黒くなった美容師の爪の解決法とは?

黒くなった美容師の爪の解決法とは?

みなさん、美容師さんの爪の色って見たことありますか?
特に、担当スタイリストのサポートに入ってくれるアシスタントの爪の色!
ブラックのネイルカラーを塗ってるのかな?と見間違えるような爪の色をした美容師さんを一度は見かけたことありますよね。
それって実は、ファッションでやっている黒ネイルとはちょっと違っています。
そしてなぜ、美容師のアシスタントに爪が黒い方が多いのか?詳しく紹介します。

美容師の爪はなぜ黒いの?

美容師の爪はなぜ黒いのでしょうか?
答えは、お客様の髪の毛を染める為のカラー剤によって自分自身の爪が黒く染まり色がついてしまったからです。
私がアシスタントだった頃、やはり同じように、カラー剤をうっかり素手で触ってしまった時などその後しばらく取れない爪の色に困っていました。

爪が黒くならないための予防策

美容師さんは経験があると思いますが、一度爪についてしまったカラー剤の汚れはとにかく取れません!ここでは黒くなった爪の汚れの落とし方もご紹介していきますが、まずは爪を黒く染めないことを第一におススメします。
ここからは早速、美容師の悩みの種、カラー剤によって爪が黒くならないための予防策と黒くなった爪の汚れを落とすための解決策についていくつかご紹介していきます。

①爪を短く切っておく

接客に入りお客様を施術する上では、基本となる “爪を短くする” ということですが、これは爪が黒くならない為の予防策の一つになります。
爪の主成分は、ケラチンというタンパク質の一種でできています。
そしてケラチンは髪や爪や皮膚の主成分です。
つまり髪の毛を染める為のカラー剤は髪の毛同様に、爪や皮膚も染めてしまうということになります。

そこで、物理的に触れる範囲を狭くする、爪の中にカラー剤を入り込ませない、落としやすいという上でも爪を短く切っておくことはとても有効です!

②乳化するときは手袋をする

カラー剤を髪に塗布するとき、カラーチェックのとき、シャンプー台でカラー剤を乳化させるとき…
カラー剤が爪に付着するタイミングは何度も訪れます。
その工程の間、素手で触っていればいるほど、爪にカラー剤が浸透し爪は黒く染まります。
特に乳化は、頭皮に付着した余分な薬剤を落ちやすくしたり、ヘアカラーのムラをなくすよう馴染ませる効果があったりととても大事な工程です。
しかし、カラー剤とお湯をもみ込むという乳化作業は早ければ2〜3分、長ければ5分程かかるので、接している時間も長く、爪に付着すると、カラー剤に含まれる酸化染料によって、爪が染まってしまう為、お悩みの方が多いようになかなか落ちません。

乳化の際は手袋をつけ、カラー剤が付着しないようにすることを心がけましょう!

③ハンドクリームを爪に塗る

ハンドクリームには、油分と水分がバランスよく含まれています。
爪を油分と水分の膜でコーティングすることで、爪へ付着した際も落ちやすくなります。
また、潤っている状態を保つことで、染まりづらい状態をキープすることができますよ。

黒くなった爪の汚れを落とす方法

きちんと予防策をしていても、うっかりカラー剤が付着し、気が付くと、爪が黒くなっていることはよくあります。
そんな時には、ここから紹介する黒くなった爪の汚れを落とす方法をぜひお試しください。
既に黒くなってしまった爪の汚れに効果的ですよ!

①メイク落とし

肌がデリケートな方には、負担なく優しく汚れを落とす方法として、メイク落としがオススメです。
カラー剤で黒くなった爪の汚れの部分をホットタオルなどで温めた後、メイク落としを適量とり、優しく円を描くように馴染ませていきます。
この時、メイク落としを手のひらなどで温めたり、ホットタオルで温めるとより一層効果的です。

さらにその後、石鹸をよく泡立てて、黒くなっている部分を中心に泡を使い、爪用の柔らかいブラシなどで優しく洗うとさらに汚れが落ちやすくなります。
しかしすぐに落ちないからといって、無理な力をかけてしまうと、爪を痛めてしまう原因になってしまうので注意が必要です。

②除光液

除光液には「アセトン」という成分が含まれており、爪に付着したカラー剤の汚れを取り除くのにも効果的です。
使い方はとっても簡単で、汚れが気になる部分に除光液をたっぷり含ませたコットンを置き、汚れが馴染んできたら擦らないように優しく拭き取るだけです!
なかなか落ちない場合は強く擦るよりも、馴染ませる時間を少し長めにとる方が爪を痛めにくいですよ。

③歯磨き粉

歯磨き粉には汚れを落とす研磨剤が含まれています。
この研磨剤が黒くなった爪の汚れにもとても効果的です。
歯磨き粉に含まれる研磨剤の粒子はとても細かいので、爪についた黒い汚れを落とすのにも役立ちます。
歯磨き粉を爪の汚れが気になる部分につけ、爪ブラシや柔らかい歯ブラシなどで擦り、汚れを落としてみてください。

④紙などを燃やした灰

昔ながらの石鹸の作り方に、灰を使った方法があることをご存知でしょうか?
灰には石鹸作りに必要な物質が含まれており、そこに油脂を合わせることで石鹸を作ることができるそうです。
その灰を使用し、濡らした指で黒く汚れた爪の上を優しく、クルクルと馴染ませていくと、汚れが取れていきます。
昔ながらの灰を使用した洗浄方法はアシスタント同士で代々受け継がれていたりもするので、ご存知の方もいるかもしれないですね。

美容師はネイルをしてもいいの?

美容師にはファッションやおしゃれが好きな方が多くいるので、爪先のおしゃれが気になる方は多いですよね。
ただし美容師は、美容師として働く以上、お客様を相手にする接客業でもあります。
ネイルをすることはもちろん問題ないですが、ポイントを抑えていないとお客様を知らないうちに不快な気分にしてしまうことも…
お客様を不快な気分にさせては本末転倒なので、清潔感のある装いは最低限のマナーです。

そこで、美容師がネイルをする時のポイントをお伝えします。

  • 爪は短く、清潔に
  • ネイルカラーは清潔感のある控えめなカラー
  • メンテナンスがこまめにできない場合は自爪を磨きキレイに仕上げる
  • 施術中にお客様やお客様の衣服を傷つけてしまうような引っ掛かりのあるデザインはNG

上記のポイントを意識した上でおしゃれを取り入れることは、お客様から見ても好印象を与えることに繋がります。
また、美容室のカラーによってお客様の雰囲気も変わるので、自分が働いている美容院の雰囲気にマッチしたネイルのカラーやデザインを取り入れてみるのもオススメですよ。

⇨エステティシャンのネイルについてはこちら♪

まとめ

ここまで、黒くなった美容師の爪の解決法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
美容の仕事をしているのに、自分の爪が黒く汚れて汚く見えてしまうのはとても辛いことですが、黒くなった爪は、頑張って仕事をしている証でもあります。
今回ご紹介した方法は、どれも簡単に取り入れられる方法です。
解決策を知ることで悩みが解決し、楽しく仕事ができますように。
ぜひ、今回の情報を参考にしてみてくださいね。