マスク時代はノーファンデでもいい?ノーファンデのテクニックを紹介!

マスク時代のノーファンデテクニック

外へ出歩く時に欠かすことのできなくなった“マスク”ですが、マスクをすることで肌荒れしやすくなったり、メイク崩れが気になるようになった方も増えたのではないでしょうか?
その一方で、マスクで顔が隠れる分、メイクを手軽に済ませる方も増えてきているようです。
そこで今回は、マスク時代にオススメのファンデーションを使わず快適に1日を過ごしていく為のノーファンデの方法をご紹介したいと思います。

そもそもノーファンデとは?

ノーファンデとは、ファンデーションを塗らずに過ごすこと。
スキンケアのみ・日焼け止めは塗る・下地とお粉は塗る、などノーファンデの定義は人それぞれです。

ノーファンデ、という言葉が流行り出した所以としては、ファンデーションを塗らなくても美しい肌を目指す、というもの。
ファンデーションいらずの肌を目指すことから、ノーファンデという言葉が流行り出し、ノーファンデで過ごす女性が増えてきました。
そのため、スキンケアは手を抜かず、日焼け止めをしっかり塗って紫外線から肌を守りながら、ノーファンデで過ごす方が多いです。

マスクの下はノーファンデがおすすめ!

マスクの下はノーファンデがおすすめ!

コロナ禍によるマスク生活によってマスク着用を余儀なくされている昨今。
朝せっかくファンデーションを塗っても、時間が経つとマスクにファンデーションがついてしまい、せっかく塗ったファンデーションが落ちてしまうことが多々あります。
マスクにつかないファンデーションもありますが、思い切ってマスクの下はノーファンデにしてしまう選択もアリ。
マスクで覆われているため隠したい部分も隠すことができますし、ファンデーションによる肌への負担も軽減することができます。

どうしても気になる箇所やマスクで覆われていない部分はコンシーラーで対応したり、お粉だけ塗るなどしてマスク生活を乗り切っている女性も多くいます。

マスク時代をノーファンデで過ごす4つのメリット

マスク時代をノーファンデで過ごす4つのメリット

ファンデーションには、肌全体を美しく、なりたい印象に仕上げてくれる効果がありますが、ノーファンデのメリットもあります。
ここでは、ファンデーションを使わずに、ノーファンデにすることで得られるメリットを4つ紹介します。

ノーファンデのメリット① 肌への負担が少ない

ファンデーションを塗らないことで肌への負担が軽くなります。
ファンデーション自体悪いものではありませんが、時間が経ち皮脂汚れや外気のほこりなどと混ざり合うことで酸化し、肌荒れやニキビの原因となることも…。

また、ファンデーションをしっかり落とす為に使ったメイク落としの刺激で、肌がダメージを受けてしまうこともあります。
ファンデーションを使用しないことで、肌への摩擦や、負担を軽減することもでき、肌が疲れているなぁと感じる時や、肌トラブルがある時などはファンデーションをお休みし、ノーファンデで過ごすこともオススメです。

ノーファンデのメリット② 化粧崩れの心配がない

ファンデーションをつけないので、化粧崩れの心配もなくなります。
ファンデーションを塗ってマスクをすると、皮脂とファンデーションが混ざり合って酸化してくすんだり、擦れたり、マスクにファンデーションがついて崩れてきてしまいます。

マスク時代に長時間崩れないようメイクするには、こまめなお化粧直しが必要。
もしそのような時間が取りにくい場合には、いっそファンデーションを塗らずにノーファンデを試してみるのもいいですよ♪

ノーファンデのメリット③時短になる

ノーファンデにすることでメイク時間が大幅に軽減できることもメリットの一つです。
ベースメイクの仕上がりは、メイク全体の8割を占めると言われるほど重要なパーツ。
その分、上手くファンデーションが塗れないと、厚ぼったく見えたり、白浮きしてしまったり、ムラになり崩れやすくなったりと、悩みがつきない箇所でもあります。
そのファンデーション自体塗らないことで、メイクにおいて一番時間のかかる部分を大幅にカットすることができ、メイク時間が大幅に短縮できます♪

ただし、ファンデーションを塗らないということは、自分の肌の状態で勝負するということになるので、元々の肌のコンディションを整えておくことや、ファンデーションに頼らない分、肌色をコントロールできる下地を使うなど、素肌よりもキレイに見せるための工夫が必要ですが、
ファンデーションなしの状態も自信を持って過ごしていけるのでオススメですよ!

ノーファンデのメリット④マスクが汚れにくい

ノーファンデで過ごすことは、マスク時代のお悩みの一つであるマスク汚れの軽減に繋がります。

ファンデーションは、摩擦に弱いのでマスクで擦れてしまうと、どうしてもその部分にファンデーションが付着してしまいますが、ノーファンデにすると、ファンデーションがマスクにつくことがないのでマスクをキレイな状態でキープしやすくなりますよ♪

マスク時代のノーファンデを成功させるポイント

マスク時代のノーファンデを成功させるポイント

マスク時代にノーファンデメイクを試してみたいけど、ファンデーションなしでは肌のカバーができないし紫外線の影響も気になる、素肌でいるのは不安…という方も多いと思います。
ここでは、ただの手抜きメイクにならない、ノーファンデメイクのポイントについて紹介していきます♪

ノーファンデのポイント①メイク前のスキンケア

ノーファンデで、キレイな印象の肌を仕上げるために大切なことは素肌のコンディションをベストな状態に整えていくことです。
ファンデーションで肌をカバーしない分、浮いた時間でいつもより少しだけ丁寧にスキンケアをして肌を労ってあげましょう♪

いつも通りのスキンケアでも、化粧水は肌にしっかりと浸透するまでハンドプレスで肌を心地よく温めてあげたり、乳液やクリームを塗布する時には、肌の血流を促すようにマッサージをするように馴染ませることも効果的ですよ!

いつものスキンケアにひと手間かけてあげることが肌のコンディションを整え、ノーファンデでもキレイな肌の状態に近づけてくれます。

ノーファンデのポイント②紫外線対策は念入りに

ファンデーションには、UV効果が含まれていることがほとんどです。
さらに、ファンデーションには肌色がついているので、塗り残しにも気が付きやすいのですが、ファンデーションを塗らないことで紫外線対策が不十分になってしまうことがあります。

紫外線は肌が焼けるだけでなく、乾燥や老化の原因にも繋がります。
近年の紫外線の影響は強いので、日焼け止めを上手に使い肌のコンディションがいい状態でキープできるようノーファンデメイクをする時には、特に念入りに紫外線対策を取り入れていきましょう!
もちろん、マスクの下にも忘れずに日焼け止めを塗るようにしてくださいね。

ノーファンデのポイント③下地は丁寧に

ノーファンデで過ごしたい日でも、肌悩みに合わせて肌色をコントロールできる下地や、肌の質感を整えることのできる下地を選んで使ってあげることがオススメです。
下地は、ファンデーションより付け心地も軽く、肌のお悩みもケアでき、UV効果があるものが多いので塗り残しのないように丁寧に仕上げていきましょう。
下地の種類は豊富で、毛穴カバーができるものや、透明感を高めるもの、肌の気になる色味をカバーできるものとあり、自分の好みの仕上がりに合わせて選べます♪

そして、そのほとんどが厚塗りになりにくいものなのでノーファンデメイクにはとてもオススメです!
ぜひ、自分好みの下地を店頭などで実際に試し、肌にのせて選んでみてくださいね。

ノーファンデのポイント④仕上げはパウダーでヨレ防止

ノーファンデでもキレイな状態の肌を保つためにオススメのアイテムはパウダーです。
パウダーにも種類がたくさんあり、皮脂崩れがしやすい方にはオイルコントロールができるタイプや、肌色がコントロールできるタイプ、ツヤを出せるタイプなど様々なので自分の希望に合わせたタイプを選んでくださいね。

パウダーはブラシやパフで仕上げていきますが、ブラシでつけるとふんわり軽やかに、パフでつけるとパウダーがしっかりとのるのでややマットに仕上がります。
ノーファンデメイクの時は、素肌に近い状態が活かせるようブラシで全体をふんわり仕上げ、皮脂が活発でテカリがちなTゾーンはパフでつけてあげると、マスクをしても崩れにくくなりキレイな仕上がりが持続するのでオススメですよ♪

マスク時代はノーファンデで快適に♪

今回はマスク時代の現代にオススメのノーファンデの方法を紹介しました。
マスクをつけている時間が増えたことの肌悩みも、ノーファンデメイクを取り入れ快適に過ごす時間へと変えることができたら嬉しいです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。