暇な休日、どう過ごす?休日迷子な女子におすすめの過ごし方

暇な休日、どう過ごす?休日迷子な女子におすすめの過ごし方

社会に出るとバリバリ仕事をしてる人や結婚出産を経て家庭を持った人など、女性は男性よりも学生の頃とはガラッとライフスタイルが変わる人が多く、安易に友達に連絡するのをためらってしまい、だんだんと友達とは疎遠になりがちです。
働く女性や子育てママも自分で趣味の時間を確保するのは意外と難しかったり・・・。
束の間のお休みも、『何をしていいかわからない!』と感じている人は少なくないのです。
この記事は、一人でも休日を充実できる過ごし方を紹介します。

休日にすることがない女性って意外と多い!?

学生の時やまだ社会に出たての頃は、飲み会三昧!や、趣味のために、この日までお金を貯めてきた!など休みのために仕事やアルバイトを頑張っていた人は多いと思います。
しかしこのご時世もあり、30歳手前にもなると、「将来のために」と漠然と若かりし頃と同じような休日の過ごし方に抵抗を持ったり、次の日仕事だった日には体力的に昔と同じ行動力がなくなっていたりします。
結局何していいかわからず、「休みなのにヒマ…」「何かしたいけど何も思いつかない…」と休日が終わってしまいます。

女性におすすめの休日の過ごし方コレ

大事な休日、バタバタと過ぎていく日々から離れてお家でダラダラと過ごすのもひとつのリフレッシュになる人もいます。
女性は選択肢があるとワクワクすると思うので、意外とたくさんある休日の過ごし方を興味が出たものやときめいたものを試してみてください。

「お家」での過ごし方編

・読書をする
何も予定がないような、ゆっくりできる日に本を読み込むって、案外貴重で有意義な時間になります。
自己啓発ではなくても、言葉を知ることや知らない世界を知ること、思考力も高まりますし、本から学ぶことは多いと思います。

・断捨離
なかなかやりたくてもできない断捨離。この際時間がある休日に、自分に不要な物を捨ててお部屋の乱れを整えればスッキリして心の乱れも整います。フリマアプリに出品すれば、ちょっとしたお小遣いにもなります。

・資格をとる
自分の今後のキャリアについて悩んだり考えたりすることが多くなる思います。休日に予定がないなら自分の身になるスキルを習得してレベルアップしてみるのもいいでしょう。

・副業、投資を始める
仕事に不満はないけれど今の給料にプラスでお金が欲しい人はたくさんいます。暇な休日を使って副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。今は個人で仕事できるサイトが普及していて副業のハードルも低くなってきました。本業に支障が出ない程度で、自分にできそうな副業からやってみるのもいいでしょう。
例えば副業で得た収入の一部を投資に回して資産運用してみるのもおすすめです。貯金も大事ですが、お金の勉強もできますし将来のリターンが貯金よりも可能性があるので無理のない範囲で自分で運用してみるのは今のご時世やってみてもいいと思います。

「お外」での過ごし方編

・ジム、ヨガやエステに行く
ザ・休日!といったような自己投資や趣味の一つ。しかし運動して汗を流すことも、エステで癒されることも結局はとてもリフレッシュになります。
日々頑張ったご褒美に『美容DAY』などと名前をつけてその日一日自分を癒してあげるのは理想の休日ですね。
・買い物に出かける
ネットショッピングでポチポチもいいですが、自分のペースで実際の物を見たり触ったりして好きな物を買うのはストレス発散になります。
仕事や育児、毎日の節約頑張ってる自分へのご褒美はまた明日からも頑張れたりするものです。

・一人旅
元々行ってみたいところへ足を運ぶのもワクワクしますが、あてもなくプラプラと出かけてみることができるのも一人旅の良さ。
パワースポットに行ってみたり美味しいものを目指してみたり、思い切って温泉宿に宿泊して疲れを癒してみたり、近場のカフェ開拓もひとりで気ままにできて有意義な時間を過ごせそうです。

・習い事
興味があるけどなかなか関わることのできなかった事もあると思います。ゴルフやお花、料理など、スポーツから手芸まで幅広く、その道のプロがたくさんいます。新しい趣味になったりそこで新しい交友関係が築けたり。趣味が合う人と繋がれるのは嬉しいですね。

まとめ

せっかくの休日、『今日一日何してたんだろう・・・』と自己嫌悪になってしまうのであれば、思い切って新しいことに挑戦したら充実感を得られたり新たに趣味が見つかったり、今後の自分のためになることは意外とたくさんあります。しかし、この記事を読んで『何かしなきゃ!』と焦りは禁物です。
『何か興味ある事ないかな』と探すのも充実した時間を送れる第一歩。歳を重ねると様々なしがらみを抱えてなかなか腰が上がらない人も、できる範囲で行動してみてくださいね。

⇒その他におすすめなひとりの時間の過ごし方について詳しく知りたい方はこちら