ボタニカルとオーガニックに違いはある?気になる安全性も解説!

ボタニカルとオーガニックに違いはある?気になる安全性も解説!

身近なところに溢れているボタニカル商品とオーガニック商品。どちらもなんとなく良い物というイメージがあり選ぶ機会や手に取ることが多いのではないでしょうか。
似たイメージのボタニカルとオーガニックにはどのような違いがあるのか、なんとなく良いものとはわかっていて選ぶのなら尚更この2つに違いは抑えておきたいところです。
この記事は、ボタニカルとオーガニックの違いについて解説します。

ボタニカルとは?

ボタニカルとは?

イメージとしては自然や天然など体に良さそうな言葉のボタニカルとは、直訳すると『植物由来の』という意味です。
ボタニカルがついているものや商品は、植物から作られたという意味で使われています。
天然というわけではなく、植物から作られたという意味で付けられる言葉なので、そのほかにどんな成分が入っているのかをその商品によってその都度確認した方が良いです。

ボタニカルシャンプーやボタニカルコスメなど目にする機会もあると思いますが、それらは全て植物由来で出来ていることを表します。
また、ファッションでボタニカル柄とありますが、それは植物をモチーフにした柄のことを言います。

オーガニックとは?

オーガニックとは

オーガニックを直訳すると『有機』や『有機栽培』という意味になりますが、その有機とは、無農薬添加物を入れていない農法で生産された商品を言います。
自然を守るという観点でオーガニックという言葉を使うこともあります。

オーガニックを名乗る一つの定義として、化学肥料、農薬を3年間使用していない農地で栽培する植物である必要があり、他の商品に比べると手間がかかるので、オーガニックの商品は高価な物という印象もあると思います。

ボタニカルとオーガニックの違い

ボタニカルとオーガニックの違い

ボタニカルとオーガニックはどちらもナチュラルで無機質な感じでお洒落な良い印象を与えられる言葉だと思います。
しかし、同じようなイメージでも実は意味としては全く別のことを表します。

ボタニカルは植物由来、オーガニックは有機製品。
ということはボタニカルの商品は、植物からできている物で化学農薬を使用して作っていてもボタニカルと呼称できます。

反対に、オーガニックの商品は『ボタニカル商品かつ、化学農薬を使用していない』物でないとオーガニックと言えません。
ボタニカルとオーガニックの一番の違いは、添加物や化学農薬を使用しているか否かの違いになります。
商品の成分など中身が気になる場合は、この2つの違いは覚えておくと物を選びやすくなると思います。

気になる安全性は?

安全性としてはボタニカルの物もオーガニックの物も、元は自然の物から出来ている物なので良いものというイメージがつきますし、人工物でできている物を比べると肌など体に優しい物が多くなります。

オーガニックの商品については、オーガニックと名付けるには多くの基準を満たさなければいけません。

ボタニカルでも100%植物由来の物もありますが、ボタニカルの言葉の使われ方には基準が定められていないので、どのくらい植物由来でどの程度添加物が配合されているのか気になる場合は成分の確認をしてください。

添加物を避けたい!というような人はオーガニック製品から自分に合うものを選ぶのをお勧めしますが、有機栽培で育てられたオーガニックの原料だからと言ってもアレルギーや刺激になる植物もあるのでオーガニックの方が完全に安全であるとも一概には言えません。
化学物質的な観点で見ると、オーガニックの方がより安全という程度になります。
また使用するにあたってどちらも自然のものなので、製品の保管場所、使用期限などはしっかりと管理をしてください。

ボタニカルコスメ・オーガニックコスメの違いは?

ボタニカルコスメ・オーガニックコスメの違いは?

ボタニカルコスメもオーガニックコスメも、どちらも天然由来成分から作られているコスメです。
天然由来成分なので、肌への負担が少ないのも特徴。

2つの違いとしては、ボタニカルとオーガニックの違い同様、ボタニカルコスメは植物性のコスメ、オーガニックコスメは有機栽培で育てられた植物から抽出された成分で作られているコスメです。
オーガニックコスメは、「植物性のコスメ」という概念からするとボタニカルコスメのひとつであるともいえます。

ボタニカルコスメもオーガニックコスメも、明確な定義はありませんが、海外では「オーガニック認証」を取得したコスメもあります。
オーガニックコスメにこだわりのある方はぜひ探してみてくださいね♪

まとめ

似たようなイメージを持つボタニカル製品とオーガニック製品は実は全くの別物ということがわかりました。
また、植物から作られているといっても全てがオーガニックで出来ているのではないということも理解できたのではないでしょうか。

ボタニカルもオーガニックも使用するにあたり、自然な物が良いのはもちろんですが、時には人工の物の方が使い勝手が良かったりコスパも良かったりもします。
ボタニカルとオーガニックという言葉はよく目にすることも多いと思いますが、これで迷うことなく自分に合うものや気に入った商品を選べると思います。