二度と誘われない断り方が知りたい!上手に断るポイントを詳しくご紹介!

友達や気になる方からのお誘いは嬉しいもの。
しかし、興味のない方からや苦手な方からのお誘いは行きたくない事態ですが、どう断るのか悩ましいもの。
「できればスマートに断りたいし、できればもう誘ってほしくない・・・」と思う方も多いでしょう。

今回は、苦手な人に誘われたとき、二度と誘われない断り方についてご紹介します。
いつもどう断るのか悩んでしまう方や、結局断れず誘いに乗ってしまう方は、ぜひこの機会に断り方を習得してみましょう。

二度と誘われないように断りたい・・・

恋愛面においての誘いや、友達でも苦手な方からの誘いは断りたいと感じている方も多いでしょう。
毎回毎回断るのも疲れてしまうので、できれば二度と誘われないように断りたいもの。

しかし、相手と仕事先が同じだったり共通の友達がいたりする場合、相手に不快感を与えないように伝えないと、後々トラブルになってしまうことも考えられます。

失礼な断り方をするとトラブルになりやすい

誘ってきた相手に対し、ただ「行きたくない」や嫌な顔や態度で表してしまうと、たとえ苦手や興味のない相手であっても失礼な行為にあたります。
誘ってほしくない相手であっても、上手に断る必要があります。
相手からの連絡を無視したり、直前でドタキャンをしたりなどはもってのほか。

例えば断る際に「あなたといるとつまらない」などと伝えるような断り方をしてしまうと、相手を傷つけてしまうことになります。
失礼な断り方をすると、自分の印象も悪くなるでしょう。

最悪の場合、「性格が悪い」なんて噂を流されてしまうことになるかも。
相手を傷つけるような断り方は「二度と誘われない断り方」にはなりますが、大人としてスマートに断るなど最低限のマナーを身につけることも大切です。
何度も断る必要がないよう、二度と誘われないように上手に断る必要があります。

二度と誘われない断り方のポイント

二度と誘われない断り方にはいくつかのポイントがあります。
二度と誘われないためにハッキリと断りつつ、苦手や興味のない相手でも相手のことをきちんと考えた断り方をしましょう。

断り方によっては、人間関係にも影響が出てくる可能性があるので注意が必要です。
相手を傷つけずによい断り方を行っていきましょう。

二度と誘われない断り方①ハッキリと断るのが大切!

相手からの誘いを断る場合、曖昧な態度や返事で返してしまうと誘われたくないことが相手に伝わらず、期間が空いたのちにまた誘いが来る可能性があります。
二度と誘われないためには、ハッキリと断りを入れるようにしましょう。

誘いを断る場合は、ハッキリと行けないことを伝えましょう。
その際、行けない理由を一緒に付け加えることがおすすめ。仕事が忙しい・先約があるなど、断る理由があると相手も納得しやすいでしょう。
毎回断っていると誘われなくなる日は来ますが、相手にとっても自分にとっても時間や考える労力がかかります。

伝えにくい場合もあるかもしれませんが、二度と誘われないためにはハッキリ伝えることも大切ですよ。

二度と誘われない断り方②返事は早めに返す

誘いを断りたいけど相手にどう伝えてよいのか悩み、後回しにしがちな方も多いでしょう。
誘いを断ると決めたのなら、早めに断りの連絡を入れましょう。
二度と誘われないためにも、素早く断ることが大切です。

相手は予定を空けていてくれます。
苦手な相手であっても相手のことを考え、トラブルにならないためにも早めに断りの返事を伝えることが大切です。

二度と誘われない断り方③相手に隙をみせて勘違いさせない

恋愛面において二度と誘われない断り方をするためには、日頃の自分の態度や接し方も見直す必要があります。
相手を仕事面や普段の生活で必要以上に気にかけたり、グループでいるのに2人で会話が弾んだりするような、あたかも相手に気があるような隙を見せることはやめましょう。
相手は「自分に気があるのかも」と勘違いしてしまうかもしれません。

相手に気がないのなら、必要以上に関わらず適度な距離感で接して、二度と誘われないような断り方をするのが大切です。

二度と誘われない断り方④礼儀をきちんと尽くす

二度と誘われたくない相手であっても、まずは誘ってくれたことに対してお礼を伝えましょう。
たとえ相手のことが苦手であっても、相手を傷つけるような断り方はNG。
相手に不快感を与えずに慎重に言葉を選び断りましょう。
断り方1つで、その後の人間関係にも影響が出ます。

ネガティブなことを伝えるときには先にポジティブなことを伝えると、印象が悪いようには見えにくいもの。
相手の立場になって考え、最適な断り方をしましょう。

二度と誘われない断り方で、お互いの負担を減らそう!

相手から二度と誘われないように断りたい場合もあるでしょう。
断ることは気が引ける部分でもありますが、断るときは言葉を選び曖昧にせずハッキリ断ることが重要。
誘いに対して礼儀正しくハッキリと断ることは、大人のマナーの1つだと考え身につけることも大切です。

上手に二度と誘われないような断り方をすると、お互いの負担も少なくなります。
相手と後々トラブルにならないような断り方をして、良好な人間関係を保ちましょう。