なんとかしたいメイク崩れを解決!メイク崩れ対策とメイク直し術を紹介

メイクが崩れるのをなんとかしたい!

時間をかけて丁寧にメイクをしても、気がつくとメイクが崩れていることはありませんか?
崩れないようにしっかりメイクをしても、昼過ぎには気づいたら崩れてしまっていますよね。
できるいことなら、朝の綺麗なメイクの状態を1日保たせたいですよね!
そのためには、「なぜメイクが崩れてしまうのか」原因と対策を知ると、メイクが崩れを軽減できます。
今回は、メイクが崩れる原因と対策・お直しのちょっとしたポイントを紹介します♪

【解説】メイクが崩れる原因とは?

メイクが崩れる原因とは?

メイクが崩れる原因を主に5つ紹介します。
1つでも当てはまる項目があると、メイクが崩れる原因になってしまうことも。
当てはまる項目がないかチェックしましょう♪

メイク崩れの原因①過剰に分泌された皮脂

皮脂は皮膚表面に膜をつくることで、肌表面からの水分の蒸発を防いでいます。
皮脂はバリアとしての役割はあまり高くありませんが、肌のうるおいを保つために必要となります。

しかし肌が乾燥していると肌を潤すために皮脂が過剰に分泌され、結果メイクが崩れる原因となります。
肌が乾燥しないように、肌の水分量と皮脂量をバランス良く保つことが大切です。

メイク崩れの原因②ファンデーションなどの厚塗り

肌のシミやニキビなど、肌悩みを隠そうとファンデーションを厚塗りしていませんか?
ファンデーションは、重ねれば重ねるほど肌になじまず、時間と共に崩れやすくなります。
肌悩みを隠そうと思っているのにファンデーションを厚塗りすることでメイクが崩れてしまい、余計に肌悩みが目立つ結果となります。

また、ファンデーションはメイクの土台になる部分となり、土台が崩れることでポイントメイクも一緒に崩れてしまいます。

メイク崩れの原因③肌に合わない化粧品を使っている

普段使っている化粧品が肌に合っていないと、メイクが崩れる原因に繋がります。
肌質は年中一定ではなく、季節やその時の体調・肌状態で違います。
使うアイテムがその時の自分の肌質に合っていないと、肌の乾燥を招いたり皮脂が過剰に分泌され、メイクが崩れてしまいます。

メイク崩れの原因④スキンケア後すぐにメイクしている

肌にスキンケア成分などが浸透していない状態で、すぐにメイクをすると肌にメイクが定着しません。
肌にメイクが定着していないと、皮脂が出てきた際にメイクが浮いてきます。

また、スキンケアとメイクが混ざってしまうと、メイク効果を発揮できないことにも繋がります。

メイク崩れの原因⑤汗

どんなに肌に定着しているメイクでも、汗によってメイクは崩れがち。
汗を出さないことは健康上良くなく止めることは難しいですが、対処法を知っておくことが大切です。
汗をかいてしまったらすぐに汗を取ることが大切。汗をそのままにしているとメイクが浮いてきてしまい崩れます。

汗を取る際に肌を擦ってしまうとメイクも取れてしまうので、清潔なタオルやティッシュでそっと肌におくように汗を染み込ませましょう。
また、汗をかきやすい夏は特に注意が必要です。
汗の成分はほぼ水なので、夏は水に弱いメイクは注意しましょう。

【徹底紹介】メイク崩れを防ぐ方法4選!

【徹底紹介】メイク崩れを防ぐ方法4選!

ここからはメイク崩れを防ぐ方法を紹介します。
メイクをするときにいつも行っている内容を少し意識して変えるだけで、メイク崩れを抑えることができます。
今一度メイク前に行っている内容を見直してみましょう♪

前夜のスキンケアをしっかり行う

メイク崩れを防ぐためには、前日の夜からスキンケアをしっかりと行いましょう。
当日の朝のスキンケアももちろん大切ですが、夜のスキンケアをおろそかにしていると、化粧崩れはもちろん、肌トラブルの原因にもなりかねません。

前日のメイクを丁寧に落として、化粧水で肌にたっぷり水分を与えてしっかりと保湿をしましょう。
大切な日の前はお気に入りのパックや少し高めの美容液を使ってみるのもおすすめです。
スキンケアをしっかりおこなって、ベースとなる肌を整えておきましょう♪

ベースメイクは厚塗りしない

ベースメイクは部位ごと適量を取り、顔全体均一に薄く塗るようにしましょう。
皮脂が多いTゾーンにファンデーションを厚塗りしてしまうと、崩れるので注意!

メイクの土台となるファンデーションが整っていないと、上から丁寧にメイクしても崩れていきます。
また、厚塗りしてしまうとかえって隠したい部分が目立ってしまうことも・・・。

また、ベースメイクはタイプ別に正しい使い方でおこないましょう♪

パウダー、クッションタイプ
・スポンジやパフの半分にファンデーションを取り、顔の半分ずつ塗っていく
・のばして残ったファンデーションで小鼻やあご先に塗る

リキッド、クリームタイプ
・使用量は顔の半分でパール1粒程度で塗りすぎないように
・手のひらやスポンジに取り、顔の外側へ向かってのばす
・Tゾーン・小鼻・あご先は残ったファンデーションを使う

スティックタイプ
・薄く頬やおでこに直接塗る
・スポンジでのばしながらなじませる

メイク前に保湿

メイク前の保湿が足りていないと、肌自身が肌を潤わせるために過剰に皮脂を分泌します。
その皮脂の量が多いとメイクが崩れてしまうので、メイク前の保湿はしっかりしましょう。

ただし、保湿のしすぎもメイクが崩れる要因となります。
ご自身の肌質に合った適量を付けることがポイント。

脂性肌の方は、毛穴引き締め効果や皮脂分泌抑制作用のある収れん化粧水がおすすめです。
乾燥肌の方は保湿力の高い化粧水、混合肌の方は部位別に乳液やクリームの量を変えましょう。

スキンケアもその時の肌質や季節によってアイテムを変え、その時に合ったアイテムを使うことが重要です。

スキンケア後時間を置いてメイク

スキンケアアイテムが肌になじんだら、メイクを始めるように心がけましょう。
スキンケアがなじんでいないのにメイクをすると、時間が経つにつれ皮脂によってメイクが浮いてきてしまいます。

また、肌が濡れていたりペタついている状態でメイクをすると、メイクノリが悪くムラになりやすいです。
夜丁寧に時間をかけスキンケアする方は多いですが、朝も時間をかけスキンケアをすることでメイクが崩れを防ぐことに繋がりますよ♪

「朝は忙しく時間がない」という方は、せめて顔にスキンケアがなじむまで待ちましょう。
大体3分ほどでなじみ、手の甲で肌を触りペタつきがなければメイクを始めても良い合図となります。
余分な油分をティッシュで抑えて、ティッシュオフするとメイクが崩れにくくなります♪

自分に合うアイテムを使う

メイク崩れを防ぐためには。ご自身の肌質や肌状態に合うアイテムを使いましょう。
自分に合わないアイテムを使っていると、最悪の場合、肌トラブルの原因になることも。
自分の肌に合うアイテムを見つけるようにしましょう♪

特に脂性肌や乾燥肌の方は、合うアイテムを使うことでメイクが崩れることを防ぎます。
ご自身の肌質をきちんと見極め、部位ごとに使うアイテムを分けることもメイクが崩れを防げます♪

メイクが崩れた時の簡単お直し術を紹介!

メイクが崩れた時の簡単お直し術を紹介

もしメイクが崩れてしまっても簡単にできるお直しがあります!
全部直すのではなく、メイク崩れをしている部分だけ直すことができるので簡単です。
知っておくと外出先でも簡単にメイク直しができ、安心ですよ。

ベースメイクの崩れ

ベースメイクは崩れている上から直しても、仕上がりは綺麗ではないのでおすすめしません。
思い切って崩れている部分を取り、直すと良いですよ。

1.崩れている部分に保湿スティックや乳液を使い、何もついていないパフで取る
2.コンシーラーを少量ずつなじませる
3.パウダーで整える

また、ミスト状化粧水を使うのもおすすめです。

1.顔全体にミスト状化粧水を吹きかけ、ティッシュで擦らずに抑えるように馴染ませる
2.コンシーラーを少量ずつなじませ、パウダーで整える

ミスト状化粧水で直すことの良いところは、肌の乾燥も防げることです。
乾燥肌や乾燥が気になる方はミスト状化粧水を使う直し方がおすすめですよ。

眉毛・アイメイクの崩れ

眉毛やアイメイクが崩れてしまった場合ベースメイク同様、上から塗り直しても綺麗な状態には戻りません。

まず、乳液やリップクリームを使い崩れている部分をオフします。
アイシャドウの場合、ベースに使っているアイシャドウやラメを上からのせると崩れているのが分からなくなります。

眉毛の場合、崩れている箇所を落としたら一度パウダーで皮脂などをおさえましょう。
おさえてからやり直すことで、綺麗に描きやすくなります♪

メイクが崩れる原因を理解して、メイクを楽しもう♪

メイクが崩れてしまう原因はいくつかありますが、どれもいつものやり方を少し変えるだけでメイク崩れを防ぐことができます。
ベースメイクは適量を守る・メイク前の保湿・スキンケアの後は時間を置く・自分の肌に合うアイテムを使うことを意識しましょう。

もしメイクが崩れてしまっても今回紹介した方法で直すと簡単に直すことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

⇨社会人のメイクのマナーについてはこちら♪