気になる毛穴の黒ずみをなくしたい!毛穴の黒ずみに効果的な洗顔料の選び方紹介

気になる毛穴の黒ずみをなくしたい!

気になる毛穴の黒ずみ。メイクで誤魔化すよりも、すっぴんでも毛穴の目立たない肌を目指したいですよね。
今回は毛穴の黒ずみの原因や毛穴の黒ずみにアプローチする洗顔料の選び方、綺麗な毛穴をキープする方法を紹介します。
この記事を読んで、毛穴の黒ずみをなくし、毛穴レスな肌を目指しましょう。

毛穴の黒ずみの原因とは

毛穴の黒ずみの主な原因は、溜まった角栓や過剰な皮脂の分泌によるものです。
角栓とは肌のターンオーバーの乱れによって本来排出する古い角質が肌に残ってしまい、それが毛穴に詰まったタンパク質(角質)だと言われています。
その古い角質が余分な皮脂や落としきれなかったメイクと混ざり、空気に触れて酸化してしまうと黒ずみに変化してしまいます。

それ以外にも毛穴のくぼみによって、角栓が詰まっていない状態でも影によって黒く見えることもあります。
また、毛穴から生えている産毛が目立ってしまい、黒く見えてしまうこともあります。

毛穴の黒ずみにおすすめの洗顔料の選び方

ここからは毛穴の黒ずみをケアしたい方におすすめの洗顔料の選び方を紹介します。

毛穴を除去する成分が配合されている

毛穴の黒ずみを除去したい方は、黒ずみの原因となってしまう角栓や過剰な皮脂を除去する成分が配合されている洗顔料を選ぶといいでしょう。

毛穴の黒ずみに効果的な成分の一つ目は「泥(クレイ)・炭」です。
泥や炭には、過剰に分泌された皮脂や落としきれていないメイク汚れ、酸化してしまった皮脂を吸着する作用があります。

毛穴の黒ずみに効果的な成分の二つ目は「酵素」です。
酵素洗顔を選ぶ際には「リパーゼ」「パパイン」「プロテアーゼ」という酵素が入っている洗顔料を選びましょう。
リパーゼは不要な皮脂を分解する作用があり、パパイン・プロテアーゼはタンパク質を除去する作用があります。

毛穴の黒ずみに効果的な成分の三つ目は「ピーリング成分」です。
ピーリング成分には古い角質を取り除き、余分な皮脂の分泌を抑え、肌のリズムを整える作用があります。
代表的なピーリング成分に「AHA」が挙げられます。

ただし、前述した3つの成分が配合された洗顔料は洗浄力が強いものや強制的に角質を取り除くものがあります。
肌の様子を見ながら、週1〜2回のスペシャルケアとして使用するといいでしょう。
また、洗浄力が強い洗顔料を使ったあとは保湿ケアをしっかり行うようにしましょう。

毛穴の開きをケアする成分が配合されている

毛穴の黒ずみを除去する成分以外にも、毛穴の開きをケアする成分が配合されているとさらにいいでしょう。
毛穴の開きをケアする成分として挙げられるのは「ビタミンC誘導体」「レチノイン酸」などが挙げられます。
ビタミンC誘導体は、皮脂の過剰な分泌を抑え、毛穴の開きをケアし、肌をなめらかに見せる効果が期待できます。

レチノイン酸はビタミンA誘導体で、皮脂の過剰な分泌を抑え、コラーゲンの生成を促すので、肌のたるみを改善するはたらきもあります。
ターンオーバーを正常にするため、肌の乾燥を防ぎ、キメ細かい肌へ改善する効果が期待できます。

綺麗な毛穴をキープするポイント

ここからは綺麗な毛穴をキープするポイントを3つ紹介します。

洗顔は朝晩2回

洗顔は清潔な毛穴を保つための基本です。
夜はもちろん、朝の洗顔もしっかりと行うようにしましょう。
寝ている間にも人間の体は汗をかいたり、皮脂を分泌しています。
寝ている間に分泌された皮脂がハウスダストなどと混ざって肌に蓄積してしまうと毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。
忙しい朝でもきちんと洗顔するようにしましょう。

メイクをしたら必ずクレンジング

メイクをした日は必ずクレンジングを使ってメイクを落とすようにしましょう。
メイクを落とさずに寝てしまうと、毛穴の黒ずみ以外にもさまざまな肌悩みを抱えることになります。
クレンジングにもオイルタイプやクリームタイプ、シートタイプなどさまざまな種類があります。
その日のメイクの状態や肌の状態を見て上手に使い分けて、メイクを落とさずに寝てしまうことがないようにしましょう。

しっかりと保湿する

綺麗な毛穴をキープするためには洗顔やクレンジング後の保湿ケアも大切です。
肌が乾燥していると毛穴が目立ってしまうことがあります。

特に、毛穴の黒ずみを除去する効果のある洗顔は洗浄力が強いものも多くあります。
洗浄力の強い洗顔やピーリングをした後は、しっかりと保湿をするようにしましょう。

⇨肌のくすみについてはこちら

まとめ

今回は毛穴の黒ずみの原因や洗顔料の選び方を紹介しました。
毛穴の黒ずみにとって洗顔は切っても切れない存在です。
洗顔は毎日行うものです。
正しい洗顔を行い、毛穴の黒ずみのない健やかな肌を保てるようにしましょう。