化粧水の使用期限守っている?使用期限と正しい保管方法について紹介

エイジングケアはいつからすべき?正しいエイジングケアをしよう!

普段使用している方も多い化粧水。
使用期限が分からず、いつ開封したものなのか分からない化粧水を使っていませんか?
実は化粧水は開封前と開封後で、使用期限が異なります。
開封前・開封後でも正しい保管方法や使い方によって、きちんと安全に品質を保つことが可能となります。
今回は、化粧水の使用期限と正しい保管方法について紹介します。

化粧水の使用期限は開封前後で変わる

化粧水は開封前後で使用期限が変わります。
それぞれ見ていきましょう。

開封前の化粧水の使用期限

開封前の化粧水の使用期限は、製造日から約3年です。
購入日からではないので注意しましょう。
ただ、開封前であっても使用期限が決められている化粧水は、メーカーの指示に従いましょう。
開封前の化粧水は、酸化や雑菌の繁殖は起こりにくく、品質が保たれている状態です。
しかし、開封前であってもだんだんと品質は劣化していきます。
使用期限が3年あると言っても、ストックとしてあまり長い間保管しておくのはあまり好ましくありません。
開封前であっても温度変化の激しい場所や高温多湿な場所での保管は避けましょう。

開封後の化粧水の使用期限

開封後の化粧水の使用期限は、約3ヶ月ほどです。
化粧水には品質を保つために防腐剤が配合されていますが、無添加処方の場合だと入っていない化粧水もあり、その場合の使用期限は1.2ヶ月ほどとなっています。
化粧水は開封すると、目には見えなくても空気に触れることで徐々に酸化していき、雑菌の繁殖が起こり得る場合もあり劣化していきます。
大体の化粧水の容量は150ml前後のものが多く、毎日使用していると使用期限の3ヶ月ほどで使い切れる場合が多いです。
しかし、朝晩や季節によって使い分けている場合は注意が必要です。
使い分けている場合でも、使用期限のことを考え使うようにしましょう。

化粧水以外のスキンケアアイテムも同じ

乳液やクリーム等化粧水以外でも、スキンケアアイテムには使用期限があります。
基本の使用期限は化粧水と同じです。
どんなスキンケアアイテムでも、開封後は早めに使い切ることがベスト。

サンプルとして試すことができる、パウチタイプとなっているものを保管している方も多いですよね。
パウチタイプは現品と比べると、簡易的なつくりとなっているため使用期限は遥かに短いので、早めに使いましょう。
また、パウチタイプは1回分の容量なので、もったいない・量が多いという理由で回数を分けて使わずに、1回で使い切ることが好ましいです。

化粧水の使用期限が記載されていない理由

化粧水は使用期限があるのに、なぜ使用期限が記載されていないのか気になる方もいるでしょう。
医薬品医療機器等法では、輸入・製造後3年を経過しても性状及び品質が安定であると考えられるものについては使用期限の記載が不要となっています。
なので化粧水に使用期限が書かれていないということは、安全がきちんと確保されていることとなり、使用期限の表示は記載されていません。
ただ、防腐剤が配合されていない無添加処方の化粧水は、開封した際日付を記載する部分があります。
その場合は忘れずに記入をし、期日までに使い切るようにしましょう。

化粧水を長く使うためには

化粧水に使用期限があることは分かりましたが、保管場所や使用方法を間違えていると、使用期限前でも化粧水の品質が劣化する恐れがあります。
正しい保管場所・使用方法について見ていきましょう。
普段何気なく行なっていることが、化粧水の劣化に繋がっているかもしれません。

直射日光の当たらない場所で保管

化粧水に直射日光が長時間当たっている状況だと、中身が変質・変色等の変化が起こり、成分まで変化し本来の化粧水による効果を得られなくなる可能性があります。
化粧水のボトルの容器によっては、凹みができてしまうなどの変化もあり危険です。
開封前でも後でも、直射日光を避け冷暗所での保管が望ましいです。

温度差の少ない場所で保管

化粧水は温度変化に弱いので気をつけましょう。
特に高温多湿な場所は、雑菌が繁殖しやすい条件でもあります。
お風呂場の近くや湿気が多くなりやすい洗面所での保管は注意が必要です。
洗面所に化粧水を保管したい場合、洗面台に備え付けられている棚ではなく、別の棚やワゴンを用意して保管するなど工夫をしましょう。
また、気温が高くなると冷蔵庫での保管が安全と考える方もいますが、冷蔵庫からの出し入れにより温度変化が起こり、劣化しやすくなります。
化粧水の販売メーカーによっても違いますが、大抵は常温保管で問題ありません。

使用後は必ず蓋を閉める

化粧水は空気に触れることで酸化し、劣化が早まります。
品質をきちんと保つためにも、使用後は必ず蓋を閉めましょう。
容器の注ぎ口の周りに化粧水が付いて残っていたり、きちんと蓋が閉まらなかったりすると、残っている化粧水が蓋に付着しそこから酸化が始まる可能性もあります。
清潔に使うために注ぎ口が汚れている場合は、きちんと拭いてから蓋をするように心がけましょう。

清潔な手で使用する

パッと見分からなくても、手には雑菌が付着しています。
その手で化粧水を付けてしまうと肌トラブルの原因になりかねません。
また、手から化粧水の中身に雑菌が入り、繁殖する危険性もあります。
化粧水を付ける際は、石けんで手を洗い清潔な手で使用しましょう。

化粧水を使い切る目安は3ヶ月

化粧水を使い切る目安は約3ヶ月なので、きちんと守りましょう。
ただし、化粧水に以下の変化が見られる場合は、3ヶ月以内であっても使用をやめましょう。
・変色している
・香りが違う
・テクスチャーの変化
・分離している
劣化している状態の化粧水を使用していても、十分な化粧水の効果を得られず、痒みやかぶれ等の肌トラブルに繋がる可能性もあります。
また、化粧水を3ヶ月で使いきれなかった場合、そのまま使用し続けていると、化粧水が酸化し活性酸素が発生することで、肌の乾燥やシワを促進させたりなど肌の老化の原因にもなってしまいます。
肌の老化を促進させないためにも、必ず3ヶ月以内で使い切りましょう。

まとめ

化粧水は使用期限が書いていない場合、開封前は約3年・開封後は約3ヶ月となります。
使用期限が切れいるものや使用期限前でも劣化した化粧水を使用し続けていると、肌トラブルの原因となります。
化粧水は日々劣化しており、保管場所や使用方法でも化粧水の品質は変わってきます。
化粧水を安全に長く使うためにも、使用期限を守り保管場所や使用方法にも気をつけましょう。