デートの誘いを上手に断りたい…上手な断り方のポイントを徹底紹介!

「せっかくのデートのお誘いだけど気乗りしない…どうやって断ろう?」

気乗りしない相手からのデートの誘いは、どう断ればいいのか難しいですよね。
断り方によっては相手との関係が悪くなってしまったり、相手を傷つけてしまったりするため、デートの誘いを断る言葉選びには注意が必要です。

今回は、デートの誘いの上手な断り方についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

デートの誘いは断りづらい?

デートの誘いは断り辛い?

好意がない相手からのデートの誘いだった場合、できれば早めに断りたいもの。
しかし、職場で付き合いのある相手や共通の友達がいる相手からのデートの誘いは、簡単には断りづらいのではないでしょうか。

無理にデートの誘いを断ってしまい、相手の心やプライドを傷つけてしまうと、相手と気まずい関係になってしまいますし、自分の印象も悪くなってしまいます。

断りたい相手からデートの誘いをもらったら、相手も自分も気まずくならないように上手な断り方をする必要があります。

デートの誘いを上手に断る断り方とは?

上手な断り方と気を付けるポイント

ここからは、デートの誘いの上手な断り方と、気を付けるポイントを4つご紹介します。
ひとりの大人として、相手を傷つけないように気をつけて、上手にデートを断るようにしましょう。

デートの上手な断り方と注意点①「忙しい」だけはダメ!

デートの上手な断り方をするなら、「忙しい」というだけで断るのはあまりおすすめできません。
「仕事で忙しい」「予定があって忙しい」はデートを断る時に定番の理由ですが、使い方に注意が必要です。
繁忙期を避けたタイミングでまたデートに誘われたり、別の日を提案されてしまう可能性があります。

デートの誘いを断る際に、「忙しい」以外の断り方が思いつかない時は、「好きな人(または彼氏)がいる」と言って断るのも一つの手です。
実際に好きな人や彼氏がいなくても構いません。
「自分には既に心に決めた相手がいる」とほのめかすことで、今後のデートの誘いを諦めてもらいやすくなりますし、デートの誘いを上手に断ることができます。

デートの上手な断り方と注意点②相手を傷つけない配慮をする

バレるような嘘をついたり、わかりやすく嫌な態度をとるような断り方は相手を傷つけてしまいます。
デートの誘いを上手に断るためには、相手を傷つけないように配慮しながら断るようにしましょう。

特にデート直前のドタキャンは、傷つけてしまうだけでなく相手の時間を無駄させてしまうため、やめた方がいいです。
どうしても断り切れずに一度OKしてしまった場合は、ドタキャンになってしまう前に早めに断りの連絡を入れましょう。

デートの上手な断り方と注意点③期待させる発言をしない

デートの上手な断り方をするなら、相手に期待させるような断り方をするのはやめましょう。
自分にもまだ可能性があるのだと勘違いされてしまい、何度もデートに誘われてしまうかもしれません。

「また今度」「いつか」という曖昧な断り方は、勘の鈍い相手には伝わりづらいことも。

まずは誘ってくれたことへのお礼をきちんと伝えた上で、自分は相手に恋愛対象としての興味を持っていないことをハッキリと伝えて断ることも大切。
少し勇気が必要ですが、一度はっきり断ってしまえば、何度もデートの誘いを断るよりも気持ちが楽ですよ。

デートの上手な断り方と注意点④連絡を無視するのはNG!

デートの断り方に「困るから」「面倒だから」といって連絡を無視してしまうのはNG行為です。
ハッキリと断られた時よりも深く相手の心を傷つけてしまいます。

お相手はきっと勇気を出してあなたをデートに誘ったはず。
あなたも勇気を出してくれた相手には、誠意を持ってきちんと断りの連絡をしましょう。

上手なデートの断り方をマスターしてトラブル防止♪

上手なデートの断り方をマスターしてトラブル防止♪

デートの誘いの上手な断り方は、相手を傷つけないように配慮することが大切です。

職場で付き合いのある人など今後も顔を合わせる相手の場合、特に断りづらく感じてしまいますが、自分に好意を持ってくれたことに感謝を持ちつつ、ハッキリと断るようにしましょう。

今回ご紹介した4つのポイントに気をつけて、デートの誘いをスマートに断れる断り上手さんになってくださいね♪