家事を時短して自分の時間をつくりたい!家事の時短テクニック!

家事の時間を減らす方法ってあるの?家事の時短テクニックを紹介!

毎日仕事や育児に追われていても、家事をこなさないといけない女性は多いですよね。
限られた時間の中で、さまざまな家事を行うことは誰でもとても大変なこと。できることなら時短して、少しでも楽になりたいですよね。
今回は、三大家事と呼ばれている料理・掃除・洗濯を中心に、いつもの家事の時短方法について紹介します。
特別なことをしなくても、ちょっとしたアイデアで家事は時短できます!

家事を時短して自分の時間を確保したい!

家事を時短して自分の時間を確保したい!

一言に家事といっても料理・掃除・洗濯の三大家事のほかに、家中のゴミをまとめたりストックの確認をしたりなど、名前のない家事を含めると数え切れないほどの家事が存在します。
毎日行わなくてよい家事もありますが、1日の限られた時間の中で数々の家事をこなすことは大変なこと。
仕事から帰宅後、さまざまな家事をこなしていたらもう寝る時間…なんてことも。

家族のために家事を行うことも大切なことですが、息抜きをする自分の時間を確保し、リフレッシュすることも重要なこと。
普段行っている家事を見直し、省ける工程はなくし家事を時短できるように工夫しましょう。
ながら家事や、例えば掃除なら使うアイテムをまとめて置くなど、ちょっとしたアイデアが家事の時短に♪
無駄な作業は省きシンプルな家事を行うことで時短となり、自分の時間も確保できます。

家事を時短するための基本とは?

家事を時短するための基本とは?

家事を時短するためには、いくつかの基本があります。

家事を時短するための基本①物を減らす

まず家にある必要のない物は処分しましょう。
家の中が物で溢れていると、掃除がしにくかったりどこに何があるのかが分からなかったりします。
必要なものを探しているだけでも時間を取られ、これでは思うように家事は進みません。
物が減れば必要ではないアイテムを片付けることもなくなり、部屋の中の見た目もスッキリとし、より家事がしやすくなるでしょう。

例えば玄関やトイレマットなどのマット類がないと、洗濯をする手間がなくなり掃除機がかけやすくなります。
必要のないアイテムは思い切って処分し、家事のしやすい空間づくりをしていきましょう。

家事を時短するための基本②ついでに家事を行う

何かのついでに家事を行うと、部屋の綺麗さが保たれ家事にかける時間を減らせます。
顔を洗うついでに洗面台を拭く、お風呂に入るついでに掃除をするなど、普段の生活の延長戦として行える家事はいくつかあります。
ついでに家事を行うことで効率がよくなるほかに、気が乗らない家事の負担も減らせるでしょう。

家事を時短するための基本③今までの家事のやり方を変える

「家事は完璧にこなさないといけない」なんてことはありません。
洗濯物は必ずしも外へ干さなくても部屋干しでよく、料理も全て1から作られなくてもベースができているものやカットされている食材を使うだけでも時短に♪
従来の家事を見直すことで時短できるポイントを見つけ、改善していきましょう。
家族と協力して行える部分は、一緒に行うのも◎

家事の時短テクニック【料理】編

家事の時短テクニック①【料理】編

料理の時短には、まとめて献立を考えり、下ごしらえをしておくだけでもとても楽になります。
慣れるまでは大変に感じるかもしれませんが、ぜひ実践してみてください。
初期投資はかかりますが、ときに調理家電に頼ることも視野に入れてみてくださいね。

料理の時短テクニック①1週間分の献立を考えまとめ買い

買い物はなるべくまとめ買いをしましょう。
2、3日に1回行ってもよいですが、買い物に行くだけで時間を取られあまり効率が良いとはいえません。

時間のない方や小さな子供がいる方は、ネットスーパーを活用することも1つの手です。

また、献立を考えて買い物に行くことで、余計な物を買わず節約にもなります。
献立を考えることが大変な方は、専用のアプリがおすすめ。

料理の時短テクニック②下ごしらえをしておく

買い物から帰ったら食材を冷蔵庫へしまう前に、下ごしらえをしましょう。
野菜は使いたい献立に合わせてカットしておくと、調理をする際に時短できます♪

時間に追われながら料理を作ることは大変なこと。下ごしらえの段階でメインで使う料理の下処理をし、下味冷凍しておくことがおすすめ。
使う前日に冷蔵庫へ移し自然解凍しておき、後は焼いたり煮たりするだけなので、とても簡単にメイン料理が完成します。
下味が食材に染み込んでいることで、普段よりさらにおいしく出来上がりますよ♪

料理の時短テクニック③便利な調理家電を使う

家事を時短するためには、思い切って調理家電を使ってみましょう!

特に圧力鍋を使うと、料理が一気に楽に感じます♪
食材を入れセットし放っておくだけでよいので、簡単で使い勝手がよいです。

かき混ぜたり火加減を見なくて良いので、その間に他の家事もできます。
片付けや手入れも楽になり、短時間で凝った料理を作れるので、1つあると便利なアイテムです。

家事の時短テクニック【掃除】編

家事の時短テクニック②【掃除】編

次に掃除の時短テクニックについて紹介します。
掃除はそれぞれの場所でやり方が異なるので時間がかかりますが、掃除アイテムをまとめて置いておいたり、汚れたらすぐに吹いたりすることを心がけるだけでも時短になります。

掃除の時短テクニック①物を床に置かない

なるべく床に物を置くことはやめましょう。
掃除を行うときに床に物があると、まず動かさないといけないのでその分時間がかかります。

また、床に物を置いておくとその周辺に埃が溜まりやすくなり、掃除をする回数が増えることに。
物の出しっ放しを避けるために、物の定位置を決めておきましょう。
定位置が決まっていることで、片付けやすくなります。

掃除の時短テクニック②掃除アイテムは使う場所ごとにまとめておく

ながら掃除やついで掃除を行うためにも、キッチンのアイテムはキッチン周辺に、同様に洗面所・トイレ・風呂場など、使う場所ごとにまとめておくとよいでしょう。

すぐに使える場所に掃除アイテムがあることで、汚れに気づいたときにサッと使えます。
使い終わったら必ず元の位置へ戻しましょう。使うたびに場所が変わっていては探す手間となります。

掃除の時短テクニック③汚れたらすぐに拭く

キッチンの油はねや洗面所の水はね・トイレの汚れなど、汚れてしまったところはすぐに拭き取るように心がけましょう。

まとめてやろうと後回しにしてしまうと、汚れがこびりついてしまい取るための掃除に大幅に時間がかかります。
除菌ペーパーや使い捨てペーパーをキッチンや洗面所の近くに置いておくと、使ったら捨てるだけなので雑巾と違い洗う手間もなくおすすめです♪

家事の時短テクニック【洗濯】編

家事の時短テクニック③【洗濯】編

洗濯は、仕分け・洗う・取り込む・畳む・片付けるといった、工程が多く時間のかかる家事です。
ハンガーにかけたまま収納する・家族で分担をするなど、なるべく作業工程を減らす工夫を取り入れましょう。

洗濯の時短テクニック①洗濯機の機能を見直す

毎日使う洗濯機の機能をきちんと把握していますか?
何も設定していないと通常コースになっている洗濯機が多いです。
通常コースだとすすぎが2回になっている場合が多く、2回もすすぎを行うと洗濯自体の時間がかかります。

1回で済む洗剤に変え、コースのすすぎは1回に設定しましょう。
また、衣類の汚れがひどくない場合はスピードコースや、自分でコースをつくれるものもあるので活用しましょう。

洗濯時間が短縮されることで、節水や節電にも繋がりいいこと尽くしです。
スピードコースでも通常の汚れなら綺麗に落ちますよ。

掃除の時短テクニック②ハンガーに干したまま片付ける

トップスなどのハンガーを使う服はかけるハンガーと干すハンガーを同じにすることで、乾いた後そのまま収納ができ、畳む作業がなくなり時短になります。
畳まないことで服にシワがつきにくく、アイロンがけの工程も省けます♪

掃除の時短テクニック③個人のボックスをつくり家族で分担

ボトムや下着などの畳む必要のある服は、乾いたら個人のボックスに入れ家族全員で分担しましょう。
家族で分担して行うことで、洗濯の負担が減り楽になりますよ。
時短を機に、自分のものは自分で片付ける習慣に変えていきましょう。

テクニックを使えば家事は時短できる♪

テクニックを使えば家事は時短できる♪

ちょっとしたアイデアや工夫を取り入れることで意外にも簡単に家事を時短できます。
家事を完璧にこなすことが重要ではありません。手間をかけずに、いかに暮らしやすいかが重要。
自分の家のスタイルに合う時短方法を見つけ、有意義な時間を過ごしましょう。