憧れの「デキる女」になりたい!デキる女の特徴を徹底紹介!

「デキる女」ってどんな女性?特徴やデキる女になるために大切なこと3選!!

皆さんが憧れる「デキる女」とは「仕事が出来る女性!」「何もかも完璧!」「多くの人に慕われている!」などのイメージがあるでしょう。あなたの周りにもデキる女で周りに憧れられている女性が居るのではないでしょうか?

今回はそんなデキる女性の特徴やデキる女になるためにはどうすればいいのかを説明しますので、みんなから憧れられるデキる女を目指している方はチェックしてみてください。

デキる女の特徴とは?

まずはデキる女性とはどういう女性を指すのか、その特徴を8つのポイントを紹介します。
周りが憧れるデキる女はこのほとんどを持ち合わせています。

気遣いができる

まずデキる女性は、気遣い上手です。
周囲の人が何を考えているのか何を求めているのかを考えて気配りや心配りを誰よりも率先してできます。
気遣い上手は色んな事に気付き周囲の調和を図る事で物事を円滑に進められます。これは仕事だけでなくプライベートでも役に立ちますのでデキる女の必須条件ともいえます。

ちなみに自分の事で手一杯で時間や心に余裕がないと周囲に気遣いできないので、周囲を俯瞰的に見れる視点が気遣い上手には必要です。

期日を決めて仕事に取り組んでいる

デキる女性は、仕事も期日を決めて取り組み決してその期日を先延ばししません。
これは時間の大切さや自分の仕事が遅れると周囲の人に迷惑をかけてしまう事をわかっているからです。

仕事をテキパキこなせる女性は誰が見ても素敵ですよね。
期日を決めて仕事に取組み、その期日を決して反故にしないことの積み重ねが周囲からの信頼に繋がりデキる女と評価されます。

仕事もプライベートも充実している

デキる女性は、仕事もプライベートも両方とも充実しています。
仕事しか充実していない、プライベートしか充実していないなどで片方だけが充実している方は割と多いかもしれませんが、この両者が充実しているのが周りから憧れられるデキる女です。

時間を上手く使い予定を段取りし仕事の時間とプライベートな時間を両立させ、仕事はきちんとがんばりプライベートは自分のしたい事を楽しみストレスを解消して両立させることが出来るのがデキる女性です。
仕事もプライベートも充実していると気分も上向きますし色んな事が楽しく過ごせます。

身の回りが整理整頓されている

デキる女性は、身の回りが整理整頓されています。
身の回りを整理整頓する能力は仕事上でもプライベートでも活かせます。
仕事場のデスクなどがいつも綺麗に整理整頓されている人は仕事が出来る印象がありますよね。

コミュニケーションをとるのが上手

デキる女性は、コミュニケーションをとるのが上手です。
会社でも上司、同僚、部下の誰とでもコミュニケーションをうまくとれますし、それは社外の取引先などでも円滑にこなせます。

もちろんこれは仕事上の話だけでなくプライベートの交友関係でも同じです。デキる女性の周りにはいつも人がいますよね。どんなに個人の能力が高くても周囲と円滑にコミュニケーションを上手くとれないとデキる女性とは言えません。

見た目に手を抜かない

デキる女性は、見た目にも手を抜きません。
いつも流行のメイクや服の情報を収集していてTPOに合わせた格好ができ誰が見てもちゃんとしているなと感じさせる女性がデキる女です。

この情報収集能力は仕事上でも活かせますし、自分で自分の行動を情報を集めて取捨選択できることは周囲からもすごい女性とみられます。

⇨美意識が高い人についてはこちら♪

わからないことをしっかり質問できる

デキる女性は、わからないことをしっかり質問できます。
仕事上で自分がわからないことを誰かに質問できない方もいると思いますがそれでミスをしてしまうと周囲の方に迷惑をかけてしまいます。

そういうリスクを避けられることはコミュニケーションの高さにも繋がります。何度も同じことで質問するのは避けたいですが、わからないことがあった際は必ず質問できるのがデキる女性です。

テキパキ動ける

デキる女性は、何事もテキパキと動くところも特徴のひとつ。
ダラダラと仕事を片付けたり、のんびり行動したりしません。
何事も思い立ったら即行動し、自分のやるべきことや相手のことを察して素早く動きます。
プライベートでも仕事でも、見習いたいところですね。

相手を立てることができる

デキる女性は、相手をしっかりと立てることが出来ます。
自分が自分がとなる方が多いですがデキる女は違います。相手を立て自分が控えめに回っているようで実はきちんとサポートしてあげられることがデキる女の特徴です。
先輩や上司を立てることはもちろん、後輩もちゃんと必要な場面では立てることが出来るテクニックは誰にでも出来ることではありません。

判断力があり、判断が早い

デキる女性は、何事も冷静に素早く判断することができます。
判断を急かされたときも冷静に素早く状況を把握して判断していますよね。
自分の判断が周りへの影響を及ぼすことももちろん理解した上で、素早く的確な判断をする女性が多いです。

デキる女になるためには?

デキる女になるために必要なポイントを紹介します。
今日から取り入れらることばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

周りを見る

デキる女性になるためには、まず周りのことをよく見るようにしましょう。
つい自分のことに手一杯になってしまいますが、デキる女性は皆周りをしっかり見ています。
周りをしっかり見ていると自分のやるべきことが見えてきたり、困っている人に手助けすることができるので、あとあと大きなミスを起こしたりするリスクも減ります。

周りのことをしっかり見ているからこそできることがたくさんありますので、自分のことばかりではなく周りのことも見るように意識して過ごしましょう。

時間を意識しながら行動する

期日を決めて仕事に取り組む女性がデキる女の特徴でも説明しましたが、時間を意識しながら行動することはデキる女になる条件のひとつです。

「○日の○時までに~をする」など仕事は常に時間に追われています。その時間ギリギリに間に合うように仕事をするのではなく何か不測の事態が起きた場合でも上手く対処できるように余裕をもって何事もこなしていく事の積み重ねで仕事ができる様にも評価されますし、自分に余裕があるので周りのサポートもできて慕われることにも繋がります。

これは仕事上だけでなくプライベートでも同じです。友人関係などどんなに気を許した間柄であってもデキる女は時間にルーズではありません。友人関係だからといって約束の期日に遅刻し続けると信用を失いますし、いつまでも学生気分でいる女性がデキる女とみんなに憧れられることはありません。

整理整頓を心がける

他人のデスクの上に書類が山積みや色んな小物があふれているとどのような印象を受けるでしょうか。多くの人は「だらしなさそう」「仕事できなさそう」と評価すると思います。

周りから憧れられる女性であるデキる女性がこの様にだらしないことはありません。
常に整理整頓を心がけ誰に見られても恥ずかしくないデスクにしたり部屋の中も同様に常に綺麗にしているのがデキる女の条件です。
物をため込んでいて汚れている場合はまずは断捨離からはじめてみましょう。

自分が働きやすければデスクや部屋が汚れていてOKと言う意見もわかりますが、まずは会社の自分のデスクを綺麗に使う事から心がけてみてください。

ON・OFFの切り替えを上手に

デキる女はONとOFFの切り替えが上手いです。
仕事の時間はまじめに仕事に臨み、プライベートな時間はプライベートな時間を楽しむ、こんな風にONとOFFの切り替えが上手いのがデキる女です。
ずっと仕事の事だけを頑張るとストレスも溜まりますしいつか限界がきて倒れてしまったり様々な病気にかかってしまうこともあるでしょう。

もちろんプライベートの時間に仕事のスキルアップをするための勉強をするのも大切ですが、プライベートの時間の大部分をそれに使うのではなく、ちょっとした自分の大切な時間を作り何か趣味の時間に充てるのもオススメです。

自分を持つ

デキる女性になるためには、しっかりと自分を持つことも大切です。
周りに流されてばかりの女性は、決して「デキる女」とは言えません。
時に人と衝突してしまっても、自分の意見をしっかり持つことが自分への自信にもつながります。
堂々とした態度で、自分らしく自然体でいることもポイントのひとつです。

努力をし続ける

デキる女性は、影の努力家が多いです。
周りから見えないところでたくさん努力をしている方がほとんど。

仕事が終わって家に帰った後も、明日の仕事をすすめていたり、仕事に役立つ勉強をしたり、体力づくりや自分磨きをしたり、誰も見ていなくても自分のための努力をやめません。

いきなり頑張りすぎてしまうと疲れてしまいますが、自分のペースで自分にできることからコツコツ努力してみましょう。
見えない努力が、憧れの「デキる女」への近道となるはずです。

まとめ

今回はみんなから憧れられるデキる女について説明しました。デキる女になるために守るべき大切な要素は「時間を意識する」「整理整頓をする」「ONとOFFの切り替えをする」が必須条件です。

この要素を守りつつデキる女像に近づく努力を続ける事が大切です。仕事もプライベートも充実したデキる女になってくださいね。

⇨女子力アップの方法についてはこちら♪