっと、毎日意識をして続けていくことで、食べても太りにくい体質へと変わっていくでしょう。