看護師さんでもできる簡単ネイルを徹底紹介!

看護師がネイルはOK?NG?

ネイルがしたいと思いつつも職場の規定で出来ず、歯がゆい思いをしている看護師の方は少なくないと思います。
この記事では、看護師のネイルがダメな理由や看護師でもできる爪のおしゃれ、休日に楽しめるネイルを紹介していきます。
ネイルがしたい看護師の方はぜひ参考にしてくださいね。

看護師のネイルがダメな理由

まず、看護師のネイルがダメな理由を説明します。

不衛生になりがち

ネイルをするには、ある程度の爪の長さが必要です。
爪が長くなるとどうしても爪と指の間に汚れがたまりやすく、その状態で患者さんの治療をするのは不衛生といえます。

また、看護師は手を洗う機会が多いためジェルネイルをするとネイルが浮きやすいです。
すると、浮いたネイルと自爪の間に菌が繁殖するグリーンネイルになる危険性が高くなってしまいます。
グリーンネイルになると、繁殖した菌を患者さんに移してしまうかもしれません。
患者さんは免疫力が下がっていることが多いので、その状態で菌が移ると命に関わることもあります。
そのような危険性もあるのでネイルを禁止するクリニックが多いです。

患者さんを傷つけてしまう可能性がある

看護師がネイルをできないもう一つの理由は、患者さんを傷つけてしまう可能性があるからです。

先ほども述べたように、爪が長くなることで患者さんに触れた時に傷つけてしまう可能性があります。
また、ネイルに使われるストーンなどのパーツも患者さんを傷つけてしまう原因になりかねません。

ネイルがOKな病院やクリニックもある

ここまで、看護師はネイルがNGというお話をしましたがネイルがOKのクリニックもあります。
それは、美容クリニックや脱毛専門クリニックです。
美容クリニックや脱毛専門クリニックは自分の美容のために行くところなので、その美容をお手伝いする看護師の美意識も大切です。
その一環として、ネイルが許可されているクリニックがあるのでしょう。

しかし、そういったクリニックでも看護師は清潔感が第一なので、長すぎず華美すぎないネイルを心がけましょう。

看護師ができるネイル

ネイルNGな看護師でもできるネイルを紹介します。

爪磨き

看護師でもできるネイル一つ目は爪磨きです。
まず、ハンドクリームなどを使って甘皮ケアをした後、爪やすりを使って爪をぴかぴかに磨き、長さも整えます。
少し手間はかかりますが、何も爪のケアをしないよりも清潔感が出て、ネイルをしなくても綺麗な手に見せることが出来ます。

フットネイル

2つ目はフットネイルです。
仕事中、手先は患者さんの処置などに使っても足先を出すことはほぼないでしょう。
そのため、足先なら自由におしゃれが楽しめます。
今はフットネイルのかわいいデザインもたくさんSNSなどで出回っているので好きなデザインを見つけて足先でおしゃれを楽しみましょう。

ただし、ストッキングの着用が義務づけられている看護師の方はあまりにも華美なフットネイルはひっかかってストッキングが破ける原因になるのでやめましょう。

⇨看護師の手荒れについてはこちら♪

休日だけできるネイルもある

ネイルというと、一度したらしばらくは自爪には戻れないため、職場でネイルが禁止されていると出来ない・・・そんなイメージが強いと思います。
しかし、簡単につけ外しができて休日だけ出来るネイルも多くあります。
ここでは休日だけできるネイルについて紹介していきます。

ネイルチップ

ネイルチップは自分の爪のサイズに合う透明なチップに装飾が施されたものです。
ネイルグルーや両面テープなどを使って自分の爪に接着させて使うので、休日だけつけて仕事の日はネイルチップを外すという使い方が出来ます。

両面テープよりもネイルグルーのほうが水に強く強力に爪に接着させる特徴がありますが、ネイルグルーはチップを爪から外すときにネイルグルー用のリムーバーを使う必要があり、そのリムーバーを使うとネイルチップも一緒に溶けてしまい使えなくなってしまうこともあります。

また、ネイルグルーで付けたネイルチップを外す時に爪に負担がかかってしまうので毎休日ネイルチップを使うけど自爪をきれいに保ちたい方は両面テープでつけるのがおすすめです。
両面テープなら、お湯で外すことができます。
今はオーダーメイドで自分の好きなデザインのネイルチップを作れるネイルチップ専門店や、人気ネイリストが作ったネイルチップが販売されているのでネイルチップでも十分に爪のおしゃれが楽しめます。

ネイルシール

ネイルシールというと、ワンポイントの装飾のみでベースになるカラーが必要なのではと考える方も多いかもしれませんが、最近では爪全体を覆うタイプのネイルシールもあり、ネイルシールのみでネイルが完成します。

外し方もリムーバーを浸したコットンをアルミホイルで爪に巻き、少し放置するだけと簡単なので休日だけネイルをしたい看護師さんにぴったりです。
一度しか使えないという欠点がありますが、ネイルチップよりも安価な物が多いので毎回違うネイルを楽しみたい方にはおすすめです。

マニキュア

マニキュアはジェルネイルの様にオフの技術は必要ありませんが、ジェルネイルと同じように爪に色を付けるなどの装飾が出来る商品です。
マニキュアは塗るのにコツが必要だったり利き手の爪には塗りにくかったりと、一見上記2つよりハードルが高く思えます。
しかし、自分の好きな色にこだわることが出来たり、ワンポイントのネイルシールを貼ることでオリジナルでよりデザイン性の高いネイルに出来るというところもあり、オリジナリティの高いネイルをしたい人にはお勧めです。
オフの仕方は除光液をコットンに含ませそのコットンでやさしく拭き取るだけと簡単です。
除光液というと爪に悪そうですが、今は爪に悪いアセトンという成分が入っていないアセトンフリーの爪に優しい除光液もあります。

今は、ブランド物の高いマニキュアから、100円ショップで買えるマニキュアまで幅広い価格帯のマニキュアがあるのではじめは安いものから始め、慣れたらブランド物を使ってみるのもいいでしょう。

ネイルファンデーション

ネイルファンデーションとは爪の凹凸をカバーし、自爪の色がきれいになったように見えるカラーのマニキュアのことです。
オフの仕方もマニキュアと一緒で除光液とコットンを使って落とします。
ブランド物からお手頃なものまでさまざまな価格帯や色味の商品が発売されているので気に入ったものを見つけてみてください。

まとめ

看護師は基本ネイルNGですが、ネイルNGのクリニックでも出来るネイル、休日だけ出来るネイルなど爪のおしゃれを楽しむ方法はたくさんあります。
自分に合った方法で看護師でも爪のおしゃれを楽しみましょう。

⇨看護師の髪型や身だしなみについてはこちら♪