【同伴は稼げる!!】キャバ嬢はやってみて!スグ使える同伴の誘い方♪

キャバ嬢の同伴って何?

キャバクラの仕事のひとつに「同伴」があります。
キャバクラの同伴とは、お客様と一緒にお店に出勤することを言います。
同伴は上手に活用するとキャバ嬢にとってもお客様にとっても、お店にとってもメリットだらけ。
今回はそんなキャバ嬢の同伴や同伴のメリット、同伴の誘い方について詳しく解説します。
是非この記事を参考に、ぜひお客様を同伴に誘ってみてくださいね。

キャバ嬢の同伴とは

キャバ嬢 同伴

キャバ嬢の同伴とは具体的に何をすることなのでしょうか?詳しく説明していきます。

同伴とは

同伴とは「同伴出勤」のことを言います。
つまり、お店が始まる前の時間にお店の外でお客様に会って、一緒にお店に出勤することです。

一般的に同伴では、お客様と一緒に食事をしたり買い物をしたりするキャバ嬢が多いですが、
中にはゴルフや野球観戦などをして同伴するキャバ嬢もいます。

お店以外の場所だとしても、お客様をおもてなしするので普段のお店での仕事と変わらないですが、同伴にはメリットがたくさんあります。

⇒キャバ嬢について詳しく知りたい方はこちら♪

同伴の種類

同伴といっても、同伴にはさまざまな種類があります。
状況によって上手に活用しましょう。

店前同伴

店前同伴とは、お店の前でお客様と待ち合わせだけをして一緒に入店することです。
お店の前で待ち合わせただけでも同伴扱いになるので、同伴バックがもらえたり、お給料アップにつながります。
同伴の予定が被ってしまったり、ダブルワークのキャバ嬢などはお客様に理解してもらった上で、上手に活用するといいでしょう。

賭け同伴

賭け同伴とは、お客様と同伴の約束をしてない状態で出勤前に食事などに行き、一緒に入店する流れをつくることです。
「賭け」という言葉の通り一か八かの同伴で、お客様がお店に来てくれるかはわからないので、お客様がそのまま帰ってしまう可能性があります。
その場合は同伴にならない上に、出勤時間に遅刻してしまうこともあるので、慎重に行うようにしましょう。

食事中に同伴してほしい旨を正直に伝えたり、上手に雰囲気を作っておねだりしてみたり、一緒に入店する流れを作るようにしましょう。

⇒キャバ嬢のアフターについて詳しく知りたい方はこちら♪

同伴のメリット

キャバ嬢 同伴

同伴は出勤前にプライベートな時間をお客様と共有するものなので、めんどくさそうなイメージがありますが、同伴にはさまざまなメリットがあります。ここからは同伴のメリットを紹介します。

同伴のメリット①同伴バックがもらえる

まず1つ目の同伴のメリットは、同伴バックがもらえる点です。
お店によっては時給などに反映される場合もあります。
また、同伴はお客様と一緒に出勤することなので、勤務開始と同時に本指名ももらえるということになります。
また、同伴は売上にも直結するため、売上制のお店で働くキャバ嬢にもメリットがあります。

同伴のメリット②早い時間から出勤できる

キャバクラは開店したばかりの早い時間帯は空いていることが多いため、早い時間の出勤をお店から断られてしまうことがあります。
そのため時給ではたらくキャバ嬢からすると労働時間が減ってしまい、お給料が少なくなってしまいます。

しかし同伴をすると、基本的に早い時間帯に出勤することができます。
早い時間帯はお店も空いているので、騒がしいお店が苦手なお客様にもゆっくり楽しんでいただけます。

同伴のメリット③お店から優遇される

早い時間帯は比較的お店が空いているので、その時間にお客様と一緒に出勤すると、お店から感謝されます。
お店からすると同伴は来店予約のようなものなので、同伴をよくするキャバ嬢は評価され、いいお客様を紹介してもらえることもあります。
いいお客様を紹介してもらえると、今後の売り上げアップも見込めます!

同伴にはキャバ嬢にとってもお店にとってもお客様にとってもメリットがたくさんあります。
同伴を上手に活用して、お店からも優遇されちゃいましょう!

同伴の誘い方

キャバ嬢 同伴

では、実際同伴はどうやって誘ったらいいのでしょうか?
お客様から誘われることもありますが、たくさん同伴するためには自分から誘うことも大切です。

同伴の誘い方①接客中に誘う

来店してくれたお客様を接客している時に「今度ご飯いきましょう!」という会話から、同伴の流れに進めていくのが一般的な同伴の誘い方です。
接客中に食べ物の話をしたり、行ってみたいお店の話をしたりして、同伴につなげるようにしましょう。

食事以外にもゴルフが好きなお客様ならゴルフに誘ってみたり、映画が好きなお客様には映画に誘ってみたり、お客様に合わせて好きなもので誘ってみると約束しやすいです。

⇨キャバ嬢のゴルフについてはこちら♪

同伴の誘い方②メールやLINEで誘う

メールやLINEで同伴に誘うこともできます。
メールやLINEで同伴を円滑に誘うポイントは、接客中に食べ物の話や行きたいお店の話をしておいて、
後日メールやLINEで「この前話したお店、友達も美味しかったって言ってたんだ!今週一緒に行かない?」などと、接客中から流れを作っておくと誘いやすくなります。

メールやLINEで誘うときには顔が見えない分伝え方が難しいですが、絵文字を使ったり気持ちが伝わるように上手にお誘いしましょう♪

キャバ嬢が同伴する時の注意点

キャバ嬢 同伴

メリットがたくさんある同伴ですが、注意するべきポイントもあります。

同伴の注意点①行き先は自分で決める

同伴するお店はキャバ嬢が決めるようにしましょう。
お客様に決めてもらうとお店から遠い場所を指定されてしまうことがあります。
お店から遠い場所で同伴すると、お店に出勤する時間が遅くなってしまうことがあるので、お店から歩いて行けるお店を選ぶといいでしょう。

また、料理が出てくるペースがゆっくりなお店も出勤するのが遅くなってしまったり、
あまりにも匂いがついてしまうお店はその後の出勤時に支障がでてしまいます。
なるべく料理が出てくるペースが早くて、匂いのつかないお店を選ぶといいでしょう。

同伴の注意点②お客様の車や個室には要注意

キャバクラのお客様は一人の男性です。特に知り合ったばかりのお客様の車や個室のお店には注意が必要です。
信頼関係ができていないお客様の車に乗ってしまうとお客様にハンドルを握らせてしまうことで予期せぬ場所に連れていかれてしまう可能性もゼロではありませんし、
個室の空間でトラブルが起きてしまうと、なかなか助けてもらえないこともあります。

何かあってからでは取り返しがつきません。
お客様ときちんと信頼関係ができるまでは、お客様の車や個室は避けた方がいいでしょう。
カウンター席やテーブル席のあるお店を選んだり、自分のお店から歩いて行ける場所を選ぶようにしましょう。
車で来てしまう可能性があるお客様の場合、駅の近くを指定するのも手段のひとつです。

同伴の注意点③長くて2時間程度にする

同伴でゴルフや野球観戦、映画にいくこともあるかと思いますが、食事の場合は2時間程度にするようにしましょう。
同伴の時間があまりに長くなってしまうと、お客様はそれだけで満足してしまう早めに帰ってしまう可能性があります。
せっかく同伴したのであれば、お店でゆっくり楽しんで行ってほしいですよね。
「まだ一緒にいたい!」とお客様に思ってもらえるように振る舞うことが大切です。

同伴の注意点④TPOをわきまえた服装やメイク

同伴の服装やメイクに指定はありませんが、お客様はお店の外で会うキャバ嬢に特別感を求めています。
いつもドレス姿のキャバ嬢の私服姿を楽しみにしているお客様もいるかもしれません。
Tシャツにジーパンのようなラフすぎる服装ではなく、お客様が喜びそうな私服を選ぶといいでしょう。

また、同伴で行く場所によってTPOをわきまえた服装やメイクをするといいでしょう。
コースで出てくるようなお店にはワンピースを着ていったり、お寿司屋さんや和食屋さんにいく時は香水をつけないようにするなど、行く場所に合わせて服装やメイクを決めましょう。

同伴の注意点⑤同伴も仕事ということを忘れない

同伴でお店の外にでると、つい気が抜けてしまいますが、同伴は仕事のひとつです。
お客様への気配りや会話に気をつけて、お客様に楽しんでもらえるように心がけましょう。
同伴が楽しければ、「また同伴しよう」と誘っていただけることもあります。
仕事中ということを忘れずにお客様と一緒に同伴を楽しんで、次の同伴にもつなげられるようにしましょう♪

【まとめ】同伴は稼げる!!

キャバ嬢 同伴

今回はキャバ嬢の同伴について詳しく解説しました。
いつもより早い時間からお客様に会うことになりますが、同伴のメリットはたくさんあります。
お店とはまた違う自分を演出して、お客様に同伴を楽しんでもらいましょう♪