【乾燥肌の対策5選】今日からスグできる!乾燥肌の対策はコレ!!

肌の乾燥の具体的な対策を徹底解説!

空気の乾燥に伴い、乾燥肌に悩む方が多くみられます。肌がカサついたり、かゆみがでたり、かゆみが出たせいで掻きむしってしまったり。今回は乾燥肌の方向けの対策を詳しく解説していきます。乾燥肌を対策して美しい肌を目指しましょう。

乾燥肌の具体的な対策

乾燥肌 対策

乾燥肌を改善するために行うべき対策を6つ紹介します。

乾燥肌の対策①洗顔方法の見直し

間違った洗顔方法は肌の乾燥を起こす原因となります。
肌をゴシゴシ擦るような洗顔やお湯での洗顔は肌の角質を傷つけてしまいます。
肌を擦らないように優しい泡で顔を包み込むように洗い、人肌程度の水で十分にすすぎましょう。
洗顔後の拭き取りも同様です。肌を擦らないよう清潔なタオルで優しく拭きとるようにしましょう。

乾燥肌の対策②丁寧なスキンケアで肌を潤す

洗顔後や入浴後は肌から水分が奪われやすい状態です。
洗顔後や入浴後はすみやかに保湿しましょう。
まず化粧水で肌にたっぷり水分を与え、乳液やクリームで油分を補い、肌に蓋をします。
スキンケアを行うときは清潔な手で、肌をこすったり叩いたりせず、顔を覆うようにやさしくプレスして肌に浸透させましょう。
基本的なスキンケアを丁寧に行うことは乾燥肌の対策として重要です。
毎朝毎晩丁寧に行いましょう。

乾燥肌の対策③水分補給で体の中から潤す

乾燥肌対策には水分補給も大切です。
喉が乾きを覚える頃には体は既に水分不足に陥っています。
目安としては喉が渇く前に摂取するようにしましょう。
体内の水分が不足すると血行不良が起こりやすくなり、新陳代謝が落ち、肌のターンオーバーが低下する原因にもなります。
肌のターンオーバーが低下する肌のバリア機能が崩れやすくなり、肌の水分が蒸発して肌が乾燥しやすくなってしまいます。
こまめに水を飲むように意識しましょう。

乾燥肌の対策④充分な睡眠

睡眠不足は新陣代謝の低下につながります。
新陳代謝が落ちると皮膚細胞の代謝も落ち、成長ホルモンの分泌を妨げ、肌のターンオーバーが低下する原因にもなります。
最低でも6時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。
乾燥肌とターンオーバーは密接な関係にあります。
肌の乾燥を対策するには、ターンオーバーを低下させないために十分な睡眠をとることが大切といえます。
ぐっすり眠れるよう体をあたためたり、寝る前のスマホやパソコンを控えたり対策しましょう。

乾燥肌の対策⑤バランスのよい食生活

食事からとる栄養は肌の健康に役立ちます。
逆に言えば、偏った食事は肌に大きな影響を与えてしまうのです。
食生活が乱れてから乾燥肌になった場合は特に食生活を見直してみるといいでしょう。
肉や魚から摂れるタンパク質は肌の主成分になり、ビタミンやミネラルは肌のターンオーバーに必要な栄養素です。
肉や魚、卵や大豆製品、野菜などをバランスよく取り入れるようにしましょう。
いずれかのみ食べるのではなく、偏らないようにバランスの良い食生活を心がけ、肌の乾燥を対策しましょう。
また、食事以外に野菜ジュースやトマトジュースなど美肌効果のある飲み物もあります。
食事と合わせてうまく取り入れると、バランスよく栄養を取り入れやすいでしょう。

【まとめ】肌の健康を保ち、乾燥を対策

乾燥肌 対策

肌にどれだけ潤いを与えても肌の状態が悪ければ、与えられた潤いをキープすることができず、乾燥してしまいます。
肌の潤いをキープするためにはターンオーバーやバリア機能を整え、肌の健康を保つことが重要な鍵となります。
丁寧なスキンケアを心がけて、肌の内側からも外側からもたっぷりの水分と栄養を与えて、肌の乾燥を対策していきましょう。