シートマスクの効果とは?シートマスクの効果的な使い方も紹介!

シートマスクの効果的な使い方は?NGな使い方も解説

デイリーケアからスペシャルケアまで、さまざまな場面で活躍してくれるシートマスク。

気軽に保湿ケアができるアイテムですが、シートマスクを使うことで期待できる効果はどんなものがあるのでしょうか。
また、シートマスクは毎日使っても大丈夫なの?といった疑問を持っている方も多いと思います。

そこで今回は、シートマスクの効果や効果を高める使い方、シートマスクのNGな使い方を紹介します。
効果的なシートマスクの使い方をマスターして、すっぴん美人を目指しましょう!

シートマスクの効果とは?

シートマスクの効果とは?

シートマスクに期待できる1番の効果は、「保湿」です。
保湿ケアとして、化粧水や美容液を日常的に使っている方は多いと思いますが、手の平でのスキンケアでは保湿が十分ではない可能性も。
化粧水や美容液は顔に浸透する前に蒸発してしまったり、手の平ばかりに浸透してしまうことも。
シートマスクを使えば、化粧水や美容液だけでは足りない水分を補う効果が期待できます。

また、シートマスクには美容成分が化粧水よりも多く入っていることが多いです。
日々の保湿だけでなく、乾燥しやすい季節の変わり目や日焼けのあと・特別な日のスペシャルケアとしてもシートマスクが効果を発揮します。

▶︎女磨きの方法についてはこちら

シートマスクの効果的な使用頻度とは?

シートマスクの効果的な使用頻度とは?

「肌が慣れてしまうから特別な日のみ使用するべき」
「効き目がありすぎて逆に肌が荒れてしまう」
シートマスクに関する、こんな噂を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

実際どうなの?と気になる方も少なくないと思いますが、結論から言うと、シートマスクは毎日使用しても問題ありません。
しかし、どんなシートマスクでも毎日使用してOKというわけではないのです。

シートマスクを毎日使用したい場合は、毎日使うことを前提としているものや低刺激のものがベスト。美容成分がたっぷり含まれているものは肌への刺激が強すぎる可能性もあるので注意が必要です。

シートマスクを効果的に使用するためには、パッケージの裏に記載のあるおすすめの使用頻度を参考にするようにしましょう。

シートマスクの効果的な使い方

シートマスクの効果的な使い方

ここからは、シートマスクの効果的な使い方について具体的にご紹介します。
シートマスクの効果を十分に感じるためには、是非参考にしてくださいね。

シートマスクの効果的な使い方①使用時間を守る

シートマスクを効果的に使うためには、使用時間を守ることが大切です。

シートマスクが肌に密着している時間が長ければ長いほど効果がある、と勘違いしてしまいがちですが、それは間違い。
目安時間を大幅に超えるとシートマスクが乾燥してしまい、肌にうるおいを与えるどころか逆に肌の水分を吸い取ってしまうことも。

使用時間が5分のものもあれば、20分のシートマスクもあります。
ほとんどのシートマスクは使用目安時間がパッケージに記載されていますので、必ず守るようにしましょう。

シートマスクの効果的な使い方②お風呂上がりに使う

シートマスクを効果的に使うタイミングは、お風呂上がりがおすすめ。

お風呂上がりは血行が良くなり、毛穴がしっかり開いてる状態。
言い換えれば、肌が水分や美容成分が浸透しやすくなっている状態です。
お風呂上がりは、メイクや皮脂汚れによる肌の汚れも落ちています。

1日の汚れをすっきりオフして、毛穴も開いている状態でシートマスクを使用すれば、美容成分がしっかりと肌に浸透すること効果が期待できますよ。

シートマスクの効果的な使い方③特別な日の朝に使う

シートマスクは夜にしか使ってはいけないというわけではありません。
早起きして時間に余裕がある日の朝や特別な日の朝も、シートマスクを使用することで効果を得られます。
メイク前にシートマスクでしっかり保湿を行うと、1日中うるおいが保てるだけでなく、メイクノリもいつもより良くなります。

また、朝にシートマスクを使うときは蒸しタオルを使って顔を温めてから使うのがおすすめ。
毛穴が開いて美容成分が浸透しやすい状態なので、より効果的にシートマスクを使用することができます。

▶︎スキンケアの効果についてはこちら

シートマスクのNGな使い方

シートマスクのNGな使い方

ここでは、シートマスクのNGな使い方を紹介します。
ついついやってしまいがちな失敗もあるので、ぜひチェックしてシートマスクの使い方を見直して、より効果的にシートマスクを使用するようにしてくださいね。

シートマスクのNGな使い方①時短のためにお風呂の中で使う

「シートマスクはお風呂後の使用がおすすめなのに、お風呂の中はダメなの?」と思う方も多いと思いますが、シートマスクはお風呂の中での使用は基本的にはNGです。

お風呂中は毛穴が開いているので美容成分が浸透しやすいと思いがちですが、むしろ汗と一緒に流れ出ていってしまう可能性も。
また、シートマスクが肌に密着しているせいで汗が止まってしまい、毛穴詰まりの原因になってしまうtこともあります。

シートマスクを効果的に使うためには、お風呂の中ではなくお風呂上がりにボディケアやヘアケアをしている間に行うようにしましょう。

シートマスクのNGな使い方②冷蔵庫で冷やす

夏によくやってしまいがちですが、シートマスクを冷蔵庫で冷やしてから使用するのはNG。
夏の暑い時期やお風呂上がりに、ひんやり冷えたシートマスクを使いたいという方多いですが、実はシートマスクの効果を無駄にしている可能性があります。

シートマスクは、肌に密着させることでじっくりと美容成分を浸透させるスキンケアアイテムです。
しかし、冷えたシートマスクを肌に乗せると毛穴が一気に閉じてしまい、浸透する隙間がなくなってしまいます。
シートマスクを効果的に使用するためには、常温で保管するようにしてくださいね。

シートマスクのNGな使い方③毛穴パックを毎日使う

シートマスクの中でも、毛穴の悩みに特化した製品はたくさん販売されています。
しかし、シートマスクの効果を早く実感したいからといって、毎日のように使ってしまうのはNG。

毛穴ケアの商品はものによっては肌への負担が大きすぎるものもあります。
週に1〜2回の使用を目安にしたものがほとんどなので、シートマスクの効果をしっかり感じるためにも、やりすぎには注意しましょう。

また、毛穴ケアの後はいつもより肌が敏感になっていることが多いので、念入りにスキンケアを行うようにしてくださいね。

シートマスクの効果を実感するためには正しく使うことが大切

シートマスクの効果を実感するためには正しく使うことが大切

シートマスクは、日々のデイリーケアから特別な日のスペシャルケアまで幅広い場面で活躍する、優秀なスキンケアアイテムです。

しかし、正しい使い方をしないとシートマスクの効果を実感できないどころか、かえって肌の負担になってしまうこともあります。
シートマスクを効果的に使用するためには、「使用時間を守る」「お風呂上がりに使う」ことが大切です。
特別な日には朝にシートマスクを使用することで、メイクノリも良くなります。
シートマスクの効果的な使い方やNGな使い方をしっかりチェックして、理想の肌を目指しましょう!