【注目】太れない女性は何がいけない?原因と改善方法を徹底解説!

【注目】太れない女性は何がいけない?原因と改善方法を徹底解説!

多くの女性が「痩せたい・ダイエットをしたい」と努力している反面、逆に「太りたい」と悩んでいる女性も多いです。
羨ましい悩みのように聞こえますが、痩せすぎていると健康的に見えない・綺麗に服を着こなせない・体力がないなど、さまざまな悩みが出てきます。
体重を増やしたいのになかなか増えない原因はいくつかあります。
ポイントを掴み、正しい改善方法で体重を増やすことで、健康的な体型を手に入れることができます。
今回は、太れない女性の原因と改善方法について紹介します。

太れない女性の原因

元々の体質もありますが、太れない女性は他にも問題がいくつかあります。
改善する前に、まずはなぜ太れないのか原因について紹介します。

食生活の習慣

まず太る努力をするために、たくさん食べる・脂っこいものやジャンクフードなどカロリーが高そうな食事を選んで食べている方も多いですよね。
ですが、たくさん食べる=カロリーが増えるというわけではありません。
そしてこれらの食事は一見カロリー摂取が高いように見えますが、偏った食生活に加えカロリーだけを見ると栄養素はほぼありません。
栄養のあるバランスの良い食事をしていないと、栄養素が送られず腸への刺激が少なくなります。
すると栄養素の吸収を担っている絨毛と呼ばれる突起が少なくなってしまい、消化した栄養素を十分に吸収することができなくなってしまいます。
ジャンクフードばかりの食事だと栄養は取れないのに、脂肪だけが溜まりお腹だけ出ている体型になってしまう可能性があります。
また、消化活動はフルマラソン完走と同じくらいのエネルギーを消費すると言われています。
偏った食生活では栄養素がきちんと確保されずそのまま排出されてしまい、太るために食べているのにあまり意味がありません。
ダイエットの場合、摂取カロリーより消費カロリーが上回っていないといけませんが、太るにはその逆です。
消費カロリーより摂取カロリーが大きければ、体重は増えていくでしょう。

遺伝による体質

遺伝により痩せやすいということはありますが、決して太れないということではありません。
遺伝には脂肪細胞が関係しています。
脂肪細胞は、皮下や内臓に消費されずに残ったエネルギーを蓄積する白色脂肪細胞と、脂肪を燃焼し熱に変える褐色脂肪細胞の2種類があります。
褐色脂肪細胞は成人になるにつれ減少していきます。量の違いは遺伝により、成人してからは増えません。
脂肪細胞が増えるのは胎児期・幼児期・思春期のみとなります。
この時期に栄養素をたくさん取っていると、脂肪細胞が増え太りやすい結果となります。
しかし、大人になってからでも努力次第で、多少太りにくいということはあっても十分に体重を増やすことができ、体型を変えることができますよ。

運動不足による筋肉の減少

太りたいためにエネルギー消費したくないからといって運動不足になっていませんか?
実は運動不足は太れない要因となります。
筋肉の量は、筋肉を構成するタンパク質の代謝によって決まります。
筋肉量は成長につれ増えていきますが、20歳を過ぎると少しずつ減少していきます。
30〜50代にあまり運動をしないで過ごしてしまうと、急激に筋肉量が減少する場合もあります。
筋肉量の低下は、歩行が難しくなったり病気にかかるなど、将来の健康リスクが高いです。
また、運動不足により悪玉菌が増殖し、胃腸の消化機能が衰える可能性があります。
デスクワークや在宅勤務など、日頃あまり運動をしない女性は意識して運動を取り入れましょう。

ストレスを抱え込んでいる

ストレスを受けることでたくさん食べてしまう方もいますが、食べることができずに痩せてしまう方もいます。
人はストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れ、食欲不振や内臓機能の低下などの症状が現れる場合があります。
ひどい場合には、日本人によく起こる疾患でもある「過敏性腸症候群」となり、下痢や便秘を引き起こしてしまいます。
下痢や便秘の症状が出ると食欲が湧かず、自然と食べることをやめたり排出量が多くなり、体重減少に繋がります。
自分では気が付かないうちに、ストレスが溜まっている場合もあります。
身体に変化が出る前に、好きなことやリフレッシュできることを行い、なるべくストレスを抱え込まないようにしましょう。

太れない女性の特徴

太れない女性にはいくつかの特徴があります。
・食事の量が少ない
そもそも食事の量が少ない場合があります。
普段から食べないので人よりもすぐにお腹がいっぱいになります。
余分な栄養素を溜め込まずにエネルギー消費されるので、痩せている傾向があります。
また、食べる量が少ないと筋肉量が少ない傾向となります。
これは筋肉をつくる材料となるタンパク質が足りていないことが原因です。
よって筋肉が付かず、痩せて見えてしまいます。

・美意識が高い
元々痩せている体型の方は、体型維持や見た目に気を配る方が多く、美意識が高い方が多いです。
普段の食事は味の濃い食べ物を好まず、健康的な食事を好む場合が多いです。
間食もほぼしないので、食事面で太る要因があまりないことが特徴的となります。

・骨格が華奢
太れない女性の多くは、手首や足首が細く、肩幅は狭く全体的に身体が薄い体型となっています。
脂肪が付きにくく、筋肉もあまりありません。
華奢な体型は羨ましがられる一方で、身体は細いですが胸やお尻の肉付きが良くなく、女性特有のラインが綺麗に出ないことが悩みのタネになっている方が多いです。

・女性ホルモンの低下
太れない女性の中には、女性特有の身体付きをつくる卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌が低下していることも考えられます。
太ろうとカロリーばかり重視した栄養素に偏りがある食生活を続けていると、卵巣の機能が衰えてしまう危険性があります。
きちんと栄養バランスの良い食事を摂り、エストロゲンの分泌を増やすことができれば脂肪がつきやすく、ふっくらとした色気のある身体付きを目指すことができます。
そもそも30代後半からエストロゲンは減り始めてしまうので、エストロゲンに似たイソフラボンを含む食品を取るなど、工夫をした食事を心がけると良いでしょう。

体質改善方法

太れない女性は、食生活の改善と筋肉をつける体質改善を行いましょう。
元々痩せ体型であっても、脂肪と筋肉をバランス良くつけることが重要です。
すぐに効果が出るわけではありませんが、コツコツ努力して理想の健康的な体型を目指しましょう。

食生活の改善

毎日の食事を、消費カロリーより摂取カロリーが多くなるような食生活に改善しましょう。
ですが、ただカロリーを摂る・脂肪をつければ良いというわけではありません。
身体を動かすエネルギー源でもある、炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素を含む食品を取り入れ、栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。
特に脂質は高エネルギー源であるとともに、高カロリーなので摂取カロリーを増やすことができます。
ただし、脂質は魚・オリーブオイル・アマニ油・エゴマ油・ナッツ類などの良質な脂を摂りましょう。
カロリーを摂りつつ、身体に害のある悪玉コレステロールを抑える効果を得ることができ、健康にも良いです。
タンパク質は身体のベースを整え、筋肉をつくる上でも重要な栄養素となります。
タンパク質は、肉・魚・乳製品・大豆製品に多く含まれています。なるべく毎日摂るように意識して食べるようにしましょう。
また、三大栄養素とともにビタミン・ミネラルを摂取することも大切です。
ビタミンやミネラルはエネルギー源にはなりませんが、糖質・脂質・タンパク質の合成や吸収促進に役立つ栄養素となります。
栄養バランスの良い食事は、健康的な見た目になるだけでなく肌にも良いです。
健康的に太りつつ、肌改善も一緒にできますよ。

食事だけでは摂取カロリーを多く取るのに限度があります。
また、たくさん食べることが苦手という方は、プロテインを併用することがおすすめです。
プロテインはタンパク質を手軽に取ることができます。
プロテインにもさまざまな種類がありますが、太りたい場合は牛乳を原料としたホエイプロテインがおすすめです。

タンパク質は一度にたくさん摂取するよりも、こまめに摂取する方が効率的です。
一度にたくさん摂取してしまうと身体の中で処理しきれず、せっかく摂取しても全て吸収されずに排出されてしまいます。
間食にプロテインを取るなどして、こまめにタンパク質が取れるように工夫しましょう。
プロテインの味もさまざまありますが、プロテインを飲むことが苦手な方は、プロテインバーでも同じようにタンパク質を取ることができるのでおすすめですよ。

運動で筋肉を増やす

食事と合わせ、運動で筋肉を増やすことも重要となります。
女性の場合、上半身やお尻や太ももの筋肉をつけることで、健康的な見た目になるだけではなくメリハリのあるボディをつくることができます。
筋肉をつける運動は無酸素運動が効果的です。
腹筋やスクワットなど、自宅でも比較的簡単にできる筋トレを取り入れましょう。
しかし、やみくもに筋トレを行うことが良いわけではなく、身体を休むことも大切です。
筋肉は、筋トレ後の疲労や筋組織の損傷で一時的に筋組織が破壊され減少します。
その後、回復とともに筋肉が大きくなる「超回復」という現象が起きます。
この超回復のサイクルに着目して筋トレを行うと、効率的に筋肉をつけることができます。
筋トレをしてから筋肉は2、3日かけて回復していくので、毎日筋トレをしなくても良いので続けやすいでしょう。

筋トレはきちんと負荷がかかっていないと、行う意味がありません。
筋トレをすることに慣れていない場合、長時間行うことがだんだん苦痛に感じてしまい、続かない場合もあるでしょう。
そんなときは、部位を分けて筋トレをしましょう。
1回に行う時間も少なく、部位ごとに分けるので筋トレが習慣化され、取り組みやすいですよ。
運動で筋肉を増やす場合、超回復を利用し効率良く筋肉を増やしましょう。
どうしても自宅で筋トレが続かない場合は、パーソナルジムを活用しましょう。
自分に合った筋トレや食事面も指導してくれるので、正しい太り方を手に入れることができます。

まとめ

太れない女性は、元々の体質等があるにせよ、太れないということは決してありません。
まずは太れない原因を知り、自分に合った改善方法を取り入れましょう。
ダイエットに努力が必要なのと同じように、太ることも努力と根気が必要です。
正しい食生活や運動を取り入れ、健康的な見た目を目指してくださいね。