美しさを保つ秘訣は【習慣】にあり!今日からできるおすすめの美容習慣を紹介

美しさを保つ秘訣は【習慣】にあり!

「いつまでも綺麗でいたい・綺麗を保ちたい」女性の永遠のテーマですよね。
ただ、毎日忙しくなかなか美容に当てられる時間がないのも悩みどころ。
そんな方は美容を毎日のライフスタイルに取り入れ、習慣にしてみることがおすすめ!
今回は簡単に行える美容の習慣について紹介します。
併せて良くない美容の習慣についても紹介しますので、これを機に見直してみましょう。

無理せず美容の習慣をつけよう

「美しくなりたい」「綺麗を保ちたい」と日々美容面で努力を積み重ねている方も多く、頑張っている方も多いですよね。
忙しい毎日の中でさまざまな美容法を試し、行なっていることはとても素敵なことです。

しかし、実際仕事や家事・育児等で自分のことにしっかりと時間をかけられる方も少なくはありません。
毎日頑張ってさまざまな美容法を行なっていても、だんだんと義務化し、「やらなきゃいけない」と考えるようになり美容を行うことに疲れてしまい、嫌気がさしてくる…なんてこともあります。

また、つい周りと比べてしまいがちですが、人は人・自分は自分なので比べる必要はありません。
自分が今美容面でどんな悩みがあるのか・将来どうなっていたいのかなど、自分ときちんと向き合い、できる美容から始め習慣化していくことが重要となります。

毎日頑張って無理をして根積めしているような美容は、心にも良くありません。
自分が行える範囲の美容法を習慣化していくことが、美しさを保つ秘訣でもあります。
美容を習慣にしていくことで、未来の自分はもっと素敵になっているはず。
だんだんと変わっていく自分を見るのが、楽しみになる日もそう遠くはありませんよ。

簡単にできる!おすすめの美容習慣

おすすめの美容習慣を紹介します。
特別なことはなく、すぐに実践できるものばかりとなっています。
自分のライフスタイルに合わせて、ぜひ取り入れ習慣にしてみましょう。

起きたら一杯の白湯を飲む

芸能人の方などで白湯を飲んでいる方がいるので、「起きたら一杯の白湯を飲む」ということを聞いたことがある方もいるかもしれません。
白湯は健康はもちろん、美容にも良いと言われています。
起きたばかりの身体は内臓から冷えていますが、白湯を飲むことで身体全体が温まります。
血の巡りを良くし腸内を浄化させ身体の中から綺麗にしてくれる効果があります。

また、白湯には他にも美容に良い効果があります。

便秘・むくみ解消
直接腸内を温めることができ、刺激を与えることで血液循環が良くなり、老廃物や身体の中の余分な水分が排出されやすくなります。
身体の芯から温まることで血行促進だけでなく、冷えによるむくみも改善されます。

基礎代謝の上昇
白湯は飲んだらすぐに全身の血行が良くなる効果があります。
血行が良くなることで、ダイエットにも最適な基礎代謝も上がる効果が期待できます。

美肌
血行が良くなることでデトックス効果が高まり、体内の余分な水分や老廃物が排出されます。
結果、肌のターンオーバーが整い、ニキビや肌荒れ等の肌トラブル改善に繋がります。

白湯は50度前後のお湯を、10〜20分かけて飲みます。
お湯を沸かして冷ますのが大変な方は、レンジで温める方法でも可能です。
朝の支度をしながらゆっくりと飲み、1日の美容スイッチをオンにしましょう♪

鏡をみて今日の自分をチェック

鏡を毎朝見て、今日の状態を知ることを習慣にしていきましょう。
スキンケアをしながら、メイクをしながらでも鏡を見る習慣をつけると、「気づいたらシミができていた!」「ニキビができそうかも?」などと自分の今日の状態を知ることができます。
自分のちょっとした変化に毎日気づくことで、肌トラブルが悪化する前に対処できたり、もっと美しくなりたい!という美意識を高く持つこともできます♪

朝に軽い運動

朝に軽い運動をすることで、身体の血行が促進され、基礎代謝の向上やむくみ改善に期待できます。
汗をかくことで毛穴に詰まった皮脂を取り除いたり、毛穴の黒ずみ防止にも繋がります。
汗は肌のうるおいや保湿にも重要な役割を担っています。
また、運動をし血行が良くなることで肌の血色が良く見え、くすみを防ぐことができます。
ターンオーバーも活性化し、肌の内側から綺麗になることが期待できます。
ウォーキングや軽いジョギング・ストレッチがおすすめです。
美容に運動は欠かせません。
毎朝5分だけでも早く起きる習慣をつけ、軽い運動を心がけましょう。

UVケアはかかさずに

紫外線はシミやそばかすだけではなく、シワやハリ・弾力まで失います。
紫外線は目には見えなくても、365日年中降り注いでいます。
1日外出しない日でも紫外線は窓ガラスをすり抜けて、室内に入ってきます。
たとえ1日外出しないとしても、日焼け止めを塗りしっかりUVケアをかかさずに行いましょう。
服を着替える際に日焼け止めを塗る習慣をつけると、塗り忘れがなく良いですよ。

また、肌の紫外線対策も大切ですが、意外と忘れがちになる髪にもUVケアをしましょう。
特にヘアカラーをしているとより紫外線の影響を受けやすいです。
髪にも使える日焼け止めスプレーやUVダメージを抑えるケア用品を活用しましょう。

紫外線対策は少しの油断が禁物です。
しっかりケアをしているのとしていないとでは、数年後の肌に違いが現れます。
綺麗な素肌を保つためにも、日々UVケアをしっかり行う習慣を身につけましょう♪

リンパを流すマッサージ

顔のむくみが気になったらリンパマッサージがおすすめです。
やり方はとても簡単で、自分でも行うことができます。

リンパマッサージのやり方

1.小指を鼻の脇にあて、顔を包み込み
2.ゆっくりと圧をかけるように押す
3.額は上に向かって軽く指で圧をかける
4.小鼻を軽く押し、耳下腺(耳の付け根辺り)を軽く押す
5.最後に、目の下から耳下腺・小鼻から耳下腺・フェイスラインから耳下腺まで指滑らすようにリンパを流す

実際にエステサロン等では機械を使いリンパを流しますが、手でも同様の効果を得ることができます。
圧をかける際に皮膚を擦らないように、クリームやオイルなどを付け滑りをよくしてから行いましょう。

スキンケアの最後にクリームを付けるときに行うと、手間がかからずマッサージできます。
リンパを流すことで、むくみもや疲れもスッキリ取れ、血流が良くなるのことで血色良く見えたり、小顔効果を得ることができます。

むくみ対策に足ツボマッサージ

足は「第二の心臓」と呼ばれているくらいツボの多い箇所となっています。
特に足の裏は全身のツボが点在しています。
美容に効果的なツボは、土踏まずの上の方にある副腎皮質ホルモンの分泌を促す「湧泉」というツボです。
副腎皮質ホルモンは、免疫抑制作用があり低下しているとターンオーバーが乱れ、皮脂の過剰分泌等の肌荒れを引き起こします。

また湧泉はむくみや疲労回復効果も期待できます。
ツボを押すときは、足先に押し出すイメージで痛気持ちの良い感覚で行いましょう。
お風呂上がりの身体が温まっている状態で行うと、より効果的です。
お風呂上がりのゆっくりしているときに、ツボを押す習慣をつけ身体をほぐしつつ美肌をつくっていきましょう。

こまめな水分補給

こまめに水分を摂ることも、是非習慣化しましょう。
目安としては1日1.5L~2Lの水を飲むといいでしょう。

こまめに水分補給を行うことで体の老廃物を排出するデトックス効果、代謝アップやむくみ解消、ダイエット効果などさまざまなメリットを得ることができます。
美容面でもとっても重要な水。こまめに飲む癖をつけるようにしましょう♪

美しい姿勢を意識

立っている時も座っている時も、歩いている時も、常に美しい姿勢を意識する習慣をつけましょう。
正しい姿勢を意識するだけで、周りからの印象は格段と違って見えます。
反対に、姿勢が悪いだけで暗い印象を与えてしまうことも・・・。

正しい姿勢歩くだけで脂肪が燃えやすくなったり、脂肪がつきづらくなったり、美容にアプローチできることばかりです♪
頭のてっぺんを糸で上から吊られているような意識で、美しい姿勢を保つように心がけましょう。

できるだけ湯船に浸かる

湯船に浸かることは美容において、とても重要なこと。
身体が温まることで血行が良くなり、新陳代謝が高まります。
血液循環がスムーズに行われると、身体全体に酸素や栄養がきちんと行き渡ることができます。
スムーズに酸素や栄養が行き渡ることで、美肌を保つことにも繋がります。

また、湯船に浸かることで浮力が働き、重力から解放され筋肉がほぐれる効果も期待できます。
湯船に浸かる際、保湿効果を高めたり、鎮静効果やうるおいをキープするタイプの入浴料を一緒に入れることで、より効率よく美容を取り入れることができますよ。

できるだけ笑顔で過ごす

笑顔で過ごすことも、是非美容のために習慣化していきましょう。
笑顔で過ごしていると表情筋が動き、「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンが分泌されます♪

また、常に笑顔でいる人は明るく好印象を人に与えます。
口角も上がり、表情筋も鍛えられるので、笑顔でいる習慣をつけるといいことづくしです♪

疲れていても洗顔とクレンジングは丁寧に

疲れてスキンケアが面倒な日も、必ずクレンジングと洗顔をする習慣をつけましょう。
メイクを落とさずに寝てしまうのは「顔に雑巾を乗せて寝ているのと同じ」と言われるくらいNGな行為。
疲れてスキンケアまで頑張れなかったとしても、絶対に洗顔とクレンジングをするようにしましょう。

ワンプッシュで泡が出てくる洗顔料やダブル洗顔不要なものなど、さまざまな洗顔が発売されています。
自分に合った洗顔を見つけて、必ずメイクを落として寝る習慣をつけてくださいね。

十分な睡眠をとる

睡眠を大切にするのも、美容にとっては必要な習慣のひとつ。
睡眠中にはアンチエイジングに欠かせないホルモンが分泌されます。
そのホルモンが分泌されることで代謝を促し、日頃肌に受けているダメージを修復してくれるのです。

睡眠時間をしっかりとることも大切ですが、質のいい睡眠をとることも大切。
自分に合った枕を選んだり部屋の明るさを調整するなど、ただ睡眠時間をとるだけではなく、睡眠の質を上げるようにしましょう♪

NGな美容習慣

いつも行なっている美容習慣が、実はNGな場合もあります。
当てはまる項目がないか見ていきましょう。

シャワーを顔に当てて洗顔

洗顔する際、シャワーを直接顔に当てて洗顔している方もいますよね。
一気に洗い流せてすすぎ残しもなく楽な方法ですが、今すぐやめましょう。

肌は思っているよりデリケートで、シャワーを顔に直接当てることでシャワーの水圧が肌に刺激となってしまいます。
また、お湯の温度が高すぎることで、肌に必要なうるおいを奪ってしまい乾燥や過剰な皮脂分泌の要因ともなります。
洗顔する際は必ず35度前後のぬるま湯で、洗面器などにぬるま湯をため、手ですくって洗う習慣にしましょう。

顔や体、髪を力強く洗う

顔や体は擦らない・髪を洗う際は髪は擦らず爪を立てずに指の腹を使うケアを徹底しましょう。
肌は擦ると刺激から守ろうとし、メラニン生成が発生すると言われています。
スキンケアを行うときの手の動きさえも刺激として認識されるので、注意しましょう。

髪は濡れている状態のとき、キューティクルが開いています。
キューティクルが開いている状態で髪同士を擦ってしまうと、痛みやパサつき・切れ毛の原因に・・・。
肌も髪も強く洗わずに、やさしくケアをすることを心がけましょう。

食事を抜く

毎日の食事には、ビタミン・ミネラル・たんぱく質等、美容に必要な栄養素が詰まっています。
食事を抜いてしまうと必要な栄養素が摂れなくなってしまい、良い肌や髪をつくることができなくなります。

いくら肌や髪を高価なアイテムでケアをしていても、食事からの栄養には勝てません。
人の体内ではつくることができない必須アミノ酸という栄養素もあり、ダイエットをしたい場合でも、食事を抜くことはおすすめできません。

また、油が肌に良くないと考え抜いてしまう方もいますが、油を抜くこともおすすめできません。
肌の細胞膜は油でできており、肌のバリア機能を維持しうるおいを保ちます。
オリーブオイルや亜麻仁油が肌や身体にも良いので、摂るようにしましょう。
ただ、油が酸化している揚げ物はなるべく控えることをおすすめします。
口に入るものと美容は繋がっているので、バランスの良い食事を取る習慣を行いましょう。

まとめ

今回は美容習慣について紹介しました。
綺麗を保つために、あれもこれもと取り入れたくなりますが無理は禁物です。
せっかく綺麗になるために行う美容も、できるなら楽しく続けたいですよね。
今回紹介したような簡単にできる美容法から無理のない範囲で取り入れ、習慣にしていきましょう。
毎日少しずつ積み重なった美容習慣が、いつの日か効果が現れる日が来ますよ!