実は肌に悪いかも。美肌の象徴ノーファンデにはデメリットもあった!

実は肌に悪いかも。美肌の象徴ノーファンデにはデメリットもあった!

ファンデーションをしないという選択がノーファンデという言葉を作り、その背景としてファンデーションを使用しなくても綺麗な肌、を目指す女性が増えてきたことがあります。
ファンデーションのなどのメイク用品は肌に悪いからなるべく肌につけずにいたいという考え方もありますが、果たしてノーファンデでいることが本当に肌に悪いことなのでしょうか。
ノーファンデでいることのメリットデメリットを紹介します。

ノーファンデの定義は人によって違う!

ノーファンデの定義は人によって違う?

ノーファンデとはファンデーションを使用しないというだけで、定義は人によって様々です。

単純にファンデーションをつけずにスキンケアのみで過ごすことをいう人や日焼け止めだけ塗ってファンデーションはしない人、ファンデーションはしないけど化粧下地までする人など、ファンデーションを使用しないメイクの仕方の種類も様々です。

多く見られるノーファンデのやり方は、ファンデーションのみを使わずに、パウダーや下地のみで仕上げるやり方です。
肌をほどよく整えて、すっぴん肌のようなナチュラルの仕上がりが特徴的です。

ノーファンデのメリットとは?

ノーファンデのメリット

ファンデ不要の綺麗な肌ならノーファンデでいたい!と思う人も多いはず。
ファンデーションいらずの綺麗な肌は羨ましいですよね。

そして何より普段の生活でファンデーションをしないでいれるとなると楽ですし、肌に何も塗っていないのは軽やかでいられそうですよね♪

ノーファンデのメリット①時短ができる

女性の身支度で時間を取るのが、ヘアセットと化粧の時間です。
しかも、ファンデーションは顔の中で1番使用する範囲が広く、顔の印象が決まる箇所なので崩れないように念入りに整える必要があります。
肌の調子が悪い時は特にファンデーションを塗るのに時間がかかってしまいますよね。

そのファンデーションを塗る時間が端折られるのはとても時短になります。
ファンデーションを塗る時間がなくなれば、朝の時間をバタバタと過ごしていた方も、余裕を持って支度を整えることができます。

ノーファンデのメリット②化粧崩れの心配が減る

朝化粧をして1日外出や仕事に出ると、夕方にはファンデーションがウロコのように浮いてきたり、汗や皮脂でファンデーションがよれてしまったりするので、定期的に化粧が崩れていないかチェックが必要になると思います。

しかし、ノーファンデだと肌がよれるということはないので化粧崩れの心配がなくなります。
化粧直しの手間も減りますし、化粧が崩れて周りに疲れている印象を与えることもなくなります♪

ノーファンデのメリット③肌への負担が減る

ファンデーションを1日つけていると、やっぱり肌の負担になってしまいます。
肌をファンデーションで一日中覆ってしまうと、肌質によっては刺激を感じてしまうことも。

思い切ってノーファンデにしてしまうと、肌につけているアイテムが少なくなるので、肌への負担を軽減することができます♪
肌荒れや肌トラブルが気になる方には、ノーファンデにして肌を休めてあげるのもおすすめです。

ノーファンデの思わぬデメリット

ノーファンデの思わぬデメリット

一見、肌に優しそうなノーファンデですが、実は何もせず素肌で外気を浴びることは、肌にとってはファンデーションを塗るよりも負担をかけている可能性も。
ノーファンデのデメリットを具体的に紹介していきます。

ノーファンデのデメリット①肌トラブルの可能性が高まる

ファンデーションには外的刺激から肌を守る役割もあるので、ノーファンデで日中過ごしていると紫外線や摩擦、ちりやホコリなどの影響を直に受けてしまっていることは大いにあります。

特に紫外線は、すぐに表面化して肌に影響を及ぼすものばかりではなく、肌の内側へダメージが蓄積してしまいます。
刺激から肌を守れないことで、シワやたるみ、シミなどの肌トラブルの原因となってしまうことも。

ノーファンデのデメリット②肌の抵抗力が低下する

ファンデーションを塗らずに素肌に紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が濃くなり、シミの原因や肌の水分が奪われ乾燥の原因にもなります。長時間紫外線を浴びてしまうと低温火傷のような刺激にも・・・。

紫外線を直接浴びることは肌にとってかなりの負担ですし、その時は肌が焼けただけでも、5年後、10年後にシミしわたるみとして紫外線を浴びた代償が返ってきます。

また、今のご時世に必須のマスク。スッピンのままマスクをするとその摩擦で赤みや炎症を起こして肌トラブルに悩まされる人もこの数年で増えました。
このようにノーファンデは肌の負担と言われている紫外線や摩擦を直に受けてしまうので、肌本来のバリア機能を低下させてしまっているのです。

ノーファンデとどっちがいいの?

ノーファンデとどっちがいいの?

肌トラブルを緩和できるという点で、ファンデーションをすることは日焼け止めの役割もあり完全にとは言わなくても紫外線をカバーしてくれて後の老化の妨げになっています。

ファンデーションがマスクに付いて不快な思いをした経験もあると思いますが、直接肌にマスクが触れる刺激をファンデーションが緩和してくれています。

しかし、カバー力が強すぎたり肌に合っていないファンデーションを使用し続けているとファンデーションで外的刺激から守れていても、ファンデーションが肌への負担になっている場合があります。

ファンデーションをやめることで肌への負担が軽減された場合はノーファンデが肌に良いとされる人もいます。

自分の今の肌の状態をよく観察してみてください。
ファンデーションで肌トラブルを引き起こしていなければそのまま使用して外からの刺激から肌を守り、もしファンデーションをやめたことで肌トラブルが緩和されたらノーファンデが合っているとみなして良いでしょう。

その際は、ファンデーションをしなくても日焼け止めはファンデーションをしている時と変わらない程度で塗ることをお勧めします。

今すぐノーファンデにできなくてもいい!おすすめファンデーション

ノーファンデで過ごしたいけど、いきなりノーファンデにするのは難しい・・・。
ファンデいらずの肌を目指しつつ、徐々にファンデいらずの肌を目指したい・・・!

そんなノーファンデを目指す過程は「つけたまま眠れる」ファンデーションがおすすめ♪

▶︎つけたまま眠れるファンデ

お肌にやさしく、石鹸で落ちるファンデーションです。
ノーファンデが絶対にいいわけではないので、ノーファンデならではの刺激も受けず、ファンデーションの刺激も受けない、ノーファンデを目指す女性におすすめ。

初回購入は豪華な11点セットで¥1,980+送料無料!
ノーファンデを目指す方は是非試してみてくださいね♪

ノーファンデの落とし穴を知ってうまく活用しよう

ノーファンデの落とし穴を知ってうまく活用しよう

毎日フルメイクをしていると肌も心も疲れてしまうことがあります。
その点、ノーファンデは普段のメイクが時短になったり、化粧崩れの心配が無くなったりとメリットがあるので、できればノーファンデで過ごしたいですよね。
しかし、ファンデーションを使用しないことで肌への刺激をダイレクトに受けやすくなり、肌トラブルや老化を促してしまう可能性も高まります。

どのメイクが合うかは本当に人それぞれです。
時にはノーファンデの日を作って肌を休ませてあげる時も紫外線対策などはしっかり行い、肌に負担がかかりすぎないよう、自分に合うファンデーションを探してみてメイクを楽しんでくださいね♪