乾燥肌の方必見!正しい洗顔の方法やおすすめの洗顔料を紹介

乾燥肌の方必見!正しい洗顔の方法やおすすめの洗顔料を紹介

乾燥肌の方は洗顔後、肌のつっぱりを感じたり、特にカサつきを感じることがあります。肌の乾燥を和らげるためには、正しい洗顔方法で洗顔し、保湿効果のある洗顔料を選ぶことが大切です。
間違ったやり方で洗顔していたり、合わない洗顔料を使い続けていると乾燥肌が悪化してしまうことがあります。
今回は乾燥肌向けの洗顔の選び方や正しい洗顔方法、乾燥肌向けのおすすめの洗顔料を紹介します。

乾燥肌向け洗顔の選び方のポイント

ここからは乾燥肌の方が洗顔を選ぶ際に押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

アミノ酸系洗顔を選ぶ

乾燥肌の方は通常の肌よりもバリア機能が低下している状態のため、強い洗浄成分を配合した洗顔料を使用すると、余計に肌の乾燥を悪化させてしまいます。
肌が乾燥している時はアミノ酸系の洗浄成分を使用した洗顔料を使うといいでしょう。
アミノ酸系洗浄成分は「ラウロイルメチルアラニンNa」や「ココイルグリシンK」などがあります。
洗顔を選ぶ際は成分表を見るようにするといいでしょう。

保湿成分で選ぶ

洗顔後は肌が乾燥しやすい状態のため、乾燥肌の方は保湿成分が配合されている洗顔料を選ぶといいでしょう。
代表的な保湿成分として挙げられるのは「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」などがあります。
成分表を見てそれらの成分が配合されている洗顔を選ぶのがおすすめです。

洗顔料のタイプで選ぶ

洗顔料には固形タイプやフォームタイプ、泡で出てくるポンプタイプなど、さまざまなタイプの洗顔料があります。
最近ではパウダータイプやリキッドタイプの洗顔料もあります。
泡立てるのが面倒な朝は泡で出てくるタイプのものを使ったり、さっぱり洗いたい時は固形タイプのものを使ったり、
洗顔は毎日行うものなので、使うシーンや自分の好みに合わせて選ぶといいでしょう。

自分で泡立てて使うタイプの洗顔料は、肌に摩擦を与えないようふわふわの泡を作り、やさしく洗うようにしましょう。

乾燥肌の方におすすめの洗顔方法

ここからは乾燥肌の方にぜひやってほしい洗顔方法を紹介します。

ふわふわの泡で包み込むように洗う

乾燥肌はとてもデリケートです。手で直接肌をこすって刺激を与えないよう、ふわふわの泡で包み込むように洗いましょう。
間違った洗顔をすると肌へ摩擦を与えてしまい、肌のバリア機能を低下させる原因になってしまいます。
ふわふわの泡は洗い流しに注意です。鏡で泡が残っていないか確認するようにしましょう。

お湯ですすがない

乾燥肌の方はすすぐ水の温度にも注意が必要です。洗顔した後に熱いお湯で顔をすすいでしまうと、肌にとって必要な保湿成分も洗い流してしまいます。
32度くらいを目安に、ぬるま湯や水ですすぐようにしましょう。

洗顔後は早めに保湿

洗顔すると肌のうるおいを守る皮脂を洗い流してしまうため、洗顔後は肌が乾燥しやすい状態になっています。
肌の水気が逃げる前に、なるべく早く保湿ケアをするようにしましょう。
たっぷりの化粧水で肌にうるおいを与え、油分の含まれた乳液などで水分と油分のバランスを整えるように保湿しましょう。

乾燥肌の方におすすめの洗顔5選

ここからは乾燥肌の方におすすめの洗顔を5つ紹介します。

dプログラム 「エッセンスイン クレンジングフォーム」

dプログラム /エッセンスイン クレンジングフォーム
出典:資生堂

肌荒れの原因まで落とす薬用美容洗顔料

汚れだけではなく、肌荒れの原因となりやすい花粉やちり、ほこりなどの微粒子も取り除く洗顔です。
クリーミーな泡立ちで、乾燥した肌をやさしく包み込みます。
薬用有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」配合で、ニキビや肌あれを防ぎ、すこやかな肌に導きます。

ファンケル 「乾燥敏感肌ケア 洗顔リキッド」

独自のスキンバリア成分配合

洗顔時の肌への摩擦を軽減できるようにキメが細かく、たっぷりの泡立ちで乾燥肌や敏感肌の方にも刺激を与えずに洗い上げる洗顔料です。
スキンバリア成分配合で肌を保護しながら、不要な皮脂や汚れだけを洗い流します。
軽いメイクも落とせるとろっとした珍しいリキッドタイプの洗顔料です。

ラポッシュポゼ 「トレリアン ハイドレーティング ジェルクレンザー」

洗うたびにバリア機能を守る

ジェルタイプなのに泡立つ独特なテクスチャーの洗顔料です。
アミノ酸系の洗浄成分(ココイルグリシンNa)で、独自成分である「アミノコンプレックス」を配合し、肌のバリア機能を守りながら洗えます。
肌に必要なものは残し、汚れのみをやさしく洗い流す洗顔料なので、乾燥肌や敏感肌の方におすすめの洗顔料です。

ミノン アミノモイスト 「モイストクリーミィウォッシュ」

ミノン アミノモイスト 「モイストクリーミィウォッシュ」
出典:ミノン

肌本来のうるおいを守りながら洗う

「アミノモイスト」の名の通り、数種類のアミノ酸を配合し、乾燥肌や敏感肌の方でもうるおいを残して洗えるペースト状の洗顔料です。
数種類のアミノ酸と、植物性アミノ酸洗浄成分を配合しているので、肌のうるおいを守りながら、キメ細かいクリームのような泡でやさしく汚れを落とします。
「ねばもち濃密泡」という他にない泡感が特徴的な洗顔料です。

キュレル 「潤浸保湿 泡洗顔料」

キュレル 「潤浸保湿 泡洗顔料」
出典:花王

肌の必須成分セラミドを守って洗う

洗顔によって流れ出てしまう肌の必須成分「セラミド」を守りながら洗うことで、肌のうるおいは残して汚れだけを落とす洗顔料です。
消炎剤を配合しているので、乾燥による肌荒れも防ぐことができます。
また、きめ細かい泡がワンプッシュで出てくるので、泡立てる手間もかからず、やさしい泡で肌への摩擦を防ぎながら洗うことができます。
しっとりなめらかな肌に洗い上げるので、乾燥肌の方におすすめの洗顔です。

まとめ

今回は乾燥肌の方の洗顔のポイントや、おすすめの洗顔料を紹介しました。
間違った洗顔を続けていると、かえって肌の乾燥が悪化してしまうこともあります。
正しい洗顔を心がけ、保湿効果のある洗顔料を選ぶようにして肌の感染を防ぎましょう。
洗顔後の保湿も大切です。洗顔後はなるべく早く保湿をするようにして、乾燥知らずのうるおった肌をめざしましょう。