「秋枯れ肌」ってなに?秋枯れ肌に効果バツグンな対策方法を解説!

季節が秋になり気温が下がると、お肌の乾燥が気になったり、肌のごわつきなどが出てくることがありますよね。
季節が変わって寒くなり出した頃に、「あれ?なんか肌の調子が悪いかも」と思う方も多いでしょう。
それ、「秋枯れ肌」かもしれません。

今回は、そんな秋枯れ肌の原因や、秋枯れ肌にならないための対策方法などをご紹介します。
「秋になるとお肌の調子が悪くなる気がする」という方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

秋枯れ肌ってなに?

秋枯れ肌ってなに?

秋枯れ肌とは、秋になりターンオーバーの乱れやバリア機能の低下などが起こり、肌トラブルが起こってしまう状態のことを言います。

秋になってお肌がかさついたり、ごわごわしたり、なんだか調子が悪いような感じがする場合、それは秋枯れ肌になっている可能性があります。
「秋枯れ肌かも」と思った方は、自分に合った化粧品などを活用して、しっかりケアしてあげることが大切ですよ。

秋枯れ肌の原因は?

秋枯れ肌の原因は?

秋枯れ肌の主な原因は、夏に浴びた紫外線。
夏は紫外線量が多い季節であり、日焼けをしてしまうこともありますよね。
夏のうちに紫外線をたっぷり浴びて日焼けをしてしまうと、お肌の内部にメラニンが増えます。

すると、肌の角質がたまりやすくなり、ターンオーバーの乱れが起こり、秋枯れ肌になってしまうのです。
秋枯れ肌にならないためには、秋のケアだけでなく夏の紫外線対策やスキンケアなども重要になります。

夏が終わって秋枯れ肌にならないためには、夏のうちからしっかりと紫外線対策をしておきたいですね。

秋枯れ肌にならないための対策とは?

秋枯れ肌にならないための対策 

ここからは、秋枯れ肌にならないための対策方法を解説します!

秋枯れ肌の対策①スペシャルケアでダメージを回復

秋枯れ肌を予防するためには、普段のスキンケアにスペシャルケアを取り入れて、夏に受けたダメージをしっかり回復させてあげましょう。
美容成分がたっぷりと配合されているフェイスパックや、フェイスクリームなどのスキンケアアイテムを活用するのがおすすめです。

また、秋枯れ肌になってしまったら、角質ケアを取り入れるのもおすすめ。
ピーリングアイテムやゴマージュなどを活用して、不要な角質をオフしておきましょう。
スペシャルケアは毎日行ってしまうとさすがにやりすぎなので、週に2・3回程度行うようにするのがおすすめ。
秋枯れ肌になってしまったら、普段よりも念入りにスキンケアを行うようにしましょう。

秋枯れ肌の対策②保湿に注意!

秋枯れ肌の対策として、お肌にしっかりと水分を与えてあげることも大切です。
保湿成分(ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、スクワラン、ホホバオイル、グリセリンなど)がしっかり配合されているスキンケアアイテムを使用して、お肌をたっぷり保湿してあげましょう。

気温と湿度が下がる秋~冬はお肌が乾燥しやすくなりますので、秋枯れ肌を感じたらぜひ保湿ケアに力を入れてみてくださいね。

秋枯れ肌の対策③紫外線のケアも忘れずに

秋枯れ肌の対策には、紫外線対策が必須です。
「紫外線対策は夏だけでよいのでは?」と考えている方もいるかもしれませんが、紫外線対策は秋も引き続き必要です!
紫外線は一年中降り注いでいるものなので、一年中しっかりとUV対策をするようにしましょう。

紫外線対策としては、日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地を活用したり、日傘や帽子を使用したりするだけでOKです。
普段から日焼け止めを塗る癖をつけたり、日傘を持ち歩くようにして、紫外線対策を習慣化していくようにしましょう。

秋枯れ肌の対策④食事面で普段の生活で気を付けるポイント

秋枯れ肌を対策するには、普段の食生活の見直しも大切です。
美肌のためには、食生活や生活習慣を整えるようにしましょう。

秋枯れ肌を対策する食生活として、コラーゲンを摂取することができる鶏肉の皮や手羽先を食べたり、ビタミンをたっぷり摂ることができる野菜や果物をしっかり食べるようにすると良いでしょう。

忙しいと食事が適当になってしまうこともあるかもしれませんが、秋枯れ肌を対策するなら、できるだけ栄養のあるものを食べるように心がけてみてくださいね。

秋枯れ肌を防いで、季節に負けない肌を目指そう♪

【まとめ】秋枯れ肌を防いで美肌へ♪

今回は、秋枯れ肌の原因と対策方法について解説しました。
秋は意外とお肌の調子が悪くなりやすい季節ですが、しっかりケアをすれば大丈夫です。
「秋枯れ肌かも?」と思ったら、普段の生活習慣を見直して、普段よりも念入りなスキンケアを心がけるようにしましょう。

今回の内容を参考にして、内側からも外側からもきちんとケアを行ってあげてくださいね。