エステティシャンがネイルNGでも指先を美しく見せる方法紹介!

エステティシャンはネイルNG?

エステティシャンとはお客様の肌に直接触れて施術を行い、お客様の美のお手伝いをする仕事です。
そのためエステティシャンにとって指先は命。細心の注意を払う必要があります。
今回はエステティシャンのネイルやハンドケアについて詳しく解説していきます。
この記事を読んで、お客様に満足していただけるエステティシャンを目指しましょう。

エステティシャンはネイルNG?

おしゃれのひとつであるネイルですが、エステティシャンはネイルをしてもいいのでしょうか?詳しく解説していきます。

エステティシャンはネイルNG

エステティシャンは原則ネイルはNGです。
サロンの中では毎日爪のチェックを行うサロンもあるくらい、エステティシャンの爪に関しては厳しく基準を設けているサロンが多いです。
可愛いネイルをしているとなんだか嬉しい気持ちになりますが、エステティシャンとして働くならネイルは諦めましょう。
最近はネイルチップやマニキュアなど休みの日だけ楽しめるネイルもあるので、ネイルは休みの日だけ楽しむようにしましょう。

ではなぜエステティシャンはネイルがNGなのでしょうか?
詳しく解説していきます。

エステティシャンのネイルがNGな理由

エステティシャンの仕事は、お客様の肌に直接触れることです。
そのため、エステティシャンの爪が長かったりネイルをしていると、お客様の肌を傷つけてしまうことがあるのです。
短めのジェルネイルだったとしても、ネイルの突起物などがお客様の肌に触れてしまい、肌を傷つけてしまう可能性があります。

また、お客様に触れる手は清潔でなければなりません。
爪が長かったりネイルをしていると爪の間に汚れが溜まってしまうので、決して清潔とは言えません。
爪は短く、清潔にしておくようにしましょう。

⇨美容師のネイルについてはこちら♪

エステティシャンは指輪も原則NG

ネイルと併せて、指輪も原則NGとなっているサロンが多いです。
お客様の肌に直接触れる仕事なので、お客様の肌を傷つけない様に配慮するためです。
また、衛生面的にもよく思わないお客様もいらっしゃるので、原則外しておいた方がいいと言えます。

エステティシャンにおすすめのネイルケア

ここからはネイルNGなエステティシャンにおすすめのネイルケアを紹介します。
意外と指先は見られているものです。
ネイルができなくても指先は綺麗にしておきましょう。

爪の長さや形を整える

まず、爪の長さは指先からはみ出ないように短く切っておきましょう。
爪の白い部分が見えない長さを目安にします。

この時、爪を切りっぱなしにしていると爪が引っかかってしまい、お客様の肌を傷つけてしまう可能性があります。
切った部分や爪の両端が角にならないように爪やすりで爪先の凹凸をなくすようにしましょう。
爪やすりを雑におこなってしまうと二枚爪になってしまうこともあるので、丁寧に使うようにしましょう。

甘皮処理をして指先を美しく

指先は意外と見られているので、美しい爪にしておきたいですよね。
指先の美しさを追求するなら甘皮処理を行うようにしましょう。

甘皮とは爪の根元の薄い皮膚の部分のことです。
「ルーススキン」とも呼ばれ、甘皮をそのままにしておくと乾燥やささくれの原因になることもあります。

甘皮はそのままでは乾燥していて硬いので、お風呂上がりや指先をふやかしてから処理するようにしましょう。
爪にオイルを塗り、綿棒で爪の生え際をくるくると小さく円を描くようになぞると簡単に甘皮を処理することができます。
また、甘皮処理をした後は乾燥しやすくなっているので、保湿ケアも忘れずに行うようにしましょう。

爪の表面を磨く

爪の長さを整え、甘皮処理をしたら最後に表面を磨きましょう。
爪の凹凸が消えて自然なツヤが出ると指先が美しく見えます。

爪を磨く時のポイントは、爪やすりを段階ごとに変えることです。
はじめは目の粗いもので磨き、次に目が細かいものを使うと綺麗に仕上がります。
爪の表面に爪やすりをしっかり密着させながら、場所や角度を変えつつ左右に往復するように丁寧に磨きましょう。
爪やすりの端を上手に使うと、爪の端まできちんと磨き上げることができます。
爪の表面が磨かれると、指先がとても綺麗に見えるのでおすすめです。

エステティシャンはハンドケアも大切

エステティシャンは基本的にネイルはNGですが、ハンドケアはとても大切です。エステティシャンのハンドケアについて紹介していきます。

手荒れするとお客様の肌を傷つけてしまうかも

エステティシャンはお客様の肌に直接触れるので、手荒れしたりささくれができていたりするとお客様の肌を傷つけてしまう可能性があります。
そのため、エステティシャンの手荒れは絶対に防ぐ必要があります。

しかし、エステティシャンはお客様の肌に触れるからこそ手の清潔を保つためにこまめに手洗いや消毒をしたり、水仕事も多く手荒れしやすい環境にあります。
水仕事をする際はゴム手袋をつけて作業を行ったり、消毒も肌に優しいタイプのものを選ぶようにしましょう。
新型コロナウイルスの感染拡大により、消毒液にもさまざまな種類が揃うようになりました。
赤ちゃんや敏感肌の方でも使える消毒がありますので、自分にあったものを見つけて手荒れを防ぐようにしましょう。

ハンドクリームで保湿ケア

手が乾燥しているとひび割れや炎症が起きたり、湿疹にもつながってしまいます。
また、乾燥してガサガサした手でお客様の肌に触れると、お客様の肌を傷つけてしまう可能性があります。
そのためエステティシャンの方は毎日の保湿ケアがとても重要です。
洗顔同様、手を洗ったあとに保湿をするように習慣づけたり、ハンドクリームを塗ったあとにベタつくのが気になる方は手袋をするなど工夫して保湿ケアを行いましょう。
常にハンドクリームを持ち歩くようにするといつでも保湿ケアができて便利です。
自分に合う保湿ケアを見つけて、保湿ケアを怠ることがないようにしましょう。

ハンドクリームを選ぶ際はセラミドや尿素などの保湿成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。
また、お客様の施術に入る前のハンドケアは、香りがついていないもので行うといいでしょう。

角質ケアも忘れずに

エステティシャンの方は手の保湿ケア以外に、角質ケアも必要です。
「角質ケア」というと足や顔の角質を想像しますが、実は指先にも角質が溜まっています。

指先は携帯やパソコンを触る時も、家事や力仕事をするときも酷使しがちなパーツです。
このような作業は刺激となってしまい、それにターンオーバーの乱れなどの内部要因が合わさると、本来ならアカとなって剥がれ落ちるはずの指先の古い角質が溜まってしまうのです。

そのため、かかとの角質オフクリームやお風呂でケアをして指先の角質もケアするようにしましょう。
やすりなどを使うのもいいでしょう。
保湿ケアに加えて角質ケアもおこなうことで、お客様にご満足いただけるソフトな指触りを与えることができます。

脱毛サロンならネイルOKの場所もある

ここまでエステティシャンはネイルNGと紹介しましたが、脱毛サロンのような素手をあまり使わず、器具で施術を行うサロンはネイルOKの場合があります。
脱毛の際につかうジェルも衛生面を考慮して手袋を着用することが多いため、脱毛サロンではネイルをしていても施術に支障をきたすことがないからだと考えられます。
また、エステサロンの受付やカウンセリングのみの担当であればネイルを許可されているサロンもあります。
ネイルをしながらエステサロンで働くこともできるので、参考にしてみてくださいね。

ネイルOKのサロンで気を付けるポイント

ネイルOKのサロンとはいえ、規定がある場合もあります。
お客様のことを第一に考えて、爪の長さは短めに、奇抜な色やアートネイルは避けた方がいいでしょう。
シンプルで目立たないデザインのネイルをするようにしましょう。
また、ネイルが伸びていたり、欠けたり色が剥げてしまっていると美しいとはいえないので、チェックするようにしましょう。

まとめ

今回はエステティシャンのネイルやハンドケアについて紹介しました。
エステティシャンはお客様の美のお手伝いをする仕事なので、自分自身も美しくある必要があります。
しかしエステティシャンはお客様の肌に直接触れるため指先にはさまざまな規定が定められています。
決められた規定の範囲内で美しく見える指先を目指し、お客様に満足していただけるエステティシャンを目指しましょう。

⇨エステティシャンの髪型についてはこちら♪