肌荒れの原因と正しいスキンケアを紹介!

肌荒れの原因と正しいスキンケアを紹介!

「いつも通りのスキンケアをしているのに肌が荒れてしまった・・・」という悩みを抱えている方は少なくないでしょう。
肌荒れにはさまざまな原因があります。
では、肌荒れを改善するにはどのようなことを気をつければよいのでしょうか。
今回は肌荒れの原因と正しいスキンケアについて詳しく解説していきます。

肌荒れの原因とは

ここからは肌荒れの主な原因を5つ紹介します。

乾燥

まず肌荒れの原因として挙げられるのは肌の乾燥です。
湿度の低下によって、肌の水分や皮脂の量が減少してしまい、肌にうるおいがなくなり乾燥してしまいます。
正しいスキンケアで肌の水分と油分のバランスを整えることが大切です。

紫外線

2つ目に挙げられる肌荒れの原因は紫外線です。
紫外線は当然日焼けやシミ、そばかすの原因となりますが、それ以外にも肌のバリア機能を低下させてしまいます。
紫外線は曇りの日も雨の日も必ず存在しています。
冬場や天気の悪い日も油断せずに、日焼け止めを塗るようにしましょう。

バリア機能の低下

3つ目に挙げられる肌荒れの原因はバリア機能の低下です。
肌のバリア機能とは皮膚の一番外側にある「角質層」に存在しています。
バリア機能は花粉やハウスダストなどの外的刺激から肌を守り、肌内部のうるおい保つなどさまざまなはたらきがあります。
そのため、バリア機能が低下してしまうと肌が刺激を受けやすい状態になり、肌のうるおいも低下してしまうため、肌荒れの原因となってしまうのです。

生活習慣の乱れ

4つ目に挙げられる肌荒れの原因は、生活習慣の乱れです。
睡眠不足や不規則な生活を送っていると、体内の血流が低下してしまいます。
また、食生活が乱れてしまうと、肌にとって必要な栄養が不足してしまうこともあります。
その場合、肌の角質細胞が育ちづらくなってしまい、肌のバリア機能が低下してしまうことがあります。

間違ったスキンケア

5つ目に挙げられる肌荒れの原因は、間違ったスキンケアです。
洗顔やクレンジングをする際に顔をゴシゴシ擦っていたり、化粧水を強くパッティングしたりすると、肌への刺激となってバリア機能が低下する原因となってしまいます。

肌荒れを治す正しいスキンケア

ここからは肌荒れを治す正しいスキンケアのポイントを3つ紹介します。

肌に摩擦を与えない

肌荒れを治す正しいスキンケアの1つ目は、肌に摩擦を与えないことです。
洗顔やクレンジングの時に顔をゴシゴシ擦ったり、化粧水を強くパッティングすることは肌への摩擦となります。
肌への摩擦はバリア機能の低下につながってしまいます。

肌のバリア機能を健やかに保つことは、肌荒れを治すためにとても重要なポイントです。
肌のバリア機能があることで花粉やホコリ、紫外線などから肌を守ることができるのです。

バリア機能を守るためにも、肌への摩擦は与えないようにしましょう。

炎症を抑える成分を配合したものを使う

肌荒れしているときは炎症を抑える成分を配合したものを使ってスキンケアを行うといいでしょう。
炎症を抑える成分の代表として「グリチルリチル酸ジカリウム」や「アラントイン」「トラネキサム酸」などが挙げられます。

反対に、肌が荒れている時は化粧品に含まれるアルコールや防腐剤に反応し、肌荒れが悪化してしまうこともあります。
肌荒れが気になる時は、無添加のものでスキンケアを行うのもいいでしょう。

⇨韓国で有名なニキビパッチについてはこちら

化粧水とクリームでたっぷり保湿する

肌荒れが気になる時は、化粧水とクリームでたっぷり保湿するようにしましょう。
化粧水でたっぷりの水分を与えて、乳液やクリームでうるおいを持続させるようにしましょう。
特に入浴後や洗顔後は肌のうるおいが逃げやすい状態です。
なるべくすみやかに保湿を行うようにしましょう。
その際、敏感肌用のスキンケアを選ぶなど、肌に刺激を与えないようにするといいでしょう。

まとめ

今回は肌荒れの原因や肌荒れを治すスキンケアについて紹介しました。
肌が荒れている時は普段よりも肌にやさしいスキンケアを行うようにしましょう。
また、肌のバリア機能が低下することで肌荒れにつながってしまうこともあります。
肌のバリア機能を高めるスキンケアを行い、美しく健やかな肌を作るようにしましょう。

⇨美肌を目指す食事についてはこちら