夏冷えから身体を守るには?今日から取り入れたい夏冷え対策を紹介

夏冷えから身体を守るには?今日から取り入れたい夏冷え対策を紹介

暑いのに手や足先が冷えている、肌寒く感じる経験はありませんか?
もし経験があるのなら、「夏冷え」が関係しているのかもしれません。
気が付かないうちに身体が冷えていると、健康状態に影響を及ぼします。
特に女性の方は、暑さを感じる気温でも冷えに悩んでいる方は多いですよね。
今回は、夏冷えと対策について詳しく紹介します。

夏なのに身体が冷える『夏冷え』とは

外は太陽が照り付け地面の温度も高くなり暑さを感じますが、屋内に入るとエアコンが効いていることが多いです。
飲食店やスーパーなどは、暑さが一瞬で飛ぶほど室内が冷えていますよね。
一見快適なように感じますが、暑い屋外から冷房の効いた屋内に入ることで一気に体温が下がり、身体は急激な温度変化についていかなくなります。
すると自律神経が乱れ血行不良が起こり、手や足先、腰などに冷えを感じます。
これが夏冷えの正体。そのまま何も対策をしていないと、疲れやだるさ、肩こり腰痛などの健康状態悪化の原因に繋がります。
また、女性は男性と比べると筋肉量が少ない傾向にあります。
筋肉は熱を蓄えておく働きも担っています。筋肉が少ないと身体に熱を蓄えておくことできず結果、体温が下がり冷えを感じます。

夏冷えになるNG行動

夏冷えは急に起こるわけではありません。
毎日何気なく生活している中で、身体の冷えを誘っている行動があります。
まず、暑いからといって冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎないよう注意しましょう。
摂取した飲食物の消化に適した内臓の温度は、37度ほどと言われています。
冷えた内臓を温めるためにエネルギーを使うので、その分身体に負担がかかります。
身体の中から冷えてしまうと、内臓が冷えお腹を下す要因にも。
また、内臓が冷えていると基礎代謝が下がります。
基礎代謝が下がると、摂取した栄養がエネルギーに変わらず脂肪として蓄えられ、老廃物がうまく排出されず、肌荒れの原因に繋がります。
身体の中から冷えていると、健康面でも美容面でもよくありません。

エアコンの効きすぎた屋内に長時間いる場合も冷えに繋がります。
とくに職場で制服を着用している方は、スカート着用や夏は半袖でいることが多いです。
肌が出ている服装で長時間冷房の効いている場所にいたり、冷房の風を浴びたりしていると、必然的に身体は冷えてきます。
温度調節ができない職場や外出先で身体が冷えすぎないよう、羽織れる上着やお腹周りや腰を温めるアイテムを身につけ、冷えから身体を守りましょう。

夏冷えの対策

ここからは夏冷えの対策について紹介します。
まずは簡単に始めることのできる食事面と身体から冷えを守るグッズを活用していきましょう。
意識して取り入れることで、冷えを改善することが可能です。

食事面から出来る夏冷え対策

夏野菜や地面の上にできる野菜、南国で取れる果物は、身体を冷やす作用があるので摂りすぎないようにしましょう。
反対に地面の下にできる野菜や色の濃い野菜、発酵食品は身体を温める食材となります。
紅茶やウーロン茶は身体を温めるのによい飲み物なので、日頃から飲むように意識しましょう。
身体を温める効果の高い食材として有名な生姜。生姜には血行促進効果があり身体の中から温める効果があります。
紅茶に加えるとより効果的に身体を芯から温めることができますよ。
また、冷たい麺類ばかりの食事を取るのではなく、温かいスープやみそ汁を毎日のメニューに加えましょう。

グッズで夏冷え対策

普段身につけるアイテムから、夏冷え対策をしていきましょう。
・いつでも羽織れるカーディガンやストールを持ち歩く
・お腹を冷やさないように腹巻や長めのインナーを着用する
・靴下で足首を覆う

今はおしゃれな冷え対策のアイテムが増えてきているので、ファッションを楽しみつつ冷え対策ができます。
服装を工夫しても冷えを感じるのであれば、カイロを貼るのもよいでしょう。
カイロの温かさを効果的に発揮するには、身体のツボの貼ることが重要です。
まず、肩甲骨の間にある「風門」と呼ばれるツボ。
肩周りの血行がよくなり、寒さで強張ったコリもほぐれます。
もう1つおすすめは、おへそから5cmほど下にある「丹田」と呼ばれるツボ。
内臓の冷えに効果的で、冷え解消に繋がります。

まとめ

「冷えは万病の元」と言う言葉があるほど、冷えを軽視していると健康状態に影響が出ます。
少しでも冷えを感じているのなら、きちんと冷え対策をし改善することが望ましいです。
毎日の食事で意識して温かい物を摂ったり、身体を冷えから守るグッズを活用したり、今年こそ夏冷えから卒業しましょう。