看護師は仕事中のカラコンはOK?病院でもOKなカラコンの選び方!

看護師の仕事でカラコンはOK?

自分の顔の印象を変えたい時に、目の周辺をオシャレにしたい人は少なくありません。
その中で病院で働く看護師さんは、装着して仕事を行うことができるのでしょうか。
看護師が仕事でカラコンを着ける際のメリットやデメリットを紹介します。

看護師はカラコンをしてもいいの?

看護師のカラコン装着については、各自の社会人としての判断で決めていく状況です。
全国的に看護師に対してカラコン装着禁止といった規則を講じている病院は少なくいですが、身だしなみの一つと考えられているので、自分で判断できないこともあります。

病院に似つかわしくない状態にならなければ、基本的にはOKです。
しかし規則によって装着が禁止されている時には、それに従いましょう。
派手なものにならないよう注意しながら選び、仕事に活用できるカラコンを購入するようにしましょう。

病院でもOKなカラコンの選び方

看護師は身だしなみを厳しくチェックされることもあるので、しっかりと色合いやサイズなどを職場でも問題ないものを選ばなければなりません。
昨今、職場でも目立たないナチュラルなカラコンも増えています。
目元を適度に際立たせながら、失礼のない色合いを選択しましょう。

色以外にも、フチがどのようなデザインになっているかチェックしましょう。
レンズの最も外側に入っているラインがフチで、輪郭が装着するとくっきり見えるものもあればクリっと丸みを帯びるものもあります。
ぼかしているデザインもあり、日頃から違和感を感じずに装着することができます。

カラコンのサイズ

カラコンの着色直径は14mmよりも小さいものをチェックしましょう。
看護師の仕事を行う上では、13.5mm程度のカラコンを選ぶのが理想的です。
看護師の仕事において、14mm以上のサイズを選択すると目元が派手になりすぎてしまい、職場にそぐわないこともあります。

裸眼に近いサイズのカラコンを選べば、変に目立つことはありません。
日本人は平均で13mm程度の黒目をしているので、それに見合ったカラコンを選択するといいでしょう。

カラコンの色

看護師の仕事で失礼のないカラコンの色として、より黒目に近い黒や茶色といった落ち着いた色を選択しましょう。濃い色だと瞳もはっきりと見えるため、目が全体的に大きく見えます。
しかし看護師の仕事において濃い色は時折派手な印象を与えてしまいます。
目の質感もなくなることがあり、職場では怖い印象を与えてしまうこともあるので、このようなカラコンは極力選ばず、ナチュラルな色合いを選択しましょう。

病院でカラコンをつける時の注意点

看護師の仕事では目にダメージを与えないようにしましょう。
粗悪品のカラコンだと、仕事中に徐々にダメージが入ってしまうことがあります。
看護師の仕事はカルテなどをチェックすることもあり、視力が悪くなると仕事に支障をきたすこともあります。
厚生労働省が認可しているものであれば高度医療機器承認番号があり、厚さや酸素透過率などの基準をクリアしています。
選ぶ時には高度医療機器承認番号をチェックするといいでしょう。

またカラコンに度がなくても、眼科へ定期的に通って検査を受けましょう。
知らない間に目にダメージを与えていることもあり、眼精疲労などを引き起こすこともあります。特に夜勤が入ると、仮眠によって目が乾燥することも増えます。
コンタクトレンズを装着したまま寝ると目にダメージを与えるので、夜勤で利用した時には日中は外すなど対策を講じる必要があります。
また夜勤中のカラコンも、極力目を配慮してソフトレンズを装着しましょう。

まとめ

看護師の仕事は日夜問わず行うので、仕事に支障がない範囲の色合いでカラコンを選択しましょう。
また夜勤など常に装着する時には、しっかりとケアを行う時間を作りましょう。
目にダメージが入り続けることがないように注意しながら、看護師の仕事をこなしていきましょう。

⇒看護師さんのマツエクについて詳しく知りたい方はこちら