上手にリフレッシュする方法とは?リフレッシュしてメリハリをつけよう!

リフレッシュする方法とは?リフレッシュしてメリハリをつけよう!

リフレッシュとは、気分転換という意味です。
疲れやモヤモヤとした気持ちを切り替えることで、前向きやリラックスした状態に導きます。

仕事や家事など毎日忙しく過ごしていると、ストレスや疲れが溜まるもの。
ストレスや疲れをそのままにしておくと、体や心に悪い影響を及ぼしてしまうので、適度なリフレッシュはとても大切です。

今回は、効率よくリフレッシュする方法について紹介します。
あわせてリフレッシュする重要性や注意点についても紹介しますので、参考にしてくださいね。

しっかりリフレッシュするための方法

しっかりリフレッシュするための方法

リフレッシュする方法についていくつか紹介します。
参考にし、自分に合ったリフレッシュ方法を取り入れましょう♪

リフレッシュする方法①軽い運動

リフレッシュする方法として、運動を取り入れてみましょう。
仕事が忙しいと、なかなか運動をする時間が取れない方も多いですよね。
とくにデスクワークをしている方は、長時間同じ姿勢でいる場合が多く、体がコリやすく血流も滞りやすくなります。

忙しい方でも1時間に1回は軽いストレッチなどを取り入れ、心も体もリフレッシュしましょう♪
リフレッシュすることで、仕事の効率も上がりますよ。

リフレッシュする運動は、ウォーキングやランニングなどの軽い運動がおすすめ。
有酸素運動は、ストレスを軽減させることに適していると言われています。
長時間行うよりも1日15〜20分ほど、自分が心地よいやスッキリしたと感じる程度に行いましょう。

リフレッシュする方法②ゆっくり湯船に浸かる

リフレッシュする方法として、ゆっくり湯船に浸かる時間を作るのもおすすめ。
湯船に浸かることは自律神経のバランスを整えることができ、モヤモヤとした気分が晴れてリフレッシュできます♪
ぬるめの湯に長時間浸かることで、副交感神経の働きが高まりリラックスできますよ。

リラックスできると同時に、血流が促進され体もほぐれやすくなります。
疲れやストレスが溜まっていると感じたら、額がじんわり汗ばむまでゆっくり湯船に浸かりましょう。
好きな香りの入浴剤を入れると、よりリラックス効果を得られます♪

リフレッシュする方法③趣味の時間をつくる

リフレッシュする方法として、自分の趣味の時間をつくるのもおすすめです。
毎日忙しく、趣味の時間を確保できない方もいますよね。
趣味や好きなことをしている時間は、どんなことよりも気分転換になると言えるでしょう。

「この日は趣味の時間にあてる」などと決めておくと、楽しみができてリフレッシュすることができ、より仕事に集中できます。
趣味がないと言う方は、趣味まではいかなくても興味があることをしましょう。
趣味や好きなことをする時間をつくることで心からリフレッシュすることができ、次の日からまた頑張ろうと前向きな気持ちが芽生えます。

リフレッシュする方法④SNS断ち

リフレッシュする方法におすすめなのは、SNS断ちも挙げられます。
今の時代ほとんどの方がスマートフォンを所持し、気軽にSNSを見ることが可能です。
同じ趣味の人を探したり、好きなコンテンツを見たりなどできて楽しい反面、見すぎると疲れを感じてしまうことも。
他人を羨んだり自分と比べてしまったりなど、知らず知らずのうちにストレスとなっています。

ストレスに感じる前に、SNSから一旦離れてリフレッシュしましょう!
どうしても見てしまう方は、アプリを一時的に消したり、スマートフォンの電源をオフにすると良いですよ。
画面の中の景色を見るより、リアルな時間を充実させてリフレッシュしましょう。

リフレッシュする方法⑤好きな香りを楽しむ

リフレッシュするために、アロマやお香・ルームディフューザーなど、自分が心地よいと感じる香りを楽しむこともおすすめ。
香りは生理機能をコントロールしている脳の視床下部に届き、自律神経やホルモン系、免疫系などの体を調節する働きに影響します。
香りを楽しむことは脳のバランスをよく働かせて、リフレッシュとともにリラックス効果を得ることができますよ。

香りの種類では、リラックス効果を得るにはラベンダーやネロリ、リフレッシュ効果を得るにはオレンジなどの柑橘系がおすすめです。
ベルガモットはリラックスとリフレッシュ両方の効果があると言われています。
そのときの気分に合わせて香りを使い分け、リフレッシュしましょう。

リフレッシュする際の注意点

リフレッシュの注意点

リフレッシュを取り入れることは体と心のために重要ですが、間違った方法では負荷をかけてしまうこととなります。
間違ったリフレッシュの仕方をしていないか、注意しましょう。

リフレッシュする際の注意点①疲れているのに外出する

リフレッシュするために、疲れている日に無理やり外出するのはやめましょう。
「仕事で疲れているけど、休みの日は出かけたい」などと考え、無理に外出していませんか?

リフレッシュ=外出することではありません。
外出することは人と会うことにもなり、人混みにいたことで家に帰ると余計に疲れてしまうことも。
自分の体や心の状態をよく見て、そのときに合ったリフレッシュ方法を行いましょう。

リフレッシュする際の注意点②ながらリフレッシュ

「リフレッシュをしたいけど時間がない」という方に特に注意してほしいのが、ながらリフレッシュです。
好きなことや趣味をする時間は気分転換となりますが、仕事や家事などの何かをしながら行うことはおすすめしません。

リフレッシュするときは、気分転換に集中することが大切です。
何かをしながらではきちんと体や心が休まらず、リラックス状態を得ることができません。

日頃からリフレッシュして毎日を豊かに♪

リフレッシュすることはストレスや疲れを解消するだけではなく、メリハリのある生活を過ごすのに欠かせません。
気分転換を体と心の健康を保てず、仕事や日常生活に影響が出てしまいます。
ぜひ自分に合ったリフレッシュする方法を取り入れて、毎日を有意義に過ごしましょう♪

▶︎心のデトックスをする方法についてはこちら