共働きママなのにワンオペ育児?あなただけが負担を被るのはおかしい!

共働きママのワンオペ育児はつらい!ワンオペ育児から脱出するコツとは?

共働きが主流になっている現代で、家事は夫婦2人で分担することが一般的になっています。

しかし、子育ては母親がするものだという考えでワンオペ育児になっているお母さんも多いですよね。
「私も働いているのに…どうして私だけ…」と不満やストレスが溜まってしまうことも…

あなた自身もつらいですが、そんな家庭環境で過ごす子供もつらいです。
そしていずれは不満がたまりきってしまって…という話もよくききます。

今回は、共働きママのワンオペ育児の現実、リスクから回避方法までご紹介します♪
あなたが幸せに過ごせることが、子供にとっても幸せです。ワンオペ育児から早めに抜け出していつも笑顔でいてくださいね!

共働きなのにワンオペ育児は辛すぎる!

共働きなのにワンオペ育児は辛すぎる!

共働きママにとってワンオペ育児は本当に大変です。
家庭と職場で理解や協力がないと、完全にオーバーワークになっていますよね。

朝は誰よりも早く起きてご飯の支度、保育園に預けたあと仕事。
仕事もワンオペ育児だからといって、配慮もない。
仕事が終わって、保育園のお迎え、夕飯、明日の準備、片付けにお風呂、寝かしつけ。

ざっと1日の流れを振り返っただけでも、やることが多すぎますよね。
家族を大切に思う気持ちはあるものの、毎日これでは疲れてしまうのも無理はありません。
こんな日々をすごしていると、どんなママでも不満やストレスが溜まってしまいます。

ひとりで家事・育児を抱え込みすぎないことが、共働きママには大切なポイントになります♪

共働きの家事の分担について詳しくはこちら⇒

共働きなのにワンオペ育児だとリスクしかない!

共働きなのにワンオペ育児だとリスクしかない!

夫婦で共働きをしていこうと決めたものの、気がつけば家事・育児はママばかり。
「うまく生活を回さないと」と頑張りすぎている、ワンオペ育児から抜け出せないママも多いようです。
ここでは、共働きでワンオペ育児を続けるリスクをご紹介します。

ワンオペ育児のリスク①精神的に不安定になってしまう

ワンオペ育児を頑張り続けることは、おすすめしません。
外で仕事をしながら、家事・育児をひとりですることは、いずれ心と体に影響がでてくることも。

心と体に限界を感じたままの状態が長くなると、精神的に不安定になることも。
ストレスからくる体の病気にも繋がり、通院が必要になるケースもあるため、ひとりで抱え込みすぎないことが大切です。

子供は意外と母親を見ています、そんな不安定なあなたを見ていると子供まで不安になってしまいます。「私だけが頑張れば…」などと考えずワンオペ育児から早急に抜け出しましょう!

ワンオペ育児で「孤独感」を感じるママは多い…

精神的な不安定さや周りに頼れない状況は「孤独感」を生み出し、働くママにとって多大な負担を生み出します。

ワンオペ育児の状況におちいってしまい、頑張っているママさんほどどんどん周りに頼れなくなっているという調査もあります。

そして心の余裕がなくなると、どんどん周りが見えなくなるものです。そうなる前に少しでもワンオペ育児の状況になってしまっていると感じたら周りに頼る方法を考えましょう!

ワンオペ育児のリスク②愛情の枯渇から離婚になってしまう

共働き夫婦の家事・育児の割合が片方だけに偏ってしまうと離婚の原因になります。
頼れないパートナーに対し、共働きなのに「どうして自分ばかり」とママはストレスを増して、対照的に愛情が減りはじめます。

共働きママに子どもを養って生活できる収入がある場合、離婚を決意しやすくなります。
せっかく好きな人と結婚出来て、大切な子供までいるのにそんなことになったら本当に悲しいです、次からのワンオペ育児から回避する方法を実践して、あなたの負担を減らすために動き出しましょう!

共働きなのにワンオペ育児から回避する方法

共働きなのにワンオペ育児から回避する方法

共働きのワンオペ育児を回避する方法は、まわりに頼ることをおすすめします。
育児も立派な労働ですので、家族や職場に協力してもらえる環境を整えましょう。

ここでは、共働きのママが精神的・体力的にも楽になるおすすめの方法を紹介します。

ワンオペ育児から回避する方法①子供を預ける

ひとりでなんでもやってしまおうとせず、一時的に子どもを預けてみるのもおすすめ。
ワンオペ育児は、家事・育児に仕事も加わって、起きてから夜寝るまで、働きづめです。
ほんのわずかな時間でも、自分以外の人やサービスに頼ることも大切です。

例えば、実家が近所にある場合には、保育園のお迎えをしてもらうなど協力をお願いしてみましょう。
実家が頼れない場合は、公的か民間のサービスの活用も取り入れて、自分の体を休める時間を確保しましょう。

もしもそれで夫に文句を言われる場合は、それならなぜあなたが子育てをしないのかという事についてしっかりと問い詰めましょう。子供は夫婦の二人で育てる責任があります。

ワンオペ育児から回避する方法②育児関連の友人を作る

ワンオペ育児には、育児について不安や悩みを相談できる友人は心強い存在です。
気の合う保育園のママや、同じ育児中の友人がいれば、話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になりますよね。

もし、いないようであれば職場の先輩と上司も「友人」の枠に入れて考えるのも、ひとつのアイディア。普段から現状をサクッと伝えておくだけでも、育児への理解と協力が得られやすくなりますよ。

もちろんSNSで子育て関連の人と繋がるのも◎
顔が見えないので本音で話しやすいというのもSNSの魅力です♪

ワンオペ育児から回避する方法③家族みんなで話し合う

共働きのワンオペ育児を回避するには、家のルールを家族で話し合うのも大切。
まずは育児分担の理解をしてもらい、その上で協力体制を作っていくことが大切です。

パートナーやお手伝いができる年齢の子どもに、小さな家事の分担をお願いしてみましょう。
例えば洗濯物だと、取り込みから収納までのうちの小さなことでも構いません。

家のルールは、一度の話し合いで決めようとせず、見直しを繰り返し行っていくのがポイントです。

共働き夫婦の家事分担について詳しくはこちら⇒

【まとめ】夫婦で分担して仲良く育児を行おう!

夫婦で分担して仲良く育児を行おう!

共働きママのワンオペ育児を脱出する方法は、やることを減らすことでした。

まわりの人やサービスに頼ることは悪いことではありません!そして「母親だけが育児をする」という時代はもう終わっています。

夫婦で仲良く育児ができるように、小さく少しずつはじめてみませんか?
あなたの負担が減り、いつも幸せな気持ちでいることが育児でも大切なことです♡