【働く女性必見】社会人メイクのマナーとは?社会人の入門メイク!

社会人の入門メイクとマナーについて徹底解説

この春、晴れて新社会人となり、新たな生活をスタートしている方も多いのではないでしょうか?
学生の頃とは違い、会社の規則や社会人としてのルールなど守るべき決まりが増え戸惑っている方も多くいらっしゃると思います。
学生の頃はそこまでルールを意識していなくても、社会人ともなると個人の信用や会社の信用を自分自身が背負うようになり、その信用が自身のお給料にも直結してくるという点で社会や会社のルール、マナーといったことが重要度を増してきます。
そこで今回は社会人のメイクのマナーについてご紹介していきます。

社会人のすっぴんはマナー違反!?

学生の頃は、すっぴんでも出歩けたし、メイクも自分の好きなメイクで何の問題もなく過ごせましたよね。
しかし、メイクは社会人にとって身だしなみの一つです!

メイクによって、身だしなみを整えることで、人に「清潔感」や「整った印象」を与えることができるので社会人のマナーとしてメイクは必須です。
ただ、現在はさまざまな価値観が混在し、一概には言えないところもありますが、メイクはその方の美しさを引き出すものなので、ぜひメイクの力を味方につけて自信を持って社会人生活をスタートして欲しいです。

社会人のメイクのマナーとは?

冒頭でもお伝えしましたが、学生の頃のメイクと社会人になってからのメイクでは、メイクの意味合いがだいぶ異なってきます。
学生の頃は主に自分の好みが最優先できましたが、社会人になると、仕事をする上での信用を得る役割も担うことから、人からどのように見られるか?という部分で物事を考えていく必要性が出てきます!
自分だけの趣味や好みを優先させすぎてしまうと、自分の仕事にも影響が出てしまうこともあります。

それでは、社会人のメイクのマナーとしてのオススメや注意点について2つご紹介していきます。

社会人メイクのマナー①清潔感のあるメイク

まず、始めにご紹介するのは「清潔感のあるメイク」です。
清潔感といってもイメージすることは人それぞれだったりするのですが、清潔=汚れがない、衛生的、といった意味合いを持つことから、「整える」ということを念頭に置くと失敗が少ないように感じます。
例えば、男性であれば髭が無造作に生えたままの無精髭と言われる状態は、見る人によっては不衛生に感じることもあることから、ビジネスシーンでは、同じ髭を生やすという点でも手入れをすることが求められます。
また、新人の頃であれば、髭を剃ることを求められることが多いのではないでしょうか?

女性の場合であっても、眉毛の周りのムダ毛を処理したり、お顔の産毛を剃ってもらうだけでも顔色が明るくなり、清潔感のある印象に変わるので、髪の毛同様、清潔感をアップする上でお顔周りを整えることはオススメです。(特に、メイクが苦手な方であっても、美容院などで整えてもらうだけで格段に印象はアップするのでオススメですよ♪)

そして、「整える」という観点から見ると、顔色も重要です。
目の下のクマなど、顔色をくすませてしまうような原因をコンシーラーや、下地などで整えてあげることで清潔感のある印象に整います。
メイクはベース作りがとても大切なので、自分の顔立ちを活かして目元を明るく見せるアイシャドウを瞼にのせ、マスカラやチーク、口紅をのせれば清潔感のあるメイクに仕上がります。
メイクの色選びもとても重要です。自分の肌馴染みがよく、ナチュラルなものを選びましょう。

社会人メイクのマナー②濃いメイクはNG

清潔感があることに加え、自分のお顔とかけ離れた濃いメイクは相手に威圧感を与えてしまったり、派手な印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。
ビジネスシーンでは変に先入観をもたれてしまうことで、後々仕事がやりづらくなったり、マイナスのイメージにつながってしまうこともあるからです。

学生の頃はさまざまなカラーのアイシャドウやリップを使ってもOKでしたが、ビジネスシーンでは基本NG。
メイクを楽しみたい気持ちは抑えて、TPOをわきまえたメイクを意識しましょう♪

社会人のナチュラルメイクの作り方

それでは、社会人のナチュラルメイクとは、一体どのようなメイクを目指すことが良いのでしょうか?
詳しく紹介していきます♪

社会人ナチュラルメイクのコツ①清潔感のあるメイク

芸能人の方を参考に考えてあげると分かりやすいです。

好感度の高い国民的な女優さんやタレントさんをイメージするとわかりやすいでしょう。
例えば、透明感のある肌が魅力的な綾瀬はるかさん、清潔感のある印象の新垣結衣さんや石原さとみさんなどでしょうか。
こういった方々の特徴は、くすみやクマ、肌荒れとは無縁の透明感のある肌、カラーレスな印象の目元、自然な血色の頬、唇本来の血色感に近いリップカラーなどが共通しているのではないでしょうか。
透明感のある肌は、清潔感のある印象を与えます。

社会人ナチュラルメイクのコツ②薄づきのメイクを意識

ファンデーションを塗りすぎると厚づきに見えてしまうので、くすみやクマなどカバーしたい部分には、下地やコントロールカラー、コンシーラーを部分的に使うなど、カバーしたい部分はポイントできちんとカバーした後、ファンデーションは薄づきに少量使うと失敗が少ないですよ!

また、自分の本来の血色に近い色味をチークやリップカラーに持ってくることで、ナチュラルな肌の質感が演出できるので、ファンデーションを使用したらチークやリップ、もしくはグロスなど血色を補えるものを使用してくださいね♪

社会人ナチュラルメイクのコツ③目元は明るく見せる

目元を明るく見せるアイカラーや目元を印象的に見せるマスカラやアイライナーなどお好みに合わせて選んで完成です。
目元をハッキリ見せたいけど、メイクが濃くなってしまう方におすすめなのはブラウンカラーのアイライナーとマスカラ。
黒のアイライナーやマスカラのようにしっかりメイクしても濃い印象は与えずに目元をハッキリ見せることができます♪

アイライナーは、ラインを描く!というよりも、まつ毛の隙間を埋めるように使うと仕上がりがナチュラルですよ♪

ルールを守りながら社会人メイクを楽しもう♪

今回は社会人のメイクのマナーについて紹介しました。
社会人になってメイクしなきゃいけない!と思うと、とても面倒なものに思えてしまいますが、メイクは自分をより魅力的に演出する武器となるものなので、ぜひメイクを味方につけ、社会人生活を円滑に過ごしていってくださいね♪

▶︎メイク崩れについて詳しく知りたい方はこちら♪