リフレッシュする方法とは?リフレッシュしてメリハリをつけよう!

リフレッシュする方法とは?リフレッシュしてメリハリをつけよう!

リフレッシュとは、気分転換という意味です。
疲れやモヤモヤとした気持ちを切り替えることで、前向きやリラックスした状態に導きます。
仕事や家事など毎日忙しく過ごしていると、ストレスや疲れが溜まるもの。
ストレスや疲れをそのままにしておくと、体や心に悪い影響を及ぼします。
今回は、リフレッシュする方法について紹介します。あわせてリフレッシュする重要性や注意点についても紹介しますので、参考にしてくださいね。

リフレッシュする重要性

人はストレスを受けると、体の機能をコントロールしている自律神経が乱れます。
ストレスを緩和しリラックスすることは、体と心の負荷を軽くします。
体と心をリフレッシュする重要性についてそれぞれ見ていきましょう。

体のリフレッシュ

体に強いストレスがかかると反応しきれなくなくなり、ひどい場合だと病気に発展する可能性があります。
少しでもストレスや疲れを感じているのなら、気分転換を取り入れ早めの対処をしましょう。

・コリの解消
体に過度なストレスがかかると、筋肉の緊張、いわゆる「コリ」が起こります。
そのまま放置しておくと疲れが取れず、ちょっとしたことでイライラしやすくなるなど、余計にストレスを感じます。
コリが慢性化すると痛みを引き起こす可能性もあるでしょう。
リフレッシュすることで筋肉の緊張がほぐれ、コリの解消に繋がります。

・血行不良の改善
ストレスにより筋肉の緊張が起こると、筋肉が硬直し血流が悪くなります。
すると、老廃物がうまく排出できずに体に溜まり、むくみや血行不良による顔のくすみなどといった原因になるでしょう。
日頃からリラックスや気分転換を取り入れることで、筋肉が緩み血流改善にもなります。

心のリフレッシュ

体にストレスがかかり長引くとストレスホルモンが急増し、心にまでストレスがかかります。
すると、気分が落ち込みやすくなる、不安定な状態が続く、眠れなくなるなどの症状が現れます。

・心にゆとりが持てる
ストレスが溜まり常に気が張った状態でいると、ふとしたことで落ち込んでしまったり、他人にキツく当たってしまったりなど、心がよくない状態になります。
リラックスをしストレスが軽減できると、気持ちに余裕を持て、冷静に対応できますよ。
少しでも疲れていると感じたら、負の連鎖が起きる前に早めの対処をしましょう。

・悩む時間を減らせる
心が不安定なときは、仕事や家庭、自分のことなど、普段よりさまざまな悩みが浮かぶもの。
考えすぎることによりどんどん心が疲れてしまい、集中力が低下し仕事にも影響が出てしまうなど、普段行っていることがうまくできなくなる可能性があります。
自分の不安要素を取り除くためにも、リフレッシュすることはとても重要。
また、不安なことがあると眠れなくなる方もいるでしょう。
リフレッシュしリラックスした状態になることで、睡眠の質を上げることができよく眠れるようになります。

リフレッシュするための方法

リフレッシュする方法についていくつか紹介します。
参考にし、自分に合った方法を取り入れましょう。

・軽い運動
仕事が忙しいと普段なかなか運動をする時間が取れない方も多いですよね。
とくにデスクワークをしている方は、長時間同じ姿勢でいる場合が多く、体がコリやすく血流も滞りやすくなります。
1時間に1回は軽いストレッチなどを取り入れ、リスレッシュしましょう。
リフレッシュすることで、仕事の効率も上がりますよ。
運動はウォーキングやランニングなどの軽い運動がおすすめ。
有酸素運動は、ストレスを軽減させることに適していると言われています。
長時間行うよりも1日15〜20分ほど、自分が心地よいやスッキリしたと感じる程度に行いましょう。

・ゆっくり湯船に浸かる
湯船に浸かることは自律神経のバランスを整えることができ、モヤモヤとした気分が晴れストレス緩和に繋がります。
ぬるめの湯に長時間浸かることで、副交感神経の働きが高まりリラックスできます。
リラックスできると同時に、血流が促進され体もほぐれやすくなります。
疲れやストレスが溜まっていると感じたら、額がじんわり汗ばむまでゆっくり湯船に浸かりましょう。
好きな香りの入浴剤を入れると、よりリラックス効果を得られます。

・趣味の時間をつくる
毎日忙しく、趣味の時間を確保できない方もいますよね。
趣味や好きなことをしている時間は、どんなことよりも気分転換になると言えるでしょう。
「この日は趣味の時間にあてる」などと決めておくと、楽しみができることで、より仕事に集中できます。
趣味がないと言う方は、趣味まではいかなくても興味があることをしましょう。
趣味や好きなことをする時間をつくることは、心からリフレッシュすることができ、次の日からまた頑張ろうと前向きな気持ちが芽生えます。

・SNS断ち
今の時代ほとんどの方がスマートフォンを所持し、気軽にSNSを見ることが可能です。
同じ趣味の人を探したり、好きなコンテンツを見たりなどでき楽しい反面、見すぎると疲れを感じてしまう場合があります。
他人を羨んだり自分と比べてしまったりなど、知らず知らずのうちにストレスとなっています。
ストレスに感じる前に、SNSから一旦離れましょう。
どうしても見てしまう方は、アプリを一時的に消す、スマートフォンの電源をオフにすると良いですよ。
画面の中の景色を見るより、リアルな時間を充実させましょう。

・好きな香りを楽しむ
アロマやお香、ルームディフューザーなど、自分が心地よいと感じる香りを楽しむこともおすすめ。
香りは生理機能をコントロールしている脳の視床下部に届き、自律神経やホルモン系、免疫系などの体を調節する働きに影響します。
香りを楽しむことは、脳のバランスをよく働かせ、リラックス効果を得ることができますよ。

香りの種類では、リラックス効果を得るにはラベンダーやネロリ、リフレッシュ効果を得るにはオレンジなどの柑橘系がおすすめです。
ベルガモットはリラックスとリフレッシュ両方の効果があると言われています。
そのときの気分に合わせ、香りを使い分けましょう。

リフレッシュの注意点

リフレッシュを取り入れることは体と心のために重要ですが、間違った方法では負荷をかけてしまうこととなります。
間違ったリフレッシュの仕方をしていないか、注意しましょう。

・疲れているのに外出する
「仕事で疲れているけど、休みの日は出かけたい」などと考え、無理に外出していませんか?
気分転換=外出することではありません。
外出することは人と会うことにもなり、人混みにいたことで家に帰ると余計に疲れている状態にもなります。
自分の体や心の状態をよく見て、そのときに合ったリフレッシュ方法を行いましょう。

・ながらリフレッシュ
好きなことや趣味をする時間は気分転換となりますが、仕事や家事などの何かをしながら行うことはおすすめしません。
リフレッシュするときは気分転換に集中することで、その後の仕事や家事などのやるべきことが捗るでしょう。
何かをしながらではきちんと体や心が休まらず、リラックス状態を得ることができません。

・寝だめをする
身体が疲れているときや忙しくなるからと、寝だめをしていませんか?
昼まで寝てしまうと生活リズムが狂い、夜眠れなくなったり日中眠くなったりなど、逆に疲れがたまることとなります。
ストレスや疲れを溜める前に、毎日決まった睡眠時間を取るように心がけましょう。

まとめ

リフレッシュすることはストレスや疲れを解消するだけではなく、メリハリのある生活を過ごすのに欠かせません。
気分転換を体と心の健康を保てず、仕事や日常生活に影響が出てしまいます。
ぜひ自分に合ったリフレッシュする方法を取り入れましょう。