エステティシャンはネイルNG!ネイルNGでも指先を美しく見せる方法

エステティシャンはネイルNG?

エステティシャンとはお客様の肌に直接触れて施術を行い、お客様の美のお手伝いをする仕事です。
そのため、エステティシャンにとって指先は命。
お客様の肌に触れる以上、細心の注意を払う必要があるので、エステティシャンのネイルを禁止しているサロンが多く見られます。

しかし、エステティシャンとして働きながらも、指先は美しくありたいもの。
意外と指先は見られています。

今回は、エステティシャンのネイルやハンドケアについて詳しく解説していきます。
この記事を読んで、ネイルがNGでも指先の美しいエスティシャンを目指してくださいね♪

エステティシャンはネイルNG?

エステティシャンはネイルNG?

おしゃれのひとつであるネイルですが、エステティシャンはネイルをしてもいいのでしょうか?
詳しく解説していきます。

エステティシャンは基本ネイルNG

エステティシャンは原則、ネイルはNGです。
サロンの中では毎日爪のチェックを行うサロンもあるくらい、エステティシャンのネイルに関しては厳しく基準を設けているサロンが多いです。
可愛いネイルをしているとなんだか嬉しい気持ちになりますが、エステティシャンとして働くならネイルは諦めましょう・・・。

では、なぜエステティシャンはネイルがNGなのでしょうか?
詳しく解説していきます。

エステティシャンのネイルがNGな理由

エステティシャンの仕事は、お客様の肌に直接触れることです。
そのため、エステティシャンの爪が長かったりネイルをしていると、お客様の肌を傷つけてしまうことがあります。
短めのジェルネイルだったとしても、ネイルの突起物などがお客様の肌に触れてしまい、肌を傷つけてしまう可能性も。
エステティシャンはお客様の肌を美しくする仕事なのに、ネイルをしていることでお客様の肌を傷つけてしまっては本末転倒です。

また、お客様に触れるエステティシャンの手は清潔でなければなりません。
エステティシャンの爪が長かったりネイルをしていると、爪の間に汚れが溜まってしまうので、決して清潔とは言えません。

清潔な手でお客様の施術に入れるよう、エステティシャンの方はネイルを諦めましょう。

⇨美容師のネイルについてはこちら♪

エステティシャンにおすすめのネイルケア

エステティシャンにおすすめのネイルケア

エステティシャンのネイルはNGですが、女性として指先はいつも美しくしていたいですよね。
ここからは、ネイルNGなエステティシャンにおすすめのネイルケアを紹介します。

意外と指先は見られているものです。
エステティシャンでネイルができなくても、指先は綺麗にしておきましょう♪

エステティシャンのネイルケア①爪の長さや形を整える

エステティシャンのネイルケアの第一は、まず爪の長さを整えること。
エステティシャンの爪の長さは、指先からはみ出ないように短く切っておきましょう。
爪の白い部分が見えない長さを目安にするといいでしょう。

しかし、爪を切りっぱなしにしていると爪が引っかかってしまい、お客様の肌を傷つけてしまう可能性があります。
切った部分や爪の両端が角にならないように、爪やすりで爪先の凹凸をなくすようにしましょう。

また、爪やすりを雑におこなってしまうと二枚爪になってしまうこともあるので、丁寧にやすりを使ってくださいね。
爪の長さをきちんと整えるだけで、ネイルができないエステティシャンの方の指先も美しく見えますよ♪

エステティシャンのネイルケア②甘皮処理をして指先を美しく

エステティシャンはネイルがNGでも、指先は意外と見られているので美しい指先にしておきたいですよね。
エステティシャンでも指先の美しさを追求するなら、爪の甘皮処理を行うようにしましょう。

甘皮とは、爪の根元の薄い皮膚の部分のことです。
「ルーススキン」とも呼ばれ、甘皮をそのままにしておくと、乾燥やささくれの原因になることもあります。

甘皮はそのままでは乾燥していて硬く処理しづらいので、お風呂上がりや指先をふやかしてから処理するのがおすすめ♪
爪にオイルを塗り、綿棒で爪の生え際をくるくると小さく円を描くようになぞると、簡単に甘皮を処理することができます。

また、甘皮処理をした後は乾燥しやすくなっているので、保湿ケアも忘れずに行うようにしましょう♪
甘皮を処理することで爪が長く見え、ネイルができないエステティシャンでも美しい爪を手に入れられます♡

エステティシャンのネイルケア③爪の表面を磨く

エステティシャンでネイルができなくても指先を美しく見せるなら、爪の長さを整え、甘皮処理をしたら、最後に表面を磨きましょう。
爪の凹凸が消えて自然なツヤが出ると、ネイルができないエステティシャンでも指先が美しく見えます。

爪を磨く時のポイントは、爪やすりを段階ごとに変えること。
はじめは目の粗い爪やすりで磨き、次に目が細かいものを使うと綺麗に仕上がります。
爪の表面に爪やすりをしっかり密着させながら、場所や角度を変えつつ左右に往復するように丁寧に磨きましょう。

爪やすりの端を上手に使うと、爪の端まできちんと磨き上げることができます。
爪の表面が磨かれると、指先がとても綺麗に見えるのでおすすめです♪

脱毛サロンならエステティシャンでもネイルOKの場所もある

脱毛サロンならネイルOKの場所もある

エステティシャンはネイルNGと紹介しましたが、脱毛サロンのような素手をあまり使わず、器具で施術を行うサロンは、エステティシャンでもネイルOKの場合があります♪
脱毛の際につかうジェルも、衛生面を考慮して手袋を着用することが多いため、脱毛サロンではエステティシャンがネイルをしていても施術に支障をきたすことがないからだと考えられます。

また、エステサロンの受付やカウンセリングのみの担当であれば、ネイルを許可されているサロンもあります。
ネイルをしながらエステサロンで働くこともできるので、ネイルをしたいエステティシャンの方は是非参考にしてみてくださいね。

ネイルOKのサロンでエステティシャンが気を付けるポイント

エステティシャンのネイルOKのサロンとはいえ、規定がある場合もあります。
その場合はお客様のことを第一に考えて、爪の長さは短めに、奇抜な色やアートネイルは避け、シンプルで目立たないデザインのネイルをするようにしましょう。

また、ネイルが伸びていたり、欠けたり色が剥げてしまっていると美しいとはいえません。
お客様を美しくするのが仕事であるエステティシャンだからこそ、指先は念入りにチェックするようにしましょう。

エステティシャンでネイルができなくても、指先は美しく!

エステティシャンでネイルができなくても、指先は美しく!

今回は、エステティシャンのネイルやハンドケアについて紹介しました。
エステティシャンはお客様の美のお手伝いをする仕事なので、エステティシャン自身も美しくある必要があります。

しかし、エステティシャンはお客様の肌に直接触れるため、指先にはさまざまな規定が定められています。
決められた規定の範囲内で美しく見える指先を目指し、お客様に満足していただけるエステティシャンを目指しましょう♪

⇨エステティシャンの髪型についてはこちら♪