【美容師・販売員必見】立ち仕事で足がむくむ原因と解消法を紹介!

立ち仕事で足がむくむ原因と解消法を紹介!

美容師さんや販売員さんなど、一日中立ち仕事をしているとどうしても足がむくんでしまいますよね。
夕方になると靴がきつくなったり、ひどいときは靴が脱げなくなってしまったり。
今回はそんな立ち仕事の方におすすめのむくみ解消法を紹介します。
ぜひこの記事を参考に、足のむくみを解消していきましょう。

立ち仕事で足がむくむ原因

美容師や販売員など立ち仕事による足のむくみは、
立ちっぱなしの姿勢でいることによって体内の血液やリンパ液などの水分が下半身にたまってしまうことが原因です。
通常たまってしまった血液やリンパ液はふくらはぎの筋肉がポンプのような役割をして全身を循環させているのですが、長時間立ちっぱなしの姿勢でいることによってポンプのような働きをうまくできなくなってしまいます。
それによって筋肉が疲れてしまい、だるさを感じてしまうのです。

さらに、疲れが溜まっている時や水分不足の時にもむくみは起こりやすく、特に女性は男性よりも筋肉量が少ないためむくみやすいと言われています。

⇨座り仕事のむくみについて詳しく知りたい方はこちら

立ち仕事をしながらできるむくみ解消法

ここからは立ち仕事をしながらできるむくみ解消法を紹介します。立ち仕事をしながらむくみが気になったらぜひ試してくださいね。

合間を見つけて足を動かす

立ち仕事のむくみ解消におすすめなのは合間を見つけて足を動かすことです。簡単にできる運動を紹介します。

屈伸を数回行う

屈伸を数回行うだけでも、凝った筋肉をほぐすのに効果的です。

かかとの上げ下げ

両足のかかとを上げ下げするのも効果的です。
テーブルなどに手を置いて行うと足への負担も減るのでおすすめです。

椅子の上に足を上げる

お昼の休憩時など、座った時に足を椅子の上に上げるのもいいでしょう。
筋肉を休められるので、血液やリンパ液が溜まるのを防げます。

足先を少し動かす

靴の中で足の指を少しだけ動かすだけでも効果的です。
気になったらすぐできるところもポイントです。

どれも簡単にできるので、忙しい美容師さんや販売員さんにおすすめのむくみ解消法です。
仕事の合間を見つけて、ぜひやってみてくださいね。

水分をとる

水分をとることもむくみ解消におすすめです。
水分不足によってむくみを引き起こしてしまうこともあります。
水分をとることで体の循環がよくなるので、積極的に水分をとるようにしましょう。
その際には冷たい飲み物を避けて、常温や温かい飲み物を飲むようにすると、体もあたたまります。

家でできるむくみ解消法

ここからは家に帰ってからできる立ち仕事による足のむくみを解消する方法を紹介します。美容師さんや販売員さんは参考にしてみてくださいね。

お風呂に浸かる

立ち仕事の方におすすめのむくみ解消法は、お風呂に浸かることです。
お風呂にゆっくり浸かることで血行がよくなるので、足の疲れがとれておすすめです。
38度~40度のややぬるめの温度でゆっくり浸かるようにしましょう。
また、半身浴も効果的です。立ち仕事で疲れた体を癒しながら、足のむくみをお風呂で解消しましょう。

マッサージをする

立ち仕事の方におすすめのむくみ解消法は、マッサージをすることです。
足のむくみを感じたらマッサージを毎日行うようにしましょう。
ゴルフボールなどを足の裏で転がしたり、マッサージボールなどを使うのもいいでしょう。

特に入浴後はマッサージするのにおすすめのタイミングです。
お気に入りのボディクリームやオイルを使いながら、足の指の間から膝の裏までほぐしてあげましょう。
指の関節を使って、ツボを押すのも効果的です。

日常で意識したいこと

むくみを解消するためには日常生活でも意識することが大切です。
例えば体を冷やしてしまうと、リンパや血液の流れを悪くしてしまいむくみやすくなってしまいますし、
体を締め付けるような服や下着もできるだけ避けるといいでしょう。
また、塩分の多い食事もむくみにつながりやすいです。
美容師さんや販売員さんなど立ち仕事をされている方は特に意識して生活するといいでしょう。

⇨立ち仕事の疲れについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

今回は立ち仕事の方におすすめのむくみ解消法を紹介しました。
足のむくみは放置しておくと、「下肢静脈瘤」という病気に発展してしまう可能性もあります。
美容師さんや販売員さんなど、立ちっぱなしの仕事をしている方は特に注意して
毎日の疲れと一緒に足のむくみを解消して、スラっとした美脚を目指しましょう♪

⇨立ち仕事とデスクワークの消費カロリーについてはこちら