【何とかしたい!】乾燥肌で肌がヒリヒリ痛い・・・原因や対処法はコレ

乾燥肌で肌がヒリヒリ痛い・・・ヒリヒリの原因や対処法を紹介!

乾燥肌の方に多い「肌がヒリヒリする」「顔が痛い」という悩み。
いつも通りのスキンケアをしているし、日焼けをしたわけでもないのに肌がヒリヒリすると困ってしまいますよね。
乾燥肌だから、と放置してしまうと思わぬトラブルにつながってしまうこともあります。
今回は乾燥肌が肌がヒリヒリと痛い理由と、具体的な対処法を紹介します。
この記事を読んで理由や適切な対処法を理解して、肌のヒリヒリを元から抑えるようにしましょう。

乾燥肌でヒリヒリと痛い理由

乾燥肌 痛い

乾燥肌で肌がヒリヒリと痛む原因を紹介します。

乾燥肌でヒリヒリ痛い理由①肌のバリア機能の低下

肌の一番表面にある角層には「肌のバリア機能」が存在します。
肌のバリア機能は外部の刺激から肌を守る役割をしています。
しかし、このバリア機能が低下してしまうと、ハウスダストや紫外線、花粉などから肌が守られなくなってしまいます。
そのため、これまでは気にならなかった少しの刺激にも肌が敏感に反応するようになり、刺激がそのまま角質層に伝わってしまうので、炎症を起こしやすくなってしまいます。
そのため、バリア機能の低下によって肌に赤みが出たり、ヒリヒリと痛みが出るようになってしまうのです。

乾燥肌でヒリヒリ痛い理由②化粧品などの刺激

肌がヒリヒリと痛む原因として2つ目に挙げられるのは、化粧品による肌への刺激です。
バリア機能が低下していると肌が敏感になってしまい、普段は気にならない物質に刺激を感じたり炎症を起こしてしまうことがあります。
例として、アルコールや香料、防腐剤や界面活性剤などが挙げられます。
普段は刺激にならなくても、バリア機能が低下している肌にとっては刺激になってしまい、肌がヒリヒリと痛んでしまいます。

乾燥肌でヒリヒリ痛い理由③衣類などの刺激

肌のバリア機能が低下していると、ちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。
例えばスキンケアの時に使うコットンや寝具や衣類などの繊維、マスクや髪の毛などで刺激を感じる場合があります。
昨今は新型コロナウイルス感染拡大によりマスク着用を余儀なくされているため、マスクの刺激によって肌がヒリヒリと痛む方も多く見られます。

乾燥肌でヒリヒリ痛い理由④肌が薄くなっている

肌の表皮や真皮が薄くなることでも肌が乾燥して、肌がヒリヒリと痛むことがあります。
肌が薄くなることを「菲薄化(ひはくか)」といいます。
菲薄化の大きな原因は加齢や女性ホルモンの減少と言われています。
しかし、それ以外にも肌の摩擦や過度なピーリングでも肌は菲薄化してしまいます。

肌がヒリヒリと痛い時の対処法

乾燥肌 痛い

ここからは乾燥肌によってヒリヒリと痛む時の対処法を紹介します。

肌が痛いヒリヒリと痛いときの対処法①しっかりと肌を保湿する

乾燥肌のヒリヒリを抑えるには、日頃からしっかりと保湿ケアをすることが大切です。
化粧水でたっぷりのうるおいを肌に与えた後、油分を含んだクリームや乳液で、肌の水分と油分のバランスを保つようにしましょう。
また、その際に清潔な手で肌に摩擦を与えないよう、優しく肌をつつみこむように保湿しましょう。

肌が痛いヒリヒリと痛いときの対処法②肌に刺激を与えるものを避ける

乾燥によって肌がヒリヒリと痛むときは、肌にとって刺激となるものは避けましょう。
肌のヒリヒリの原因が化粧品である場合は、香料やアルコール、防腐剤や界面活性剤を使った化粧品を避け、敏感肌用や無添加の化粧品を使うようにするといいでしょう。
スキンケアの際にコットンを使用している場合は、コットンが肌への刺激になっている場合があります。
肌のヒリヒリが治まるまではコットンの使用は避けた方がいいでしょう。

肌が痛いヒリヒリと痛いときの対処法③洗顔は優しく行う

肌のヒリヒリを抑えるために洗顔は優しく行うようにしましょう。
洗顔ネットで泡立てたり、泡で出てくるタイプのものを使用して、肌に摩擦を与えないようにやさしく洗いましょう。
過度な洗顔やゴシゴシ顔を擦るように洗うと、肌に対する摩擦によってバリア機能が低下してしまいます。
また、クレンジングはメイクの濃さに合わせて選ぶようにしましょう。
クレンジングも洗顔同様、ゴシゴシ擦らずに指の腹を使って優しく、短時間で行うようにしましょう。

肌が痛いヒリヒリと痛いときの対処法④紫外線対策をしっかりする

肌のヒリヒリを起こさないためには、紫外線対策がとても重要です。
日焼けは肌の炎症を引き起こし、肌を乾燥や肌のヒリヒリを悪化させてしまいます。
特にバリア機能が低下した肌は紫外線の刺激を感じやすくなっています。
少しのお出かけや天気の悪い日でも、日焼け止めや日傘で肌を紫外線から守るようにしましょう。
また、肌が乾燥してヒリヒリしている時は低刺激の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

【まとめ】乾燥肌の痛みは対処できる!

乾燥肌 痛い

今回は乾燥肌でヒリヒリ痛い時の原因や対処法を解説しました。
肌がヒリヒリと痛い時は、肌のバリア機能を健やかに保つことが大切です。
肌を摩擦や刺激から守り、肌にとって刺激となる成分の含まれた化粧品を避けるようにしましょう。