今日から取り入れたい心のデトックス。おすすめの心のデトックス7選!

心のデトックスをして自分を見つめ直そう。取り入れたい心のデトックス7選!

忙しい毎日を過ごしている中で、気分が上がらないときや何をしていても楽しくない、「疲れたな」と感じることはありませんか?
思い当たる節がある方は気持ちに余裕がなくなり、心が疲れているときなのかもしれません。
そんなときは、気分や感情をリセットする「心のデトックス」を取り入れることがおすすめです。
今回はぜひ取り入れたい心のデトックス方法について紹介します。
ストレスやモヤモヤした感情を少しでも浄化し、心のデトックスを日々取り入れスッキリしましょう。

心のデトックスとは?

心が疲れている状態だと気分が沈みがちとなり、いつのも元気が出なくなり、場合によっては、塞ぎがちになってしまうことも。

仕事・学校・家庭のこと・将来のことなど、人はみなそれぞれ不安や悩みがある中で、忙しい日々を過ごしています。
自分では気が付かなくても知らず知らずのうちに、ストレスが溜まっていることがありますよね。
気持ちに余裕のあるときはうまく気分転換ができても、気持ちや心がいっぱいいっぱいのときは、うまく感情を表に出せず感情の起伏が激しくなり、余計にストレスを感じてしまいます。

そんなときは無理に笑ったり行動することをやめ、1人の時間をつくり心のデトックスをしましょう。
誰かといることで気が紛れる方もいますが、1人の時間をつくることで自分を見つめ直すことができ、時には必要なことです。

自分の好きなことをするも良し、何も考えずベットに横になるのも良し。
日々の日常から離れ、しっかりと自分自身を労わることでモヤモヤとした嫌な気持ちが浄化され、心のデトックスとなります。
忙しい現代社会において心のデトックスは必要不可欠。
毎日頑張っている自分を労り甘やかす時間をつくることも、必要な時間です。

心のデトックスをする方法

すぐに始めることができる心のデトックス方法について7つ紹介します。
「心のデトックスって何をすれば良いの?」と思いがちですが、意外と簡単に始めることができます。
今回紹介する方法を参考に、心のデトックスをしてみましょう。

①水をたくさん飲んで浄化

日頃水を飲むことで、身体と心のコントロールに欠かせない自律神経のバランスが整い、ストレスを浄化できると言われています。
ストレスを感じないためにも、自律神経のバランスを整えることは大切です。

1日に飲む水の目安の量としては、1〜2リットルほど。
身体を冷やさないためにも常温の水にし、一気に飲むのではなくこまめに摂取するようにしましょう。
目安の量を飲めなくても心配ありません。
飲めないと思うとストレスに感じてしまうので、飲める範囲で積極的に水を飲みましょう。

水を飲む習慣のない方は、起きたら飲む・食事のときは水にする・すぐに飲めるよう目の届く範囲に置く等、工夫をし意識して飲むようにしましょう。

また、水をたくさん飲むことでトイレに行く回数が増え、身体の中に溜まっている老廃物の排出が促されることで、心のデトックスも身体のデトックス効果も期待できます。

②部屋の片付けをする

「部屋は自分の心を映す鏡」という言葉を知っていますか?
部屋の綺麗さは心の余裕を表しているという意味の言葉で、心に余裕がないと部屋も荒れていることが多くなります。
部屋が床まで物で溢れている状態の空間にいても、気分が休まらずストレスに感じてしまいます。

部屋がいらないもので埋め尽くされていると、心はスッキリとしません。
必要のない物は思い切って処分し、本当に必要なものだけ残しましょう。
部屋の片付けをすることで、自分にとって何が必要で大切なのかが見えてきます。

部屋が綺麗になると、部屋も気分もスッキリとし、リフレッシュになります。
「気分がスッキリしない」と感じるときは、心のデトックスとして部屋のデトックスもしましょう。

③お風呂で身も心もデトックス

お風呂にゆっくり浸かることは、比較的簡単にリラックス効果を得ることができます。
38度〜40度ほどのぬるめの湯に浸かることで、副交感神経が優位となりリラックス効果が高まります。
同時に自律神経のバランスを整えることもでき、ストレスが軽減する効果もあります。

お風呂にゆっくり浸かることで汗をかいたり、お風呂の中で足や足裏のマッサージやリンパを流すことで、血行が促進され身体の老廃物が排出され、心だけでなく身体の中からデトックスできます。

お風呂に浸かる際に好きな入浴料を入れても良いですが、おすすめなのがバスソルト。
バスソルトには発汗や温浴効果を得ることが期待でき、何も入れずに入るより効果的にデトックス効果を得やすくなります。
バスソルトには香りがついている場合が多いので、好きな香りのものを選び、よりリラックス効果を高めましょう。

④自然に囲まれてみる

日々さまざまな雑音に囲まれ忙しく行き交う人々の中にいるだけで、ストレスを感じ疲れやすくなります。
ときには街から離れ、自然を感じてみましょう。

花を見に行く・緑が多い公園に行く・ハイキングに行くことも良いでしょう。
特に緑が多い場所や森で緑を見る・感じる「森林セラピー」と呼ばれている、医師が認める予防医療効果があります。
森を見る・匂いを嗅ぐ・緑に触れるなど、自然を感じることでストレスを解消し、心も体もリラックスできます。

木々には「フィトンチッド」と呼ばれる芳香成分を発散しています。
フィトンチッドは殺菌力を持っているので微生物の活動抑制しますが、人にとってはリラックス効果があります。
自然の空気を身体に取り込むことで、フィトンチッドが満たされ、血圧の低下や脳がリラックスする状態となり、健康にも良いとされています。
さらに新陳代謝が活発となり、身体の中に溜まっている老廃物を浄化してくれる効果も期待できます。

心に余裕がなくなり苦しいときは、緑が多い場所へ行き自然のパワーを味方につけましょう。
自然の力は心のデトックスにぴったりです♪

⑤適度な運動をしてみる

適度な運動は気分の落ち込みを解消し、心も体もリラックス・デトックス効果があります。
全身の筋肉に酸素をたくさん取り込むことができる、有酸素運動が効果的。

軽いランニングやウォーキングをできる範囲で取り入れてみましょう。
いきなり「たくさん運動しよう」と意気込んでしまうと、運動することが義務化となりストレスに感じてしまいます。
行き帰りで一駅分歩いてみる・近場の買い物なら歩くなど、自分の生活スタイルに合った方法で運動を取り入れましょう。

いつもと違う道で通勤することもおすすめです。
いつもと違う景色を見ることができたり新しいお店を見つけたりなど、ちょっとした楽しみを見つけることができ、それだけで心が軽くなる場合もあります。

また、運動としてヨガを取り入れることもおすすめ。
ヨガは心の安定を目指す運動でもあり、心のデトックスには最適な運動です。
座りながらや立ちながらのポーズをとり比較的ゆっくり行え、正しい呼吸法を使うことでリラックス効果を十分に得ることができます。

身体の中から温まることができ、むくみや冷えの改善や血行促進効果に繋がり、健康にも良い運動です。
ヨガで行う深呼吸をすることで心に溜まった嫌な気持ちを吐き出し、余計なことを考えずヨガに集中することで、心のデトックスができて感情をコントロールしやすくなります。

⑥思いっきり泣いてみる

最近いつ涙を流しましたか?
泣きたい気分のときは我慢したり恥ずかしいと思わずに、思いっきり泣きましょう。
「涙活」という言葉があるくらい、涙を流すことはストレスを発散したり、心のデトックス効果を得ることができます。

涙にはストレス成分を低下させる作用があります。
感動系や泣ける映画を見る・本を読むことで、脳がリラックス状態となります。
また、意図的ではなく、ときに感情的な涙を流すこともあるでしょう。
涙には泣いてスッキリすることで、いつもの感情を取り戻す効果もあります。

さらに泣いてスッキリしたことにより、自分の考えを整理できます。
泣くことは決してネガティブなことではなく、心にも身体にもメリットがあります。
最近涙を流していない方は涙を流し、身も心もスッキリとしてみませんか?

⑦自由に過ごせる日を作る

日々時間に追われ良い対人関係を保つことを意識する等を繰り返していると、心が疲れてくるものです。
たまには時間に追われず、誰にも干渉されない、自由に過ごせる日をつくることも重要です。

日常生活から離れ心のデトックスとして、ゆっくりと過ごす「リトリート」をしてみてはいかがですか?
リトリートとは、いつもと違う場所へ行き観光する・おいしいものを食べる・非日常的な体験をすることを言います。
リトリートをすることで、心身ともに癒され浄化にも繋がります。

時間を気にせず目的地も決めずに、ふらっと気になるところに行くのも良いでしょう。
日常とは違うところへ行きいつもと違うものを見ることで、心のデトックスや浄化となり、自分がこれからどうしたいのか・どうなりたいのかといった方向性についてゆっくりと考えることができます。

時間を気にせず好きな場所へ行き、ストレスから解放する日をぜひつくってみてください。
日頃頑張っている自分に、ご褒美をあげましょう。

⑧部屋にお花や植物を飾る

部屋や職場にお花や植物を飾ることも、心のデトックスにおすすめ。
お花や植物が近くにあるだけで心が和みますし、リラックスして過ごすことができます。

自分の部屋や職場は、1日の中でも過ごす時間が長い場所。
自分が長く過ごす空間を、お花や植物を飾ることでリラックスできる空間に変えてしまいましょう♪

⑨ネガティブな気持ちを紙に書き出す

どうしてもストレスが溜まってしまい、心のデトックスができていない時は、自分の中のネガティブな気持ちを紙に書き出してみましょう。

紙に書き出すときは殴り書きでもOK!思いっきり自分の感情をぶつけるように書き出してOKです。
書いた紙は見返すことなく、紙をビリビリに破って捨ててしまいましょう。

人に言えないようなネガティブな気持ちも、紙に書き出すことですっきり吐き出すことができるので、心のデトックスにぴったり。
感情のままに紙にぶつけてしまいましょう!

まとめ

自分では大丈夫と思っていても、案外心に疲れが溜まっている状態となっている場合もあります。
心のデトックスをすることは、自分自身を見つめ直す上でも大切なことです。
気分が上がらずモヤモヤとした気持ちが溜まったら、心のデトックスをしましょう。
毎日の生活の中でも、デトックスできる場面はたくさんあります。
心のデトックスをしスッキリとした気持ちを手に入れ、また前を向いて過ごしましょう。