看護師さんはピアスOK!?看護師でもOKなピアスも紹介

看護師さんは清潔感が大切!!ピアスはNG!?

看護師さんにとっては清潔感が大切です。しかし看護師さんも1人の人間なのでおしゃれな方だったら仕事中もピアスなどのアクセサリーを付けたいと思いますよね。
ただ人によってはピアスは清潔感に欠けると感じる方も多くなかなか勤務中にピアスをつけるのは難しいかもしれません。
今回は看護師さんとピアスについて様々なパターンを説明しますのでチェックしてくださいね。

看護師は基本ピアスNG

病院やそれ以外の医療機関でも基本的にピアスはNGのところが多いです。以下の理由で禁止にしている場合が挙げられます。

①ピアスなどの装飾品を嫌う患者さんが多い
→病院も客商売であるという側面はあるので患者さんが快く過ごせる環境を作る必要があるのでピアスを禁止している
②ピアスなどの装飾品にウィルスが付着し院内感染の可能性を防ぐ
→病院は院内感染の対策はかなり慎重に行っているのでピアスなどを禁止している
③ピアスなどの装飾品を落としてしまうリスクを無くす
→病院は医療を提供する場ですがその仕事の最中にピアスを落としてしまい、そこから事故に繋がるリスクをなくすために禁止している

この様な理由から病院という特性上規則でピアスNGと規定しているところが多いです。

勤務先によってOKな場合も

もちろん全ての勤務先でピアスを禁止しているわけではありません。
例えば企業などで働く産業看護師や医療機器メーカーに勤務するフィールドナースなどはピアスが許される場合もあります。
看護師さんの主な就職先は病院のイメージが強いですが、近年では一般企業に勤める看護師さんもいらっしゃいますので病院でピアスNGがどうしても嫌であればこれらの勤務先も候補に挙がるでしょう。

看護師のピアスがNGな理由

看護師さんがピアスNGな理由は、清潔感を求められる仕事であることや、医療機関独特の理由によるものです。
ピアスは清潔感がないというイメージ自体は徐々に薄れてきていますが、院内感染を防ぐという理由はとても重要であるためなかなかなくならないでしょう。
看護師さんなど医療機関でのお仕事は、高度で専門性がとても高いという特徴があるためそこに少しでもリスクが存在するなら避けられるのは仕方ありません。

ピアス穴がNGの病院も・・・

ピアスがNGなのは様々な理由から納得できますがピアスをあけてるのがNGというのは気持ち的にもプライベートな時間のことなので納得しにくいです。しかし職場の規定であれば従うしかない絶妙な問題です。
最近は減ってきていますがまだまだピアス穴がNGという病院も存在します。ピアス穴をあけてしまった場合にどのように隠せばいいのか紹介します。

ピアス穴の隠し方

以下で挙げる方法がおすすめなので自分に合うものを試してください。

①絆創膏で隠す
→絆創膏で隠す方法はただ貼るだけなので簡単ですが余計に目立ってしまう場合もあります
②髪型で隠す
→髪が長い方は髪で耳を覆いピアス穴を隠すのが最もおすすめです、しかし職場の規定で耳を髪で覆うのがNGの場合もあるので注意が必要です
③専用のファンデーションテープで隠す
→市販でピアスの穴を隠すための専用テープが売っていますのでそれを使って隠すのもおすすめです。色味が肌の色と合いにくい場合はファンデーションで色味を合わせれば更に目立ちにくくなります
④化粧で隠す
リキッドファンデーションを塗ったあとにパウダーファンデーションをつけてその後に馴染ませれば目立ちにくくなります

自分に1番合う方法を試してみてくださいね。

ボディピアスなら目立たない!

ボディピアスは服を着れば隠せる場合が多いのでどうしてもピアスをつけたい場合はボディピアスを着けましょう。

ボディピアスの代表例はヘソピアスですがそれ以外の身体の部位にピアスをつけている方も居ます。
注意点としてはボディピアスはファッションピアスよりも良いイメージが無いということです。着替え中に見つかるリスクも考えられるのでボディピアスを着けている方はその点に注意を払う必要があります。

新人看護師は勤務先のルールを確認しよう

働く病院を選ぶ前にその病院に行ってみて働いている看護師さんがピアスをつけているのか確認するといいでしょう。勤務先が決まった後にピアスなどに関するルールを確認すると自分の意に沿わない場合もありますので気をつけてください。

また勤務先の病院がピアスOKな場合でも職場の先輩からの見られ方も気をつける必要があります。職場には様々な思考の方がいますので、周りの方と上手く馴染み仕事が出来るようになってからピアスなどのオシャレを楽しむのもひとつの方法です。

⇨看護師の髪型についてはこちら♪

まとめ

今回は看護師さんとピアスの関係について説明しました。ピアスなどはオシャレの一つですが周囲には色んな考えの方がいる事も理解して悪く見られない工夫をする事が大切です。
一般の病院ではピアスNGなところも多いですが、一般企業で看護師資格を持って働くという選択肢も考えてみるのもオススメです。
ぜひ色んな選択肢から自分らしく輝ける方法を見つけてくださいね。