乾燥肌の方向け!おすすめの化粧水5選と化粧水の選び方を徹底解説

乾燥肌の方向け!おすすめの化粧水5選と化粧水の選び方を徹底解説

毎日きちんとスキンケアしていても、季節の変わり目や空気の乾燥などで肌の乾燥に悩む方が多く見られます。肌の乾燥は放っておくと肌トラブルを起こしやすくなります。今回は乾燥肌の方におすすめの化粧水の選び方や、おすすめの化粧水を詳しく解説していきます。

乾燥肌におすすめの化粧水の選び方

乾燥肌におすすめの化粧水の選び方

乾燥肌の方が化粧水を選ぶ際に重要なポイントを4つ紹介します。

保湿力の高い成分が配合されているか

乾燥肌の方が化粧水を選ぶ際には、配合されている成分をチェックするといいでしょう。
有名な保湿成分を3つ紹介するので、是非参考にしてください。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は1gにつき、2~6リットルの水分を保持する力を持った保湿成分です。
油分とは違うしっとり感を出すことができます。
肌内部の水分量を高め、肌に保護膜をつくるはたらきがあります。
また乾燥に強く、湿度が下がっても蒸発する水分を最小限に抑える力もあります。

コラーゲン

コラーゲンには水分を抱え込んでキープするはたらきがあります。
食事から摂取するイメージがあるコラーゲンですが、コラーゲンは分子が大きく肌に浸透しづらいため、
化粧品に配合される場合は分子を小さくした「加水分解コラーゲン」という名称で配合されています。

セラミド

セラミドは肌を外部の刺激から守る「バリア機能」にとってとても重要な成分です。
もともと肌の角質層に存在する成分で、肌のバリア機能を高めて外部の刺激から肌を守ったり、キメの細かい肌をつくるはたらきをします。
ちなみに「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」を合わせて、「三大保湿成分」と呼ばれます。

他にも「ワセリン」や「スクワラン」などが保湿成分として挙げられます。
乾燥肌の方は保湿成分の配合された化粧水を選ぶことをおすすめします。

年齢や環境に合っているか

乾燥以外にも生活環境や年齢にも合わせて化粧水を選ぶことが大切です。
例えば紫外線を浴びてしまうことが多い方は美白成分が配合された化粧水を選んだり、
ニキビが気になる方は肌あれ防止成分が配合されている化粧水を選んだり、
年齢による肌の変化が気になる方はエイジングケアタイプの化粧水を選ぶといいでしょう。
乾燥以外の悩みにもアプローチできる化粧水を選ぶことをおすすめします。

浸透促進成分や高機能成分が配合されていないか

浸透促進成分とは「エタノール」や「メントール」などのことを指します。
これらは肌の乾燥がひどかったり、敏感になっている際は避けた方が良い成分です。
ほかにも「尿酸」や「乳酸」なども肌がひりつきやすいので避けた方が無難です。
個人差はありますので、気になる方はパッチテストをしてから使用するといいでしょう。

香りやテクスチャー

化粧水の香りやテクスチャー選びも大切です。
化粧水には「さっぱりタイプ」や「しっとりタイプな」ど、テクスチャーの違いがあります。
乾燥肌向けの化粧水には、ヌルヌル感が強すぎる化粧水や、べたつく化粧水もあるので、購入前にサンプルなどでテクスチャーをチェックするといいでしょう。
香り選びも大切です。化粧水は毎日使うものなので、心地よく使える香りかどうかは重要なポイントです。
毎日継続して使える香りの化粧水を選ぶようにしましょう。

乾燥肌におすすめの化粧水5選

ここからは乾燥肌の方におすすめしたい化粧水を5つ紹介します。

イハダ 「薬用ローション」

イハダ 「薬用ローション(医薬部外品)」
出典:IHADA

バリア機能を整え濃密な潤いに満たされた素肌に

不純物の少ない高精製ワセリンを配合した化粧水。繰り返す肌荒れや乾燥を防ぎ、肌のバリアきおぬを整えます。
「しっとり化粧水」と「とてもしっとり化粧水」の2種類があるので、肌の乾燥具合や個人の好みで選べるところもおすすめ。

SK-II 「フェイシャルトリートメントエッセンス」

SK-II 「フェイシャルトリートメントエッセンス」
出典:SK-II

SK-IIを代表するピテラTMのエッセンス

ピテラTMとはSK-II独自の天然由来成分で、肌荒れを防ぎながら肌本来の健やかさを保ちます。
水のようなサラっとしたテクスチャーですが、しっかりと潤いを感じるので乾燥肌の方にもおすすめの化粧水です。

イプサ 「ザ・タイムRアクア」

イプサ 「ザ・タイムRアクア」
出典:ipsa

みずみずしい感触を持続させる薬用化粧水

アセチル化ヒアルロン酸(保湿成分)などを組み合わせて配合し、角質のうるおいを高めて持続させる化粧水です。
乾燥以外にも肌荒れや大人ニキビにも効果的なので、乾燥以外の悩みがある方にもおすすめです。

ナチュリエ 「ハトムギ化粧水」

天然保湿成分ハトムギエキス配合

みずみずしく浸透力に優れた処方で重ねるほど肌になじみ、角質層を水分で満たす化粧水。
ハトムギエキスには12種類のアミノ酸が含まれており、肌のバリア機能をサポートする役割があります。
プチプラで長年大人気の化粧水なので、乾燥が気になり始めた方も使いやすくおすすめの化粧水です。

dプログラム「モイストケア ローションMB」

たっぷりの潤いが角質まで浸透して乾燥を防ぐ

角質の奥まで浸透し、肌に深いうるおいを与えてきめを整える化粧水。
肌荒れを防ぐ有効成分「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合し、乾燥や肌トラブルを防ぎます。

まとめ

今回は乾燥肌の方におすすめの化粧水の選び方やおすすめの化粧水を5つ紹介しました。
肌の乾燥を防ぐために化粧水選びはとても大切です。
化粧水は毎日使うものなので、成分表やテクスチャーを見ながら、自分に合った化粧水を選べるとよいでしょう。