看護師さんのつらい手荒れ問題!手荒れしやすい原因と防ぐ対処法を紹介

看護師さんのつらい手荒れ問題!

看護師さんで手荒れに悩んでいる方は多いですよね。
職業柄頻繁に手を洗い、消毒をしなければならず、「看護師だから、手荒れは仕方がない」と諦めてしまっている看護師の方も多いでしょう。

しかし、手荒れの原因や確実な対処法を知ることで、看護師でも手荒れを防ぎ、改善していくことができます。
今回は、看護師さんの手荒れの原因と防ぐ方法について紹介します。
手荒れに悩む看護師さんは、是非参考にしてくださいね。

看護師は手荒れしやすい・・・。

看護師は手荒れしやすい

看護師の方は、頻繁に手を洗いアルコールでの消毒が欠かせません。
「職業病」とも言われるくらい、看護師ならではの手荒れに悩んでいる方はとても多いです。
アンケートを取ると、約80%以上の看護師の方が手荒れを自覚しています。

看護師は職業柄、手を頻繁に洗いアルコール消毒をしているので、手が乾燥しやすく、指先や指の間を中心に手荒れが起こりやすい状態です。

そのまま手荒れを放置しておくと、どんどん手の乾燥が進行し、手荒れがひどいと手にポツポツととした湿疹が出て、かゆみも伴う「手湿疹」になる可能性もあります。
看護師さんは、手荒れを防ぐためにも日頃のハンドケアがとても重要です。

看護師の手荒れの種類

看護師の主な手荒れの種類は3種類です。

ひび割れ
過度な手洗いやアルコール消毒などによって、指の関節部分や指の間がひび割れてしまう状態
あかぎれ
ひび割れに比べてひびが深くまで入ってしまい、赤みや痛みを伴う状態
しもやけ
手足の指や耳など、体の末端部分が冷えなどによって変色して腫れ、かゆみなどを伴う状態

上記3種類の手荒れは、主に乾燥が原因で引き起こされています。
そのため、看護師の手荒れを防ぐためには、手の乾燥を防ぐことがとても大切です。

さらに、荒れている状態の手には細かい傷ができています。
できてしまった細かい傷に病原菌が付着しやすくなってしまうので、看護師という職業柄、手荒れを防ぐことも仕事のうちといえます。

看護師の手荒れを防ぐ方法とは?

看護師の手荒れを防ぐ方法

ここからは、看護師の手荒れを防ぐ方法を紹介します。
看護師の手荒れを防ぐには、日頃のケアが何よりも大切です。
手が荒れてしまったら丁寧にケアすることを意識し、手荒れを軽視せず、根本からしっかり改善しましょう。

看護師の手荒れを防ぐ方法①手洗いや消毒の前に保護

看護師が手荒れを防ぐには、手洗いや消毒の前に保護するようにしましょう。
手を保護するアイテムはハンドクリームのようなクリームタイプや、化粧水のようなローションタイプがあります。

手洗いや消毒の前に塗布して数分乾かすことで、皮膚の保護膜を形成し、角層を保護する効果が期待できます。
手を保護することで、手肌が薄いヴェールがかったようなバリアで覆われ、手洗い時に使う洗浄成分やアルコールから手を守ってくれるので、手荒れを防ぎたい看護師さんは是非試してくださいね。

看護師の手荒れを防ぐ方法②自宅でのハンドケアを丁寧に

看護師の手荒れを防ぐためには、自宅で念入りにハンドケアをするのが大切。
手荒れや手の乾燥を感じたら、ハンドクリームを塗るように習慣化しましょう。
一部屋に1つハンドクリームを常備しておくと、塗り忘れを防げます。

看護師の手荒れを防ぐためには、きちんと適量を塗ることが大切です。
ハンドクリームがベタつくのが嫌で少ししか塗らなかったり、保湿したいからたくさん塗るというわけではなく、適切な量を守るようにしましょう。
ハンドクリームの目安の量は、人差し指の先から第一関節くらいの量が一般的と言われています。
看護師の手荒れを防ぐためには、適切な量のハンドクリームを塗る習慣をつけるようにしましょう。

看護師の手荒れを防ぐ効果的なハンドクリームの塗り方

看護師さんの手荒れ防止におすすめのハンドクリームの塗り方を紹介します。

・手のひらにハンドクリームを出し、両手を重ねるように温める
・指先や指の間も入念に塗る
・ハンドクリームを塗りながら、手全体・指先をマッサージをする


ハンドクリームを温めることでのびが良くなり、ハンドクリームに含まれている成分が浸透しやすくなります。
また、ハンドクリームを塗りながらマッサージをすることで、血行が促進され保湿効果がアップするので、手荒れがひどい看護師さんはぜひ試してくださいね。

お風呂上がりなどは顔のケアと同じように、化粧水で水分をうるおわせてからハンドクリームを塗ると、手の乾燥を防ぐことができるので、手荒れも防ぐことができます。
寝る前は手肌の刺激にならない絹や綿・シルクの手袋を着けて寝ると、布団などの寝具に水分を持っていかれず、朝までうるおいをキープできます。
手荒れに悩む看護師さんは、寝る前に手袋をつけてみるのもおすすめです。

看護師の手荒れを防ぐ方法③ひどい手荒れは病院に

看護師さんの手荒れは、なかなか避けられないもの。
セルフケアで手荒れが改善しない場合は、病院へ行きましょう。

手荒れと言っても原因は様々で、人によってはただの乾燥ではなく、アレルギーが原因で手荒れを引き起こしている場合もあります。
個人個人に合った内服薬や外用薬を処方してくれるので、治りも早いです。
手荒れが改善したと言っても、油断して病院に通ったり処方された薬をやめてしまうと再発する可能性もあるので、改善したと思っても半年〜1年ほどは様子を見てくださいね。

手先をよく使う看護師さんにとって、手荒れは深刻です。
看護師さんが手荒れをしてしまったら我慢せず、病院へ行きましょう。

看護師さんの手荒れは日頃からのケアが大切

看護師さんの手荒れは日頃からのケアが大切

今回は看護師さんの手荒れの原因と防ぐ方法を紹介しました。
手荒れしやすい看護師さんにとって、手荒れは深刻な事態です。
看護師の手荒れを防ぐためにはご自身にあったケアをし、セルフケアが難しい場合は迷わず病院で診てもらいましょう。

⇨看護師のネイルについてはこちら♪