彼氏との喧嘩で仲直りしたい!効果的な方法と気をるけるべき行動を紹介

彼氏との喧嘩で仲直りしたい!効果的な方法と気をるけるべき行動を紹介

どんなに仲のよいカップルでも喧嘩はつきもの。早く仲直りしたくてもお互い素直になれず、なかなか仲直りできないカップルも多いですよね。
今回は彼氏と喧嘩した際、仲直りしたいときの方法とNG行動について紹介します。
「彼氏と喧嘩したけど早く仲直りしたい」という方は必見ですよ。

彼氏と仲直りしたい時にすること3選

彼氏と仲直りしたいときにおすすめの方法を紹介します。
仲直りに悩んでいる方はまずはこの3つを心がけましょう。
実行することで、仲直りをするきっかけとなるでしょう。

連絡して仲直りのきっかけを作る

「彼氏との喧嘩のあと連絡するのは気まずい」という方も多いでしょう。しかしそのまま長い時間連絡をしないことは、モヤモヤして気分がよくないもの。

まずは自分から彼氏に連絡して、仲直りのきっかけをつくりましょう。
その際、2〜3日期間を空けることが重要。喧嘩の後すぐに連絡を取ると、お互いの考えがまとまっておらず、仮にそのまま仲直りできてもまた同じことの繰り返しとなるでしょう。
また、まだ喧嘩時の興奮状態のときに話し合っても感情的になってしまい逆効果となってしまいます。
少し距離を取り冷静になることで、考えがまとまりきちんと話し合い、仲直りすることができるでしょう。

自分からごめんねと謝る

自分に原因がある場合は、もちろん自分から謝りましょう。その際ただ謝るのではなく、何がいけなかったのか、これからどうしていきたいのかをきちんと彼氏に伝えます。
一方どちらかが悪いというわけではない喧嘩のとき、しばらく距離をおいて冷静になった際、男性はプライドが邪魔してなかなか素直に謝れないもの。
そんなときはこちらから「ごめんね」と謝罪します。彼氏も仲直りはしたいので、自分から謝罪し歩み寄るとよいでしょう。

喧嘩の原因を二人で話し合って解決する

「話し合うことは苦手」と感じる方もいますが、喧嘩のあとに原因を二人できちんと話し合うことが大切です。
ここで話し合うことから逃げてしまうと、お互い本当の気持ちが見えず、その場はよくても徐々に二人の仲に溝が深まってしまうことにも・・・。

話し合う際、感情的にならず冷静さを保ちましょう。相手を責めたり批判したりなどすることはNG。
彼氏の意見を受け入れつつ、自分の気持ちを相手にきちんと伝えましょう。
話し合いお互いの理解を深めることは、恋愛においてとても重要です。彼氏との未来を見るためにも、ここできちんと話し合いましょう。

仲直りしたい時のNG行動

実は、仲直りしたいときにやってはいけない行動があります。
もし喧嘩の際、これから解説する3つのNG行動をとっている方は仲直りが遠のく可能性があるので、すぐにやめましょう。

とにかく無視する

喧嘩の際、彼氏から連絡が来ても無視をすることは、大人の女性がすることではありません。
彼氏を困らせるだけではなく、より状況は悪化します。
何か伝えたいことがあるのなら、無視をするのではなく素直になり話し合いを行い、仲直りへと繋げていきましょう。

感情的にふるまう

冷静に話し合いをしていても、喧嘩時の怒りが再熱してしまう場合もあるでしょう。
感情的に振る舞ってしまうと、彼氏を責めてしまうことを話したり、別れを切り出してしまったりと、思ってもいないことを口にしてしまうかもしれません。

話し合いをする際に感情的になりそうなら、数日間時間を空け話し合う内容を考えましょう。
喧嘩の話し合いのたびに感情的になっていたら、彼氏から別れを切り出されてしまうかもしれませんよ。

彼氏が謝ってくれるのを待とうとする

彼氏から謝ってほしいと考え、謝ってくれるまでいつまで連絡を待っていても仲直りには辿り着けません。
待つのではなく、自分から謝罪しましょう。
男性はプライドや意地のせいで、なかなか謝罪できないもの。
ここは女性が大人となり先に謝罪することで、男性も謝りやすいでしょう。

ただし、彼氏に原因がある場合は様子を見てください。毎回自分から謝っていると彼氏は「きっとまた謝ってくるから待とう」と考えるようになる可能性があります。
対等な関係でいるためにも、時と場合を見極めましょう。

まとめ

彼氏と喧嘩してしまうことは、どんなカップルにも起こること。
まずは自分から謝ったり連絡を取ったりして、仲直りするきっかけをつくりましょう。
話し合うときは決して感情的にならず、冷静に話し合います。
彼氏と円満に仲直りをしてよりお互いの理解を深めることで、二人の絆はより深いものになるでしょう。